2018年の七五三はいつ?何年生まれが対象?早生まれの子は?

2018年も半分すぎました。
もう七五三に向けて動きだしてるお父さん、お母さんもいらっしゃるでしょう。

ひと昔前と今の七五三事情ではかなりちがいがあるんです。
ほとんどのレンタル衣装会社が写真撮影とセット。
しかも早く決めれば決めるほど料金が安くなるサービスなど。




本来の七五三のお詣りの日は11月15日。
もちろん2018年もこの日がメイン。


でも、最近はお詣り期間にかなり幅があるんです。
それぞれの家族に合わせる傾向にあって、発想がかなり自由になってきたせいでしょうか。

でも、スタイルは変わってもやはり七五三は江戸時代から続く大切なお祝い行事。
3歳、5歳、7歳でお祝いすることに変わりはない。

「今年の七五三は何年生まれ?うちの子もそうなの?」
「でも早生まれの子は?」

わが子も早生まれだったので悩んだものです。

2018年の七五三はいつするのがベストなのか。
初めて七五三を迎えるお母さんはそもそも七五三って何をするのか…。
では、順番にご紹介していきますね。

スポンサーリンク





そもそも七五三とは?

元々は徳川綱吉が子どもの頃体が弱かったため、成長を願った家光公が始まりとされています。
三、五、七がめでたい数字であったことも関係しているとか。

それが武家社会から庶民に広まり、今の七五三になりました。

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳。
神社にお詣りして神主さんに祝詞と成長を願うお祈りをいただくことが一般的。

着物が当たり前だけど着物を着る意味もちゃんとあるんです。
そもそも昔の人の普段着は着物。

でも七五三に着る着物は特別なものなんです。
3歳5歳7歳の節目に少しずつ着物がちがうのは知ってましたか?

女の子だったら帯の代わりに3歳で被布をつけて帯がわりに。
7歳は大人の女性と同じように初めて帯をしめるんです。

男の子の5歳のお祝いでは初めてハカマをはいて少年の証しに。

成長を祝う行事なので、晴れ着として豪華な着物を着る風習が今でも続いているんです。




2018年、何年生まれの子が七五三をするの?

2018年の七五三は…。
3歳なら平成27年(2015年)、5歳なら平成25年(2013年)、7歳なら平成23年(2011年)生まれ。

誕生日前に七五三を迎えるお子さんもいらっしゃるでしょう。
年をまたいで1月から3月生まれのお子さんも。
この時期に生まれた、いわゆる早生まれの子の親ごさんはいつお祝いするか悩みどころ。

満年齢はなってないけど、満年齢となるお子さんたちとは同級生になるわけですから。

満3歳になる前だったら満年齢を迎えてから3歳のお祝いにしてもよいのでは。
小さければ小さいほどガマンもできないし、ぐずることも。

地域の同級生ともまだそれほどつながりがないなら、生まれ年が同じ子と一緒にやってもいい。

保育園などで、同級生を意識ができる5歳、7歳のお祝いで満年齢前にしてもいいですね。

そこは年令にこだわらずお子さまに合わせるべき。

わが家の娘も早生まれ。
どうしようかさんざん迷いました。

結局、3歳は満年齢を迎えてから家族だけでこぢんまりとお祝い。
7歳で満年齢前に同級生の子たちと一緒にお詣り。

おじいちゃんおばあちゃんにも来てもらって、盛大にお祝いしました。
お父さん、お母さんの考えでいいんです。

子どもが主役なんですから。
お子さんの成長に合わせてあげてくださいね。

スポンサーリンク




七五三のお詣りする時期は?

昔も今も11月15日の七五三当日、またはそのあたりの吉日や日曜日が人気。
あたりまえですが、こみます。

神主さんに祈っていただく予約をしていても時間が押して、待つことも。

それよりも15日まわりにこだわらないで、余裕をもってお詣りする親ごさんも最近は多い。

早ければ9月終わりくらいから12月初めまでにお詣りするのが今の主流。


私もそれに賛成。
子どもの成長に感謝する気持ちさえあれば日にちにこだわることはないはず。
かといって、いつでもいいと言われるといつか決めづらいのも事実。


それなら六曜に従ってみるのもあり。
六曜とはいわゆる大安は吉日、仏滅は凶日…などのアレ。


それなら日をしぼれるので決めやすいのでは。
曜日にこだわらないなら大安を狙ってもいいですね。


2018年10月の大安は
7日(日)
11日(木)
17日(水)
23日(火)
29日(月)
11月では
4日(日)
9日(金)
15日(木)
21日(水)
27日(火)

日曜日でなければみんなが集まれないというご家族。仏滅、赤口以外ならお詣りが吉という時間帯があるので合わせてみても。

スポンサーリンク




【まとめ】2018年の七五三はいつ?何年生まれが対象?早生まれの子は?

七五三とは3歳、5歳、7歳の奇数年に成長を祝う昔からの大切な行事。


でも、七五三当日にこだわる必要はありません。
お祝いの仕方も時期も、家族のライフスタイルに合わせればOK。


早生まれの子なら親ごさんの判断でいいんです。


形式ばかりを気にすることはありません。
大事なのはお子さんの成長を心から感謝する気持ちなのですから。

ページの先頭へ