皆様今年の七五三のご準備はできていますが??男の子なら3歳、5歳、女の子なら3歳7歳の近年では数え年よりも満年齢で行うのが一般化してきています。

小さなお子様のいるご家庭では今頃「どんな格好をさせようか…」「どこの神社に行こうか…」「いつお参りにいこうか…」など悩むところは沢山あると思います。

七五三自体は11月15日に執り行われることが多いのですが、実は北海道など一部の地域によって開催日が変わることを知っていますか?本日は2017年の七五三がいつ行われるか、また北海道などの地域によって異なるのはなぜ??ということをリサーチしてみました。最後までお付き合い頂ければと思います。


スポンサーリンク




2017年の七五三はいつ??

七五三は一部の地域を除き、一般的には11月15日に行われます。2017年の今年の七五三は11月15日(水)の大安に当たっています。七五三の日が大安なのは数年ぶりのことのようですね!

2017年の七五三は平日に行われることになりますが、大安ということもあって例年より人が多いことが予想されます。もしも写真館やレンタル衣装の予約を検討される方はお早めにご予約することをオススメ致します。


スポンサーリンク




北海道だけ七五三の日程が違う??

一般的に七五三は11月15日に行われるというのは前述した通りなのですが、実は一部例外があるのです。それはなんと北海道!北海道では全道において七五三は10月15日に開催されることになっています。


これには理由がありまして、昭和24年に札幌市内の神職が集まって10月15日を七五三のお祝いの日に決めました。この時の取り決めが北海道の全道に広がって、北海道での七五三は10月15日というのが定着したようです。


北海道は言わずもがな日本でも最も寒い場所ということで知られています。本州では11月15日といえば秋の真っ最中というイメージですが、こと北海道においてはこの時期はもう初冬にあたる季節でかなりの肌寒さを感じる季節ということになります。


やっぱりせっかくのお祝いで神社に行ったり外出する日なのに、主役のお子様が無理をして風邪をひいてしまうと元も子もありませんね…そういった理由からも北海道ではまだ暖かい、一ヶ月早めた10月15日を七五三に定めたのは納得できる理由だと思います。


北海道の方では七五三を前倒しで9月の中旬に行うことも少なくないようです。人も少ないみたいなので、混雑に巻き込まれるのはちょっとと思う方にはオススメです。


またこの風習、北海道だけではなく東北の一部地域でも採用されているようですね。本州とはいえ北の方(青森や秋田)辺りになると冬は北海道に負けず劣らずの寒さですからね…


北海道の七五三のお祝いのタイミングは?

七五三でのお祝いのタイミングに悩まれる方も多いのではないでしょうか?七五三の当日にお祝いするとなると2017年は水曜になるのでド平日…


でも心配しないでください!


必ずしも七五三の当日にお祝いしないといけないと言うわけではなく、だいたい七五三の一ヶ月前から当日(11月15日)までの土日祝を活かしてお子様をお祝いするのも大丈夫です!


ただしその場合は多くの人が休みということにもなり、神社も写真館やレンタル衣装の方も混雑することが予定されます。特に10月22日(日)、10月28日(土)、11月3日(祝)に関してはそれぞれ『大安』の日に重なっているので特に混雑が予想されますね。


予約等お早目の行動がオススメされます。



まとめ

本日は2017年の七五三の日程や、地域によっての違い等をまとめてみましたが如何だったでしょうか??今年の七五三は大安ということでお祝いするには最適の日になっています。



また七五三までの土日祝でも大安の重なっている候補が幾つかあるので、今年七五三を迎えられるお子様には最高のお祝い日和になりますね。



秋は天気も変わりやすいので週間予報を確認しながら、最高の七五三の日程を決めて頂ければと思います。