お食い初めは「いつ」するの?計算方法を分かりやすく解説!

子供が生まれてから、いろいろな祝い事がありますが、その中の一つとして、お食い初めがあります。

お食い初めは、初めて赤ちゃんがご飯を食べる儀式を祝うのですが、お食い初めはいつ行われるのでしょうか。



生まれてからお食い初めまでが「いつ」か、の計算方法などについてまとめました。

スポンサーリンク





お食い初めとは?

赤ちゃんに初めて食べ物を食べさせるお祝いの儀式で、日本の伝統的なお祝い事の一つとして、「お食い初め」と言う儀式があります。

「この先一生食べ物に困らずに生活できますように」という願いを込めて行われる大事な儀式です。

起源や由来ははっきりとわかっていませんが、平安時代から行われているようです。

お食い初めが行われた当初は、赤ちゃんにお餅を食べさせる行事でしたが、今のような形で行われるようになったのは、江戸時代頃になってからだと言われています。


お食い初めには、いろいろな呼び方をされているようです。


その名の通り「食べはじめ」と呼ぶこともあれば、初めて箸を使うことから「箸初め」「箸揃え」「箸立て」などとも言われています。

スポンサーリンク




お食い初めは生まれてから何日目?計算の仕方!

赤ちゃんのお祝い事で、「お食い初め」と言う儀式があります。


赤ちゃんがいつまでも食べ物に不自由しないように行われる行事として、男女ともに生後100日を目安に行われています。


祝い膳を用意して、「食事の真似ごとをする」と言う形式が定着しました。
今でも、生後100日後に行われていますが、地域によっては110日や120日に行われています。

生まれた日を1日目とすることから、計算をする時には注意が必要だと言われています。


決まりとしては100日目ですが、特にこだわる必要はありません。
出来れば、離乳食を口にできるようになる5~6ヶ月目までには済ませておいた方が良いですね。

スポンサーリンク




お宮参りと一緒に行うケースもある

赤ちゃんが生まれてから1ヶ月後にはお宮参りを言う行事がありますが、赤ちゃんとママの体調を考えて、お食い初めのある100日目にお宮参りと一緒に済ませる場合もあります。



他のお祝いと一緒にすることで、手間を省くことが出来るだけではなく、金銭面においても負担を減らすことが出来ると言われています。



生まれてからお食い初めまでの100日目の計算は?

赤ちゃんが生まれてから100日目はどのように計算するのか迷われる方も多いです。

そんな人に向けて、ネットでは簡単に計算することが出来るサイトも多く出ています。


このサイトは、その一つです。

生まれは日から、出生届を出す期間、お宮参り、予防接種や初節句、お食い初め、生後1年目までの、赤ちゃんの行事予定が計算されています。

お食い初めと一言でいっても、料理をどうするのか、お祝いはどのように行うのかなど、いろいろと考えることが多いです。

あらかじめ計算をして置き、その日までの予定を立てることが出来ると良いですよね。


お食い初めは「いつ」するの?計算方法を分かりやすく解説!【まとめ】

お食い初めは、地域によっては100日以外にも、110日や120日に行われるところもあると言われており、絶対にこの日に行わなければいけないというものでもありません。


最近では、お食い初めのセットを用意してくれるレストランもあったりと、自分で用意する手間が省けて、楽になりました。


お食い初めのセットを宅配で注文することも出来、便利な世の中になってきました。
レストランや旅館など、自分に合った方法でお食い初めを始めると良いですね。


しかし、赤ちゃんが一生食べ物に困らず、長生きできるようにと言った思いは、昔と同様、今でもしっかりと受け継がれています。


ページの先頭へ