鹿児島県鹿児島市にある照国神社(てるくに)。

薩摩藩の英主「島津斉彬公」(しまづなりあきら)を祀った由緒ある神社としても、地元の人からも愛され、全国的にも人気のある神社です。



地元鹿児島の方は元より、全国から参拝者が訪れ、お宮参りや七五三などのイベントでも、多くの人が参拝されます。

今回は、照国神社のお宮参りについてまとめました。


スポンサーリンク




鹿児島県の照国神社について

鹿児島市の繁華街「天文館」から程近い距離にある照国神社。



江戸末期を駆け抜けた第28代薩摩藩当主「島津斉彬公」をお奉りした神社です。

なんと!薩摩の英雄「西郷隆盛」の上司だった人なんですよ!!

鹿児島県鹿児島市照国町にある「照国神社」は、第28代薩摩藩主「島津斉彬公」を祀った神社です。

島津斉彬と言えば、現在放映中の大河ドラマ「西郷どん」で、渡辺謙さんが好演したことでも知られています。

西郷どんはすごく人気のあるドラマですよね♪

島津斉彬は、薩摩藩だけでなく、日本の明治維新に大きな影響を与えた人物として日本史にその名を残した鹿児島の英雄です。

薩摩切子の開発や鉄を作るための反射炉の開発など、鹿児島の発展と近代日本の礎を作った功績を讃えられ、文武両道であった君主斉彬公の英知にあやかろうと、1863年に鶴丸城(鹿児島城)の西にある現在の位置に、照国神社が創建されました。

スポンサーリンク





照国神社のお宮参り

お宮参りのご祈祷について【予約は必要?】

赤ちゃんが生まれて、1ヶ月後に訪れるお宮参りでは、多くの人が鹿児島の照国神社にお宮参りの参拝をされています。

照国神社では、お宮参りの祈祷を受けることが出来ますよ。

お宮参りの参拝は、一般的には男の子が生後32日目、女の子が生後33日目に行うとされています。

照国神社では、赤ちゃんやご家族の体調を配慮して、生後30日前後の日程で、お宮参りを受け付けているなどの配慮がされています。

照国神社のお宮参りの祈願料は、5千円、7千円、1万円からのいずれかとなっています。
祈祷料があらかじめ決まっているので、いくら包めばいいのか分からないと言った悩みに悩まされることがありません。

なお、受付時間は8:30から17:00までで、特に午前中にお宮参りに参拝される方が多いです。
なお、お宮参りの、 ご祈祷の予約は不要とのことですので、飛び込みで行ってもOKです。



写真撮影はどこで?

また、照国神社前にある「スタジオメディア」では、お宮参りの衣装もレンタルしており、おじいちゃんやおばあちゃんの分までアルバムを作ってくれるお得なプランが用意されているのも、魅力的です。

お宮参りの衣装は、アルバムパッケージを予約すると無料で、お借りすることが出来ます。

照国神社参拝時にも貸出してくれるのは、本当にありがたいですよね。

一生の記念にも、お宮参りの写真を写真館で撮る人は多いと思います。

スタジオメディア本店は、照国神社正面入口すぐとなりとなっており非常にアクセスが便利です。
詳細はホームページがあるのでご参照ください。

照国神社には、お宮参りにむけた魅力的なプランが設けられているので、人気が高いことが分かるのではないでしょうか。





照国神社のお守り

島津斉彬公は、学問に優れた人物としても言われており、それにあやかろうと、照国神社では学業にご利益のあるお守りが人気を集めています。

照国神社には様々なデザインのお守りがありますが、その中でも、デニム素材でできたお守りは、若い人を中心に絶大な人気があります。


スポンサーリンク





照国神社のお宮参り【まとめ】

照国神社は、お宮参りをするのにすごくおススメな神社だということが分かっていただけたかと思います。

お宮参りの場所と写真の撮影場所が近いのは、時間短縮にもなってすごく魅力的だと思います。

着物が無料で貸し出しされているところもありがたいですよね。

ご利益を得て、元気で丈夫な子になるようにお祈りすると良いですね。
そして、感謝の気持ちも忘れてはいけません。