氏神様と産土神様とは、ほぼ同じ意味合いで言われているようです。

しかし、厳密に言うと【氏神様】と【産土神様】とは意味合いは異なってきます。
また、氏神様よりも産土神様の方が大切だと言われるのには理由があるようです。



さらに最近では、産土神社の参拝効果が改めて見なおされつつあります。

今回は、「産土神社と氏神様との違い」と「産土神社の参拝効果」についてお話します。

スポンサードリンク



産土神社の参拝効果とは?

最近では、パワースポットと言われている神社がありますが、どんなパワースポットよりも 一番のパワースポットは産土神社だと言われています。

産土神社に参拝することで、
  • 安心感を得ることが出来る
  • 他の神社に行くよりも願いが叶いやすくなる
  • 引き寄せ効果が可能になる
  • 金運や恋愛運がアップする
  • 状況や環境が良くなる


など、このような状況を体感することが出来ると言われています。

中には、「本当に?」と思う人もいらっしゃるようですが、実際に参拝してみることをおすすめします。

スポンサードリンク



氏神様と産土神様の違いについて

最近よく聞く、氏神様と産土神様。
それぞれにどのような意味合いなのでしょうか。

今現在は、2つとも同じような意味で言われているようですが、本来の意味合いでいうと、違う意味を持っていると言われています。

氏神様とは、昔は同じ地域に住む一族たちが共同で祀る社のことを言います。

また、産土神様とは、生まれた土地の神様のことで一生守護してくださる神様のことを言います。



氏神様は引っ越しをすると変わる?

引越しをすることで産土神様は変わりませんが、氏神様は引っ越しする事で変わってしまうと考えられています。




書いて字のごとく、「産土神様」は、生まれた土地の神様ということになり、どこに引っ越しをしても、ずっと変わることなく、守ってくれると言われています。

その一方で氏神様は、その土地に根付く神様なので、引っ越しをすれば、氏神様は変わると言われています。

スポンサードリンク



一番大切なのは産土神様

氏神様も産土神様もどちらも大事な神様です。

どちらが大切なの?
と聞かれたら、 一番大切なのは産土神様だと言われています。

妊娠期から幼少期までの間に一番長く過ごしていた土地の神社が産土神社と言われており、生まれる前からずっと守護してくれる神様こそが産土神様なのです。

引越しをして遠くに離れてしまっても、生まれた土地の神様は大切にしましょう。



産土神様はどうやって調べるの?

産土神社を参拝しようといざ思っても、どうやって調べればいいのか悩みますよね。

自分の産土神様を知りたい時には、神社庁で聞くことが一番正確だと言われています。

神社庁に電話をして、生まれた時の住所を伝えることで、産土神様を教えてもらえると言われています。

もう一つは、生まれた土地に行き、その地域を調べて回ってみるのも楽しいですよ。
その地域の神社を周り、ピンとくる何かを感じた時には、その神社が産土神社だとも言われています。

産土神社に出会うことが出来れば、人生が変わると言われています。
探してみるといいですね。


スポンサードリンク




産土神社の参拝効果と氏神神社との違い【まとめ】

氏神様と産土神様の違いについて、現在では同じ意味のように使われていますが、本来は違う意味合いがありました。

一番大切なのは生まれる前から、ずっと守ってくれる神社だと言われている産土神様です。

自分の産土神様を知っている人であれば、是非参拝してみることをおすすめします。

産土神社の効果には、恋愛や金運、人間関係に悩んでいる人への改善効果や、自分に素直になることが出来るなど、いろいろな効果を体感することが出来ると言われています。

そして、安心感を持つことが出来るようです。

実際に参拝をして、どんなことを感じることが出来るのか、自分自身で体感してみると良いですね。