越後平野西部の弥彦山(標高634m)山麓に鎮座し、弥彦山を神体山として祀る神社と言われている弥彦神社では、安産祈願の神社としても人気があり、お宮参りで弥彦神社を訪れる際に、安産祈願のお礼参りもかねて訪れる人が多いと言われています。



今回は、弥彦神社のお宮参りについてまとめました。

スポンサーリンク





弥彦神社の概要

住所

〒959-0393 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2
TEL:0256-94-2001




アクセス

上越新幹線や信越本線を利用してアクセスする事が可能です。
詳しくは公式ホームページを参照してください。

自動車で行かれる方のために無料駐車場もありますので上のホームページでご確認ください。

スポンサーリンク





弥彦神社のお宮参り

事前予約は必要?

弥彦神社のお宮参りでは、事前予約の必要はなく、当日受付で予約をします。

受付時間

受付時間は、8:30~16:00です。
お宮参りできたことを、受付時に伝えると、受付用紙を差し出されるので、ここに子と親の名前、住所を記入します。

親の名前は連名で書き、氏名・住所には送り仮名を忘れずに記入することで、神主さんから間違いなく読み上げてもらえますよ。

初穂料を手渡し、待合室でしばらく待っていると案内されます。

土日は混雑している時もありますが、基本的にはスムーズにご案内され、御祈祷を受けることが出来ます。

祈祷料は?

祈祷料は、あらかじめ5,000円と決まっています。

混雑を避けるには?

GWなどの大型連休の時でも、そこまでは混んでいるようなことはありませんでしたが、戌の日や七五三の時期には、混雑しているようです。

混雑時には、祈祷の時間も長くなるため、出来れば11月のお宮参りは避けた方がいいでしょう。

スポンサーリンク




弥彦神社でお宮参りをした後は「ゆめや」でお食事

お宮参りのお後には、お食事会が開かれることが多いと思います。
お食事をされる方には、「ゆめや」で行われる人も多く、おすすめです。

http://www.i-yumeya.com/

料理がおいしいことはもちろん、赤ちゃんの為のお昼寝布団の用意もあります。

お食事をするだけではなく、写真撮影もしているのはすごく魅力的ですよね。

お食事内容も、お食い初めに向けた食事も作られており、もちろん鯛も出てきますよ。

お宮参りの後のお食事会など、祝いの席だけではなく、普段の食事としても利用したい位の雰囲気のあるお店です。


スポンサーリンク




弥彦神社お宮参りにはやなぎだ写真館がおすすめ

弥彦神社でお宮参りをされている方のほとんどは、やなぎだ写真館で、記念撮影を頼んでいるようです。



貸衣装では、他の写真館ではないような斬新な衣装があり、子供よりも大人の方が、服を選ぶ際にテンションが上がってしまうほどだと言われています。

最近では、お宮参りと写真撮影を別の日に行う人も多いです。
前撮り撮影を行うことで、当日の負担を軽くすることも出来ますね。

やなぎだ写真館では、お宮参りの写真撮影は100~120頃が良いとされています。

ドレスや着物、普段着など、赤ちゃんの好きな衣装で撮影をすることが出来る他、はだかんぼうの写真まで撮影してもらえます。

やなぎだ写真館では、弥彦神社で御祈祷を予定されている方に向けて、用意されている御祈祷プランもあります。

御祈祷は行きたいけど、撮影はスタジオ内だけで行いたいなどと考えている時にもすごくおススメです。

やなぎだ写真館では、弥彦神社へお宮参りに参拝される方に向けて、いろいろなプランが考えられています。

スポンサーリンク




弥彦神社でお宮参りまとめ

弥彦神社では、お宮参りに事前予約はいりません。
また、祈祷料もあらかじめ、5,000円と決まっているので、事前に準備をして持って行くと良いですよ。

初穂料は、袋に入れていかなくても大丈夫です。

予約もいらず、当日受付をすればすんなりと入ることは出来ますが、11月は七五三で参拝される人でいっぱいになり、祈祷に時間も沢山かかるため、11月は避けるようにしましょう。

お食事処や、写真撮影などについてもご紹介しましたが、他にもいいところは沢山あります。

候補をいくつかピックアップして決めると良いですね。

お宮参りには、弥彦神社で、一生に一度の素敵な思い出を作ってみてはいかがでしょうか。