仏教には珍しい「女性救済」を掲げる寺院として言われている寺院です。

長野県でお宮参りと言えば、善光寺が上げらているほどに人気が高いです。



今回は、善光寺で実際にお宮参りをした人の体験をもとに、善光寺についてまとめました。

スポンサーリンク





善光寺でお宮参り体験談

長野県と言えば、善光寺でお宮参りをされる方が多いと聞き、選びました。

多いと聞いていましたが、お宮参りまでスムーズに動くことが出来、想像よりも混雑はしていなかったので、割とゆったりとした気分でお宮参りの参拝をすることが出来ると思いました。



写真撮影は青木写真館

善光寺の境内には青木写真館があります。
お宮参りをしようと考えている神社に写真撮影が出来る写真館があるのはすごく魅力的だと思いました。

家族写真はスムーズに撮影をすることが出来たのですが、赤ちゃん一人の時は、すごく泣きじゃくり、なかなかいいショットを撮影することが出来ません。

でも、カメラマンの方もプロなので、一瞬のスキを見逃さず、撮影が成功しました。

スポンサーリンク





次は祈祷のため本堂へ

写真撮影が終わってから御祈祷をしていただくのですが、その道中、赤ちゃんは睡眠モードに突入します。

睡眠モードの間に、善光寺の大勧進に移動して、荷物を置いて、いざ本堂へ。

お祓い中もずっと寝ていました。
ギャン泣きされると大変だと思ったので、正直このまましばらく寝ていてほしいと思っていました。

そんな願いが届いたのか、お祓いが終わった後もしばらく爆睡状態でした。
心地よく御祈祷されていたのでしょうね。


近くの割烹に移動して食事会

写真撮影から祈祷が終わるまで約2,3時間はかかったと思います。
それからお昼ご飯だったのですが、赤ちゃんはずっと寝ていたので、あまり焦ることがありませんでした。

写真撮影の時に泣いていたのがピークだったのでしょうか…

御祈祷の間もすごく気持ちよさそうに寝ていて、こっちまで一緒に寝そうになってしまいました。

赤ちゃんの寝顔も、癒やしですね。

お食い初めもかねてのお食事会だったので、豪華な鯛もしっかりと間食しました。
楽しいひと時を過ごすことが出来、無事にお宮参りを終えることが出来ました。

スポンサーリンク




体験談を踏まえての善光寺でのお宮参り

善光寺でお宮参りでは、写真撮影が終わった後のお宮参りがスタンスになっているようです。

祈祷時間は決まっており、10:00~ 11:45~ 14:00~の3回に分けられています。
この時間帯に間に合うように写真撮影を終わらせ、祈祷をするので、祈祷にかかる時間が30分と言われていることから、遅くても終わるのは14:30分ということになります。

ランチにめがけていくなら10:00~か11:45分には祈祷を行いたいところ。

それに合わせて、近場でお食事の予約をされる方も多いようです。

善光寺では、最近では授乳室としてお部屋を設けてあるかもしれませんが、基本的には、授乳室やオムツ交換台、ミルク用のお湯などは準備されていないので、各自で対策をする必要があります。



善光寺でお宮参り【まとめ】

善光寺でのお宮参りの体験談をもとにご紹介いたしました。

長野県と言えば、善光寺でお宮参りをされる方は多く、特に土日は多くの人で賑わっています。

駐車場もあるので、参拝しやすい場所としてもいいのではないでしょうか。

周りの景色もよく、寺院の境内の雰囲気も落ち着きのあるいい雰囲気に包まれます。

祈祷をする前に写真撮影が行われるので、赤ちゃんの機嫌のいい時に、スムーズに撮影しやすいのではないでしょうか。

スムーズにお宮参りをして、素敵な思い出を作っていただきたいですね。
善光寺は、そんな場所としてふさわしく、多くの方にも大人気です。