ディズニーリゾートラインのコインロッカーについての解説!

ディズニーランドやディズニーシーそして、多くのショップが入っているイクスピアリなど、ディズニーリゾートは多くの魅力的な場所があります。

ですので、ついついいろいろ買っていたら大荷物になってしまった…なんて経験をしたことがあるという人も少なくないのでは?



私自身も、いろいろ買いすぎてすでにお昼には両手にいっぱい買い物袋を提げている…なんて経験がよくあります。

また、ホテルに宿泊予定の場合だと、チェックインまでの間に荷物を持っていないといけないとなると結構大変ですよね。

車で遊びに来ているのであれば、途中で自分の車に置きに行けば荷物が邪魔になることもないのですが、もし、公共交通機関を利用して来た場合には荷物が多くて大変…なんてこともありますよね。

そこで今回は、ディズニーリゾートを繋ぐディズニーリゾートラインのコインロッカーについてご紹介します。


スポンサーリンク





ディズニーリゾートラインのロッカーの場所は?

ディズニーリゾートラインは、全部で4つの駅があります。

「リゾートゲートウェイ・ステーション」、「東京ディズニーランド・ステーション」、「ベイサイドステーション」、「ディズニーシー・ステーション」です。

そのうち、 コインロッカーがあるのは「ディズニーシー・ステーション」のみです。

場所は、「ディズニーシー・ステーション」、そして トイレ横、そして トイレ向かい側にもあります。

合計3ヵ所もあるなんて便利ですよね!


ディズニーリゾートラインのロッカーの料金や入れられるサイズについて

気になるコインロッカーの料金や入れられるサイズについてですが、サイズによって料金が異なります。

各サイズの料金は以下の通りです。


超大型

高さ117.5センチ×幅36センチ×奥行き57センチ 700円

特大型

高さ77.5センチ×幅36センチ×奥行き57センチ 700円


大型

高さ50センチ×幅36センチ×奥行き42センチ 500円

中型

高さ37センチ×幅36センチ×奥行き57センチ 400円
高さ37センチ×幅36センチ×奥行き42センチ

小型

高さ29センチ×幅36センチ×奥行き42センチ 300円






超大型が最も大きく、ゴルフバックも入るサイズです。

特大型は傘が立てたまま入る大きさで、大きめのキャリーバックも入れることができます。

大型は、飛行機機内持ち込み可の小さめのキャリーバックが入ります。

中型は、大きめのボストンバックが入る大きさで、奥行きが2種類あります。

小型は手荷物や少な目の荷物を入れるのにちょうどいいサイズです。

コインロッカーは数多くありますので、すべて使われていて空き場所が見つからないということは経験したことがありませんが、大きめのロッカーはもともとの数が少ないので、使うのであれば早めに場所を確保しておきましょう。

ただ、注意していたいただきたいのが、このコインロッカーはお金が戻るタイプのものではありませんので、たとえば入れ忘れてしまったっものがあったり出し忘れたものがあって、1度開けたら再度カギをかけるには同じ金額を支払う必要がありますので、開け閉めは慎重に行いましょう!

過去に私の友人とハロウィン仮装をするのに、衣装を入れるためのキャリーバッグをロッカーに預けたのですが、友人がカチューシャをキャリーバッグから出すのを忘れてしまい再度開けて、2回700円を支払っていました。

スポンサーリンク




ディズニーリゾートってなに?

そもそも「ディズニーリゾートラインって何?」という人もいるとおもいます。

ですので、最後ではありますがディズニーリゾートラインについて軽く触れておきたいと思います。

「ディズニーリゾートライン」とは、先ほども少し触れましたが、ディズニーランドやディズニーシーだけではなく、周辺にはディズニーホテル、オフィシャルホテル、そしてイクスピアリといった数多くの施設があり、広大な面積のあるディズニーリゾートを一周するいわば「ディズニーリゾート専用路線の電車」といったところです。

「ディズニーリゾートライン」には全部で4つの駅があります。

舞浜駅となりの「リゾートゲートウェイ・ステーション」、ディズニーランドの入園ゲート、そして「ディズニーランドホテル」の前にある「東京ディズニーランド・ステーション」、オフィシャルホテルが並ぶ地域にある「ベイサイドステーション」、そしてディズニーシーの入園ゲート隣にある「ディズニーシー・ステーション」です。

この4つの駅を1周約13分で周回します。

運行ペースは、時期や時間によって異なりますが、約4分から13分間隔で運転していますので、一本乗り逃してしまっても次の便がすぐきますので安心です。

車体の色も何種類かありますが、時期によっては車体がシーズン限定のデザインになっている車両を見ることができますので、それもディズニーリゾートラインに乗る楽しみの1つともいえます。

内装もとってもかわいく、座席もミッキー、つり革もミッキーととにかくミッキー一色!

さらには座席も座り心地がとてもよくて、いつまででも乗っていたいと思ってしまうことも…。

ぜひ、ディズニーリゾートライン、一度は乗ってみてくださいね!

スポンサーリンク




ディズニーリゾートラインのロッカーの場所は?【まとめ】

今回はディズニーリゾートラインのコインロッカーについてご紹介しました。

ディズニーリゾートラインには、ディズニーシーステーションのみコインロッカーが用意されているということでしたが、コインロッカーはほかにもパーク内や舞浜駅にも用意されていいるので、自分が一番使いやすい場所を利用することをおすすめします。

くれぐれもお荷物をお忘れになりませんように!