ディズニーシーのロッカーは出し入れ可?キャリーバックOKサイズ?無料の場所は?

ディズニーシーのロッカーについて徹底解説!

ディズニーシーに遊びに行くときにはいろいろ持っていくものがあって荷物が大きくなっちゃうという人も多いかと思います。

宿泊する予定である人はもちろんですが、日帰りであっても寒いときには多くの防寒具を持って着ていたり、夏の暑いときには汗をかいたときのために替えのタオルや着替えを持ってきたり、天気が悪くなったときのためにレインコートや傘をご自宅から持ってくるということもありますよね。





また、自宅から来たときには荷物が少なくても、ディズニーシーで遊んでいるうちにお土産の買い物をして気づいたら両手に買い物袋がいっぱいいっぱい…なんて経験をしたことがある人も少なくないかと思います。

私も、ディズニーシーに遊びに行くとついついいろいろなものを買ってしまい、気づいたら大荷物になっているなんてこともよくありました。

そんなときに使えるロッカールームがあれば便利ですよね!


(公式サイトより引用)


そこで今回は、ディズニーシーのロッカールームについてご紹介します。

  • ディズニーシーのロッカーって出し入れする事はできる?
  • ディズニーシーのロッカーはキャリーバックも入るサイズはある?
  • ディズニーシーのロッカーで無料の場所ってあるの?

など、ディズニーシーのロッカーにまつわる疑問にお答えいたします!




スポンサーリンク








ロッカールームの場所は?

さて、ディズニーシーには入園者が使うことができるロッカールームが準備されていますので、荷物が大きくなってしまっても安心です。

気になるディズニーシーのロッカールームの場所ですが、パーク内に2ヵ所、そしてパーク外6ヵ所あります。



パーク外のロッカーの場所

まず、パーク外の6ヵ所ですが、入り口近くの喫煙エリアとトイレがある場所があるのですが、ここに1ヶ所、バス&ターミナル近くに1ヶ所、リゾートライン ディズニーシーステーション内に2ヶ所、そして 少し距離がありますが舞浜駅下にもロッカーがあります。

舞浜駅下のロッカーは奥行きがあるので多くの荷物があり、広い場所が必要な場合にはこちらを使うのがおすすめです。




パーク内のロッカーの場所

パーク内の2ヵ所はどちらもメインエントランスにあります。

また、リゾートラインのディズニーシー・ステーションの改札口には手荷物預かり所があるときもありますが、運営しない場合がありますのでご注意ください。


ディズニーシーのロッカーについて詳しい情報はこちらをチェック!

(公式サイトより引用)


スポンサーリンク







ロッカールームの概要



ロッカーの料金は?

ディズニーシーのロッカールームにはさまざななサイズのロッカーがありますので、料金は一律ではなく、サイズ別に料金が設定されています。


  • 超大型ロッカーXLサイズ(117.5×36×57):700円
  • 特大型ロッカーLLサイズ(77.5×36×57):600円
  • 大型ロッカーLサイズ(50×36×42):500円
  • 中型ロッカーMサイズは(37×36×42):400円
  • 小型ロッカーSサイズ(29×36×42):300円



ディズニーシーのロッカーでの荷物の出し入れについて

ただし、ディズニーシーのコインロッカーは全てお金が戻ってきませんので、荷物を出し入れするとその都度料金が必要となりますのでご注意くださいね!



ディズニーシーのロッカーで利用可能なサイズは?

数多くのサイズがあるディズニーシーのロッカーですが、それぞれどのくらいの荷物が入るのでしょうか?

そこで各サイズに入る荷物の大きさの目安をご紹介します。


超大型ロッカーXLサイズ

まず、最も大きいサイズである超大型ロッカーXLサイズ(117.5×36×57)ですが、こちらは縦にも奥にも広いのでゴルフバックでもすっぽり入るサイズです。




特大型ロッカーLLサイズ

2番目に大きい特大型ロッカーLLサイズ(77.5×36×57)は大きめのキャリーバックを入れることができるサイズです。



大型ロッカーLサイズ

大型ロッカーLサイズ(50×36×42)に関しては傘や三脚が入る高さがありますので、写真を撮るために三脚を持ってきたけど、荷物になってしまう…という場合や、天気が心配で傘を持ってきたけど天気がよくて荷物になっちゃう…というときに使いたいサイズですよね。
もちろん大型ロッカーにもキャリーバックを入れることができます。



中型ロッカーMサイズ

中型ロッカーMサイズは(37×36×42)は小さめのキャリーバックを入れることができますが、傘や三脚を入れるのには高さが少し足りないのかなという印象です。
キャリーバックだけ入れればいいという場合には使ってみてください。



小型ロッカーSサイズ

最も小さいサイズは小型ロッカーSサイズ(29×36×42)は、手荷物やお土産が大量になってしまったときに使うことができるサイズです。

いろいろなサイズがあるので、その時持っている荷物にあわせたサイズを使えるのはとってもありがたいですよね!

スポンサーリンク





まとめ ディズニーシーのロッカーは出し入れ可?キャリーバックOKサイズ?無料の場所は?

今回は、ディズニーシーのロッカールームについてご紹介しましたが、サイズが多くあって助かりますよね!


数も多いので、空いているロッカーがないということはほとんどありませんが、ハロウィンの時期は、仮装のための着替えなどを持ち込んでいる人も多いのでロッカーの空きを見つけるのが大変かもしれませんのでご注意ください。




ディズニーシーの絶叫が苦手な人でも乗れるアトラクションって?おすすめの楽しみ方は?

シー

さまざまなアトラクションがあるディズニーシーですが、その中でも絶叫系アトラクションが魅力的だと挙げる人も多いかと思います。 よく絶叫系好きの友人からも、「ディズニーランドよりディズニーシーの絶叫系のほうがスリルがあって好・・・

ページの先頭へ