ディズニーランドやディズニーシーには、さまざまな魅力的なフォトスポットがあります。

特にディズニーシーでは、ダッフィーやシェリーメイを座られて写真を取れるスポットもあり、素敵な写真を撮れることでも人気です。

写真を撮る上で、便利なものとしてセルカ棒を使いたいという人も多いと思いますがディズニーランドやディズニーシーではセルカ棒の持ち込みは禁止されているというウワサも耳にします。



そこで今回は、ディズニーシーでセルカ棒を使用していいかどうかについてご紹介します。

スポンサーリンク




ディズニーシーではセルカ棒は使用禁止?

残念ながら、ディズニーシーでは一脚や三脚・自撮り棒の使用、ならびに持ち込みは禁止されているようです。

理由としては、セルカ棒だけではなく一脚や三脚も含まれますが、これらの撮影機材は長い棒状のものですので、パーク内で使うことで他の入園者にぶつかったりして怪我をしてしまう危険性があるからです。

特に、セルカ棒に関しては、セルカ棒を使ったことで他の人にぶつかったりして事故や怪我をしたという話もよく聞くようになり、セルカ棒の持ち込みが禁止されている場所も多くなってきた気がしますので、パーク内の安全を守るためにも必要な措置ですので、持ち込み禁止となっても仕方ないですね…。

ちなみにこのルールはディズニーランドでも同様です。

スポンサーリンク




片手に収まるセルカ棒であれば使用OK!

ただ、ディズニーシーとしても「持ち込み禁止!」と完全に突っぱねているわけではなく、条件付きで使用可能としています。

小さくたためて片手に収まるハンドサイズのタイプの一脚や三脚・セルカ棒を頭の高さを超えない範囲の撮影で使用することはOKとしています。

ですので、パーク内では伸ばさずに、小さくたためて片手に収まる状態で使用するのであれば一脚や三脚・セルカ棒であれば使用することができます。

ただし、写真を撮影する際には周囲の人に迷惑のかからないように気を使いながら撮影してくださいね。



セルカ棒を持ち込んだってバレないのでは…?

セルカ棒や一脚、三脚は原則ディズニーシーには持ち込みできないということでしたが、
小さくたためて片手に収まる状態のセルカ棒や一脚、三脚を頭の高さを超えない範囲の撮影で使用するのであれば、持ち込み可能ということでした。

たまに「でも、そんなの持ち込んじゃえばこっちのものでしょ?」という人もいますが、
確かに必ずしもバレるというわけではありませんし、ひょっとしたら使っていても注意されることがないということもあるかもしれません。


しかし、モラル面から言えば当然「ルール違反をしてもバレない」という考えはあまりいいとはいえません。

そもそも禁止にしている理由としては、パーク内の入園者の安全を守るためです。

セルカ棒や一脚・三脚の持ち込み禁止の理由は、しつこいようですが他の入園者の邪魔になったり怪我をさせてしまうことになりかねないからです。

パーク内ではついつい楽しさからテンションが上がってしまい、周りが見えなくなってしまうなんてこともありますから、ルールを破って誰かに怪我をさせてしまっては、もう後の祭りですよね。

被害者はもちろんのこと、自分としてもせっかくディズニーシーに楽しみに来ているのにその思い出が台無しになってしまうことにもなってしまいます。


スポンサーリンク





また、ディズニーランドやディズニーシーでは入園前に必ず手荷物検査をしています。

その時に荷物にセルカ棒や一脚や三脚が入っているのが見えれば、必ずキャストさん(従業員)から、パーク内での使用上の注意を聞かされます。

また、入園後もパーク内でもいたるところでキャストさんが入園者の様子を見ているので、パーク内でルールに反した使い方をしてキャストさんに注意されるなんてことにもなってしまいます。

キャストさんに注意されることになれば、注意された側はあまりいい気持ちではありませんし、そんな出来事があれば心から楽しめなくなってしまうなんて状況になることもあるかもしれません。

それに、ルール違反をしてキャストさんに注意されている光景はパーク内では 悪目立ちしますので、恥をかくということもあります。



もちろん、注意されたら恥ずかしいからルールを守るというのも考え方としては、決して正しいともいえないのですが、そういう意味でも決められたルールは守るということを私はおすすめします。

周りの人も自分も楽しく過ごせるようにルールは守ってもらえたらいいなぁと私は思います。


スポンサーリンク




ディズニーシーはセルカ棒の使用は禁止されているの?【まとめ】

今回は、ディズニーシーへのセルカ棒の持ち込みについてご紹介しました。

セルカ棒は便利ではあるものの長い棒状のものですので、危険もあります。

持ち込みを禁止されても仕方がないといえます。

ルールは守ってディズニーシーを楽しんでくださいね。