ディズニーランドやディズニーシーでは、学生時代の思い出として、卒業シーズンや長期休暇中には学生さんの姿を多く見かけるようになります。


中には「制服ディズニー」といって、休みの日だけどあえて学校の制服を着てディズニーランドやディズニーシーを楽しんでいるような人も見かけてよく「楽しそうだなぁ」と見ているこちらまで楽しい気持ちになってしまいます。



実は、ディズニーでは中高生はチケット料金は「中人」となりますので、18歳以上の学生よりも安く入園することができるのです。

シーズンによっては学生さん限定でお得になるチケットもありますので、学生さんってうらやましいですよね!


しかし、ここで疑問が。
中学生や高校生を卒業した大学生位なら、見た目は「中人」でも通りそうな人はたくさんいます。


そこで、今回は、ディズニーランド・ディズニーシーの学生さん向けのチケットの購入時に年齢確認があるのかについてご紹介します。


スポンサードリンク




チケット料金ってどのくらい?

ディズニーのチケットの料金設定ですが、基本的には4種類に分けられていて、大人・中人・小人・シニアに分かれています。


大人は18歳以上、中人は中高生、小人は4歳から12歳(小学校6年生まで)で、シニアは65歳からとなっています。


3歳までのお子様はチケットが必要ありませんので無料で入園できます。


つまり、学生さんのチケットというと小学生は小人・中学生と高校生は中人・大学生と大学院生、短大生、専門学校生は大人のチケットになるということです。


1デーパスポートは、大人(18歳以上)7400円、(中高生)6400円、小人(4歳から12歳)4800円、シニアは6700円となっています。


あとは、土日祝日など指定日のみとなっていますが、午後3時から入園できるスターライトパスポートの料金は大人(18歳以上)5400円、中人(中高生)4700円、小人(4歳から12歳)3500円、そして平日の夕方6時から入園できるアフター6パスポートでは、大人(18歳以上)4200円、(中高生)4200円、小人(4歳から12歳)4200円となっています。


ちなみに2デーのような複数日入園できるチケットや、年間パスポートでも料金は異なりますが、年齢別に料金設定があるということは変わりません。


たとえば、2デーパスポートだと大人(18歳以上)13200円、中人(中高生)11600円、小人(4歳から12歳)8600円となっています。


ちなみに1年間入園し放題な年間パスポート通称年パスでは、ディズニーランド、ディズニーシーどちらかのみ入園できる年パスは、大人(18歳以上)と中人(中高生)61000円・小人(4歳から12歳)39000円・シニア(65歳以上)51000円、両パークどちらも入園し放題の年パスの料金は、大人(18歳以上)と中人(中高生)89000円・小人(4歳から12歳)56000円・シニア(65歳以上)75000円となっています。


スポンサードリンク




ディズニーチケット購入時に年齢確認はされるの?


前売りチケット購入時の年齢確認

基本的に、チケットの購入は自己申告制ですので年齢確認をするための身分証明証の提示は求められません。


たとえば、前売りチケットを購入することができるコンビニやディズニーストアのチケットカウンターなどでは、あきらかに年齢層が申告と異なる人が購入したとしても「代理で購入している」こともあるので、その都度年齢確認をされるということはありません。


ただし、転売を疑われるような購入の仕方をするような怪しい人には絶対に確認をしないとは言い切れませんが…。


現地チケットカウンターでの年齢確認は

ただし、ディズニーランドやディズニーシー現地のチケットカウンターでは代理で購入するということは少ないですのであきらかに年齢層が異なるという場合には口頭で年齢を聞かれることはあると思います。


ただ、これも申告制ですので基本的には年齢確認のための身分証明書の提示は必要ないと思います…が、私は求められたことがないというだけですので、ひょっとすると提示を求められるケースもあるかもしれませんので、当日持って行くべきでしょう。


年齢確認ではなく「学生証」の提示が必要なチケットもあります

ちなみに、前売りチケットを購入することができるセブン・イレブンやファミリーマートなどのコンビニやディズニーストアのチケットカウンターでは身分証明証の提示を求められることはないと申し上げましたが、 学生限定で安くなるチケット「キャンパスデーパスポート」に関しては、学生であることを証明しなくてはなりませんので、必ず「学生証」が必要となります。


身分証明証ならなんでもいいわけではなく、学生であることを証明する必要があるのでこのときは、必ず学生証を持っていかなくてはなりません。


コンビニに関しては、店員さんの対応にも寄りますがディズニーストアでは学生証がなければ購入できません。


また、現地でも学生証の提示が必要となっていますので当日も必ず学生証を持っておきましょう。

スポンサードリンク




年齢確認がないなら、購入時に年齢ごまかすことはできる?

ディズニーチケット購入時に年齢確認がない事は前述の通りですが、さて、ここで悪魔のささやきが聞こえた人もいるかもしれません。

「年齢ごまかして大学生だけど中人料金で入園できるんじゃない??」



結論としては不可能ではないのですがあまりおすすめはできません。


先ほど申し上げたようにチケット購入は基本的に自己申告制となっていますので、購入時に言われた年齢層での販売となりますので「中人」といえば「中人」のチケットを購入することができます。


ただし、チケットカウンターで年齢確認のための身分証明証の提示を求められる可能性は全くのゼロではありませんし、購入できても入園ゲートでキャストさん(従業員)に年齢確認をされることもありますので、時間のロスにつながりますので、正規の料金で購入することをおすすめします。



【まとめ】ディズニーチケットは中人の年齢確認がある?

今回は、学生さん向けのディズニーチケットについてご紹介しました。


年齢をごまかすことは、可能であってもモラルには反していますよね。


せっかくのディズニーランドやディズニーシーを心置きなく楽しむためにもモラルに反する行為はおすすめしません。

ぜひ清く正しくディズニーランド・ディズニーシーのひと時をお楽しみくださいね!