赤穂義士祭(あこうぎしさい)は毎年12月に兵庫県赤穂市で開催される赤穂市最大のお祭り。

赤穂義士が討ち入りをしたのが12月14日。
赤穂義士祭は毎年12月14日に開催されるようになり、2018年で第115回を数える歴史あるお祭りと言われています。



今回は、赤穂義士祭の交通規制や見どころ、司会や芸能人ゲストについてまとめました。

スポンサーリンク






赤穂義士祭の交通規制や駐車場は?

場所:赤穂城跡ほか赤穂市駅前通り、お城通り周辺
住所:兵庫県赤穂市上仮屋ほか
電話:0791-43-6839(赤穂義士祭奉賛会)

交通規制がかかるのは、12月13、14日の両日。
お車でお越しの際には十分に気を付けてください。

JR播州赤穂駅近くの千種川沿い(住所:兵庫県赤穂市細野町109付近)に、無料の臨時駐車場が約2,200台分設置されるのですが、毎年多くの人で賑わうので、すぐに埋まってしまいます。

時間に余裕を持って行動されると良いですね。


赤穂義士祭2018の司会や芸能人ゲスト、みどころについて

期間中は、100以上の団体や店舗によるワークショップや、子供向け紙芝居、期間限定品の販売など、豪華なオープニングイベントを始めとし、多くの企画が催されます。

各店舗が特別メニューや特別価格で美味しい食べ物も沢山ご提供されるので、いろんなお店に入って忠臣蔵ウィーク限定メニューやランチメニューを堪能することが出来ます。

和洋中にスイーツとさまざまに揃っているのも魅力的。
選ぶのに迷ってしまいますね。

様々なショップや宿泊所でも、イベントが行われており、大規模なお祭りになります。

無料サービスや割引はもちろん、プレゼントやくじ引き、福袋なども期待できますよ!!

夜の楽しみと言えば、花岳寺や大石神社のライトアップ!

行灯やキャンドルの炎がゆらゆら辺りを照らし、昼間では味わうことが出来ない、日本らしい雅で幻想的な雰囲気を楽しむことが出来ます。

カップルで訪れたい場所としても非常に人気が高いです。

竹を使って作った竹のオブジェ“竹あかり”や“スカイランタン”のライトアップも一緒に楽しむことが出来ますよ!

寒い時期とは思えないほどの温かい光には、癒しの空間としてもぴったりですね。

ここまでが前夜祭です。

本祭もすごく魅力的!

12月14日の赤穂義士祭本祭ではメインのパレードのほか、花岳寺・大石神社など市内各所でもイベントが行われます。

市民総合体育館では剣道・柔道・弓道の大会が行われ、城南緑地公園では駅伝も行われるなど、スポーツのイベントとしても盛り上がります。

また、ダンスグループやアイドルユニットによるストリートライブや行列出演者との記念撮影、スタンプラリーなど盛りだくさんに楽しめます。

全体的に体を動かし、みんなが一体となって盛り上げるイメージもありますね。

寒い時期だからこそ、たくさん体を動かすことで、健康的な体作りにもぴったりですね。

参加する人も、見る人も、心踊らされる最高のお祭りとして盛り上がることが出来ますね。

義士行列は毎年、芸能人が大石内蔵助役で参加することで有名です。
2018年の大石内蔵助は、俳優の高橋英樹さんがゲストとして参加することが決まっています。

桃太郎侍で有名な大物俳優さんですよね。
パレードの司会は、もりいくすおさん。
イラストレーターとして活躍をされており、2018年のポスターのイラストも担当されています。

スポンサーリンク




赤穂義士祭2018【まとめ】

いかがでしたか?
大きなスケールのお祭りだという事が分かっていただけたかと思います。

始まりから終わりまで、目が離せない催し物が盛りだくさんですね。

そして、大石内蔵助役として、毎年大物ゲスト俳優さんが登場されるのにも、目が離せません。