国内最大級と言われているフリーマーケット:世田谷ボロ市

2018年も開催が決定しています。



開催期間はいつからなのか、所要時間や見どころについてまとめました。

今から楽しみですね!!


スポンサーリンク






世田谷ボロ市2018年の開催期間


会場

世田谷区世田谷1丁目 通称「ボロ市通り」周辺


世田谷ボロ市2018年の開催期間はいつからいつまで

2018年12月15日(土)・16日(日)
2019年1月15日(火)・16日(水)
各日とも9:00~20:00

朝早くから、夜遅い時間までほぼ丸1日かけて行われており、多くの人でずっと賑わっています。

フリーマーケットの出店数は700店舗以上あり、全部回るだけでも1日かかりますね。

周辺一帯に交通規制が掛けられるので、駐車場もなく、車で来るよりも公共交通機関を利用して出かけるのがおススメです。

バスでも来ることは出来ますが、一番おススメなのは電車です。

ボロ市開催中は電車の本数が増えるので、交通の便もよく、おすすめです。

世田谷駅または上町駅まで徒歩5分です。


スポンサーリンク




世田谷ボロ市の見どころは?

世田谷ボロ市の見どころは、たくさんのフリーマーケットなのももちろんですが、それだけではありません。

ここでしか食べることの出来ない、 代官餅も忘れてはいけません。
ボロ市が開催中の4日間しか買うことのできないB級グルメとしても、大変人気です。

世田谷ボロ市が開催される中心地に代官屋敷があったことから、この名前が付いたようです。

1975年からこのお餅が登場したようです。
約43年ほど前でしょうか。

つきたてのお餅にあんこ、きなこ、からみと呼ばれる大根おろしや鰹節などをつけた3種類の味のお餅がそれぞれ代官屋敷の前で売られており、代官屋敷の前も、多くの人で賑わっています。

代官屋敷は、散策コースとしてもおススメなので、デートスポットとしても人気がありますよ。

また、代官餅は非常に人気が高く、お昼どきに行くと、長蛇の列!
1時間待ちなのはざらですね。

夕方なども遅い時間に行けば、売り切れになっていると言います。

代官餅が目的であれば、早い時間に訪れると良いですね。

代官餅以外でもおすすめなグルメは多いです。

個人的におすすめなのが、いわしげんこつ。
練り製品は正直苦手なのですが、これは美味しい!
これならどれだけでも食べられます。

美味しいだけではなく、大きくてボリュームがあるので、食べごたえバッチリです。

是非、堪能してみてほしいです。
今年もあるといいな!

昼間の方が盛り上がるイメージが強い人もいると思いますが、夜になれば、露店に明かりがともり、幻想的な空間を楽しむことも出来ますよ。

そして、夜でも多くの人で賑わっています。

掘り出し物をゲットするには、開始前の早い時間に会場に行って見て歩き、出展者の方と交渉を始める人もいます。

これをする人は、常連の人が多いかもしれませんね。


スポンサーリンク





世田谷ボロ市2018の開催期間はいつから?見どころや所要時間【まとめ】

世田谷ボロ市では、掘り出し物を探してみたり、美味しいものを食べたりと、人によって楽しみ方は違うのではないかなと思います。

いろいろな楽しみ方が出来るのはすごく魅力的です。

ぶらりとお散歩するだけでも、充分に楽しむことが出来ます。
フリーマーケットだけでも、700店舗以上あるので、周るだけでも1日かかりますね。

規模も大きいので、たくさん歩いていい運動にもなるんじゃないかな。

お散歩やお買い物、屋台を楽しむなど、2日に分けて楽しむ方も多いです。
そのくらいの大きな規模だという事が分かりますね。

家族で行くのも良し、デートも良し、一人でぶらぶらと楽しむのもいいですよ。
誰と言っても、いつ行っても楽しむことが出来ますが、代官餅が目的であれば、朝早くから並ぶのがおススメですよ。