十日戎では、「商売繁盛で笹持ってこい」の掛け声で祭りを盛り上げることで有名と言われています。



十日戎ではいろいろな縁起物があります。

今回は、十日戎の縁起物の種類や意味、値段などについてまとめました。

スポンサーリンク




十日戎の縁起物の種類やその意味、値段について


十日戎の縁起物には福笹は有名ですが、その他にも、福熊手や福箕、福飴などがあります。



福笹

十日戎の縁起物と聞いて一番最初に思い出すのが福笹です。

笹には昔から神が宿る木として考えられてきましたが、それに加えて竹が真っすぐに力強く伸びることから商売繁盛にご利益があるとされています。

また、笹の葉は常緑で生命力が強いという意味も古くから伝えられており、神ごとによく使われていると言われています。

はえびす様の持つ釣り竿を表していることからも、商売繁盛にご利益があると言われています。

お店をしている人や、これから事業を始める人などに人気が高いようです。

商店街でお店をしている人などにも多く見られるようです。


福熊手、福箕

どちらも元々は農具として使われていたものとして言われています。

「熊手」にはかき集める、「箕」には掬い取ると言った意味合いを持つことから、幸運や金運におすすめ道具として言われています。

金運を中心に、幸運に恵まれたい方にも人気が高いです。

値段はお店や神社によっても変わってきますが、やすい物で1,000円から購入することが出来ます。
高いものになると、1万円以上するものもあるのだとか。

阪神タイガース必勝祈願を願う熊手も作られていると言われています。



福飴

十日戎の最後に紹介する縁起物は、「福飴」です。

福飴には2種類あります。

一つはどこを切ってもおたふくの絵が出てくる縁起の良い飴があり、金太郎飴のようです。

どこを切っても縁起の良さはずっと変わらないという意味もあり、どこを切っても絵が変わらないのは面白いですね。

もう一つは、「延命飴」と呼ばれており、棒状の飴をねじった形になっています。

螺旋の形状が命のつながりを表していることから、寿命を祈願しています。

福飴は、どちらも100円~購入することが出来るようです。

スポンサーリンク




十日戎の縁起物の飾り方

笹も、熊手も、福箕も飾り方は同じです。

神棚がある人は、神棚に飾ると良いとされています。

神棚がない人は、玄関やリビングに飾ります。

正面が南か東を向くようにして飾るようにするといいと言われており、北側、または西側の壁に飾ると良いとされています。

笹や熊手など、効果は1年と言われているので、今年購入したものは来年の十日戎へ持って行き、返納しましょう。

そして、新しい笹や熊手を購入すると良いですね。

またお守りなどを返納するときは買った神社でなく、家の近くの神社に返納する事も出来ますよ。

スポンサーリンク




十日戎の縁起物の種類は?【まとめ】

十日戎には、福笹を始めとし、いろいろな種類の縁起物があります。

商売繁盛を祈願する福笹、金運や幸運を祈願する熊手は、オールマイティーな感じがしますね。

熊手の中には、阪神タイガーズの必勝祈願を願うものも作られていると言われています。

熊手の値段は1,000~1万円の物があります。

いろいろな種類の縁起物がありますが、飾る場所は同じで、神棚があれば神棚に飾ります。
神棚がなければ、高い位置に、東側に向くようにして飾りましょう。

縁起物の効果は1年と言われており、今年購入したものは、来年に返納し、また新しく購入すると良いですね。

返納する際には、今までのお礼をすることを忘れてはいけません。
そして、新しく購入する時には、また新たな気持ちで、幸運を祈願すると良いですね。

自身の努力と行いももちろん大事ですが、神頼みと感謝の気持ちを持つことも大事ですね。