えべっさんと言えば「商売繁盛で笹持って来い」が、習わしだとされていますが、笹の飾り方や、正しい方角などはあるのでしょうか。

購入して、家に飾っておくものだと思う人は多いと思いますが、置き方や方角が決まっているという事を知らない人も多いのではと思います。




また、いただいた福笹を処分する時には、どのように処分すると良いのかなどについても、調べました。

今回は、十日戎で購入した笹を飾る方角や飾り方などについてまとめました。

十日戎ではじめて笹を購入される方にも、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク





十日戎で購入した笹の飾り方や置き場所は?

福笹の飾り方に方角がある事を知っていましたか?

実は、決められた方角があり、「南向き」または「東向き」に飾ると言われています。

南向きなら北の壁などに、東向きなら西の壁などに飾ります。

福笹は、神札と同じような扱いをするとも言われており、頭の位置よりも高い場所に飾るようにしましょう。

自宅に神棚がない場合には、

  • 家庭内で最も清潔な場所で
  • 東か南に向けて
  • 大人の目線より高いところ

に飾ると良いですね。

全国の戎神社の総本山西宮神社が運営する「えびすインフォメーション」というサイトでも、福笹の飾り方が書かれているので、確認してみると良いですよ。


福笹は縁起物として多くの人から親しまれています。

では、福笹にはどのような意味があるのでしょうか。

福笹に付ける縁起物は「子宝」または「吉兆(きっちょう)」と呼ばれていて、銭袋、末広、小判、小槌、米俵、鯛などの意味を持っています。

商売繁盛などのご利益も期待できるようですよ。

福笹には、商売が発展していく姿を象徴して作られていることから、お店をしている人の家のほとんどには、飾られているかもしれませんね。

福笹は縁起物ですが、福笹の他にも、「熊手」や「箕」なども露天で売られており、色鮮やかな露天は、見ているだけでも楽しめます。

スポンサーリンク




十日戎の笹を返す方法は?古くなった福笹はどうすればいいのか

福笹は、飾っておくと良いと言われていますが、いつまでもずっと飾っているわけではありません。

古くなった福笹は処分しなければいけません。

処分する時には、自分が購入したところの神社に返納するか、自宅に近いところにある最寄りの神社に返納するのがおススメです。

初詣の時に返納する人も少なくはないようです。

返納する時には、しっかりと感謝の気持ちを込めることも忘れてはいけません。

お近くに神社がない場合や、神社に返納に行くことが出来ない場合には、お清めの塩を入れて新聞紙などで包んで廃棄処分する方法もあります。
その際にも、感謝の気持ちを込めることを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク




十日戎の笹を返す方法!飾り方や置き場所は?【まとめ】

縁起物を飾る時には、どんなものであっても、共通して高い位置に飾るのがおススメだとされているように感じます。

私は、縁起物を飾る際には、何気なく高い所に飾っていましたが、何気なく飾っていた場所は正解だったようでよかったです。

でも、次に購入する際には、方角などもしっかりと確認して飾ろうと思います。

そして、返納する際には感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね。

今まで何気なく飾っていましたが、来年からはもっと意識して飾ってみようと思いました。

1年間お世話になった福笹は、翌年納めに行き、新しく福笹をもらうのがいいですね。

そして、お祭りそのものを楽しめる、充実した時間を過ごすことが出来ますね。

カップルや家族など、どんな人と言っても楽しむことが出来ます。
一人で訪れている人も沢山います。

その土地の人柄などに触れるのもこのお祭りの醍醐味ですよ!

今回は、福笹について触れましたが、これで福笹のご利益のある飾り方などが分かったと思います。