結婚式はもちろん結婚する際に行われるわけですが、そのほかに銀婚式という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。

でも一方で、銀婚式っていったいいつ?というかたもまた多いと思います。



今回は銀婚式って(そしてその周辺の○○婚式について)何なのか、そしてどのように祝えばいいのかをまとめました。


スポンサーリンク





銀婚式って何年?いつのこと?

まず、銀婚式とは結婚何年目のことなのでしょうか。答えは「25年目」です。


初めの方は一年ごとに○○式が定められてるので割愛します(紙婚式から始まります)が、徐々に堅いもの・貴重なものになっていきます。


折角なので代表的な年だけ以下にまとめました。


主な〇〇婚式は何年?
【1年目】紙婚式
【5年目】木婚式
【10年目】錫婚式(アルミ婚式)
【15年目】水晶婚式
【20年目】磁器婚式(陶器婚式)
【25年目】銀婚式
【30年目】真珠婚式
【35年目】珊瑚婚式
【40年目】ルビー婚式
【45年目】サファイア婚式
【50年目】金婚式
【55年目】エメラルド婚
【60年目】ダイヤモンド婚

と、このように60年目のダイヤモンド婚式まで続きます。この結婚記念日を祝う風習は、海外ではもっと長く続くところもあり、結婚75年目にプラチナ、80年目に樫、85年目にはワインを贈ります。樫の木を贈るというのが日本の感覚からすると謎ではありますが、樫の木でできた製品を贈るみたいです。ここまでくると本当に一生モノという感じです。


そして、銀婚式はこの中盤に当たる「25年目」にあたるお祝いです。25年というと大分長い結婚生活となることや、「銀」が入っていて縁起も響きもよろしいということで、この辺りから盛大に祝う方が徐々に増えてくる印象です。




銀婚式の由来・意味合い

折角なので、銀婚式の由来についても簡単に説明します。この定期的に結婚記念日を祝う習慣はドイツで始まり、次第にヨーロッパ全域に広まっていきました。

銀婚式が初めて行われたのは何と1624年だそうです。そのころからすでに「銀」にちなんだ贈り物が選ばれていました。日本では明治天皇がお祝いを行ったことで、一般化していったようです。これは1894年のことです。

銀婚式は、25年か共に歩んだことへの感謝と夫婦への祝福、そして金婚式(50年目)にむけてさらに絆を深めていきましょう、という意味合いがあります。


スポンサーリンク




銀婚式っていつ祝うの?

さて、まずは銀婚式が何年目かというお話でしたが、つぎは「厳密には25年目のいつ祝うの?」という点も気になるかと思います。これは「25年目の結婚記念日」を指すわけですので、つまるところ「結婚記念日はいつ?」という疑問と同様です。

実は結婚記念日には厳密なルールはなく、入籍日・挙式日や結婚を決めた日など、二人が納得する日を自由に設定してよいのです。

一般的には入籍日や挙式日を結婚記念日と考えている方が多いかと思いますので、銀婚式は「25年目の入籍日(挙式日)」となる方が多いですが、あとは夫婦二人で取り決めて良いものということになります。


銀婚式のお祝いにはいつどのように行う?

前章で書きましたように、銀婚式にプレゼントを贈る場合はお二人の25年目の結婚記念日に送ります。基本は入籍日や挙式日となりますが、厳密にいつなのかは二人に聞いてしまっても失礼ではありませんし、「完全に当日に到着しなければならない」というほど厳密なものではありません。




当日は夫婦同士でプレゼントを交換したり家族で食事をしたりなど、お祝いの仕方も様々です。夫婦同士で行うのも勿論良いですが、子どもが両親のために銀婚式のお祝いをしてあげることも多いですね。


贈り物の内容としては昔から「銀」にちなんだペアのものが選ばれてきました。ネックレス、インテリア雑貨などの銀製品は比較的定番です。その他では時計・指輪なども銀色かつ実用的ということで好まれます。



銀婚式って結婚して何年後?いつ誰が誰に何を贈る式?【まとめ】

今回は銀婚式って何年目なのか、何年目のいつお祝いをするのかを紹介しました。もうすぐ25年目という夫婦の方々は是非盛大に銀婚式のお祝いを行うことを検討してみてはいかがでしょうか?