タッションタッション

「ヒアリにさされるとどうなるの!!」ヒアリのニュースが止まりませんね。いやーほんとに怖い。

ヒアリに刺されないのが一番なんですが、万が一刺された場合にどんな症状が出るのか、そして適切な対処法をヒアリ対策担当(?)のよしだーまんさんに突撃リサーチしてもらいました!

ではよしだーまんさん、本日もよろしくお願いしますっ!


よしだーまんよしだーまん

みなさんこんにちは!

さいきんよく耳にする”ヒアリ”の問題ですが、みなさんはどれくらいのヒアリ知識をお持ちでしょうか?
もしあなたの家に出たとしたら、即座に対応できますか?


ヒアリ刺されたときの対処方はまだ明らかになっていません。
それは、ヒアリが最近国内に入ってきたため、研究がまだおいついていないためです。




確かに、今年の5月に国内に入ってきたので、研究者にとっては大変です。
もしさされた場合、一般的なアリと同じ対策しか対応できません。



今後、研究者が海外出身のヒアリのタ処方を公開すると思いますのでそれまでは一般的なアリの対処法を使ってください。
そしてその後は、かならず病院にいってください!


また刺されたときの症状は、一般的なアリと比べとてつもなく重度です。
これからそんなヒアリに刺されたときの症状と対処法を見ていきましょう!


ヒアリに刺された時はどうなる?症状は!?

ヒアリの出身はもともと南米です。
やはり海外の虫は国内の虫と違い”殺傷力”があります。
特にヒアリは集団で敵を攻撃してきます。



非常に攻撃力があり、主に毒針を使います。
なおかつ何度も刺してくるらしいのでたまげます笑


ヒアリに刺されると…

ヒアリに刺されたときの症状

・ 最悪の場合、アナフィラキシーショックで死亡
・ 重度の場合、呼吸困難、血圧低下、意識障害吐血、めまい、吐き気
・ 中度の場合、全身にかゆみをともない、じんましんがでる
・ 軽度の場合、激しい痛みが襲う
といった症状がでてきます。




また、発熱や動悸もおきる可能性があります。それから、ヒアリに刺された所は何週間もかゆみが続くそうです。


そして、インターネットでは年間100人ほどの死亡されたと流れているが、明らかな証拠がないとされ事実とはいえないようだ。
しかしヒアリによる死亡例は存在する。
特にアナフィラキシーショックは、血圧低下、意識障害をともない生命に危機をあたえる。


まとめまして、 ヒアリに刺されたりこのような症状が突然おきたら、直ちに病院へいってください。
しかし病院までに時間がかかる場合、状態を悪化させないように適切な処置が必要です。



万が一ヒアリに刺された際の対処方法を詳しく見ていきましょう。


ヒアリに刺された際の対処法

さきほども言いました通り、まだヒアリ対の対処法は発表されていません。
なので今は国内の有毒なアリなどと同じ対応しかできません。
しかし、症状を悪化させないため少しでも早く対応しないといけません。


ヒアリに刺された時の対処法

・ 患部をきれいな水で洗い流す
・ 患部を冷やす
・ 患部を刺激しない
・ 絶対に動きまわらない

これらはヒアリの毒を体内で循環させる力を抑えるためです。


ましてまだ対処法がわからない海外のヒアリ。
殺傷力は国内のアリとは違います。
もし刺されたらこの処置をし、病院にいくかあまりにも重度なら救急車を呼んでください。




よしだーまんよしだーまん


いかがだったでしょうか?


ヒアリは南米に留まらず、アメリカ、オーストラリアアジア諸国へと侵入してます。
そしてその繁殖力はとてつもないです。


一般的なアリというのは、1つの巣につき女王アリは一匹です。
ですが、なんとヒアリの女王アリの数は10匹~20匹そして最大で100匹なんてこともまれではありません!!
それだけ繁殖力があります。


アメリカへ侵入した当時、アメリカは何度もヒアリ駆除を行いましたが、いまだに数は増え続ける一方です。
したがって今年日本にヒアリが侵入しましたが、ヒアリを撲滅できる可能性はとても低いでしょう。


なのでみなさん!ヒアリ対策は今後”必須”になります。


ネット上で日本の在来種がヒアリと戦ってくれると噂が流れていますが、アリ研究者は口をそろえて「在来種では歯がたたない」と言っています。


という訳で皆さんの家にもヒアリが来る可能性は十分にあります。
なので今の早いうちに”ヒアリ対策”をとっておきましょう。


ありがとうございました。