よしだーまんよしだーまん


みなさんこんにちは!
今年の6月以降兵庫県、愛知県、大阪府と日本にヒアリが侵入してしまいました。
そして東京ではおよそ100匹のヒアリが目撃されました。


えっ!やばくない?!


そう、東京の大井ふ頭で確認されました泣
ヒアリに刺されると最悪のケースアナフィラキシーショックで死亡なんてことがあります。
関連記事:ヒアリに刺されるとどうなるの?症状と適切な対処法!


繁殖力があるため、スズメ蜂よりも怖いのがヒアリにります。


そんなヒアリですがもし私たちの住む町にでても”見分けがつかない”そうです。
たとえば子供たちが遊ぶ公園なんかで出現しても子供たちはそもそもヒアリの存在すら分からないなんてこともあります。


そして、学校の先生や公園の管理人がヒアリの目の前を通っても全くきづかないかも知れません。
そして私たちはアリの専門家のようにアリの生態に詳しいわけではありません。


ですが、この記事でヒアリの特徴を知り、注意することでヒアリの判別が誰でも容易にできるようになります。


とくに大きさなんかそうですね。
という訳で自分たちの身を守るためにもヒアリの特徴を見ていきましょう!




スポンサーリンク





実は意識すれば簡単!ヒアリの見分け方!

ヒアリには大きな特徴があります。

・ 体は赤っぽくツヤツヤとした光沢がある。
・ お尻は体と違い黒色
・ 背中に2つのこぶ

これは環境省が発表した内容です。


一般的なアリと違う点はこのような特徴があります。
しかし、体の大きさはヒアリのほうが少し大きく頭の形は日本のアリと違い少し四角いです。


したがって、”頭の形と体の色、背中のこぶ”で判断してください!
ちなみに羽は付いていないので飛んできて襲われることはありません。
私もこのちょっとした違いはきづくかな~と悩みます笑



ヒアリの体の構造

あたまに付いている目の数はなんと”15個以上!”
なんだかハエみたいで気持ち悪いです笑
口の頭盾前縁中央という所に小突起があります。


そしてなんといってもお尻。
お尻についた毒針ですね。
しかし、引っ込んでいてあまり見えません笑




ヒアリの生態

主に公園や農耕地など開けた場所に巣を作るそう…。
食欲は雑食で果実や種子、さらにトカゲもたべます。笑


出身は南アメリカ。


やばいですね、公園に出るなんて。(・~・:)




ヒアリの獰猛性!

ヒアリはとても殺傷力があり、集団で行動します。
また繁殖力がすさまじいですね。
これは女王アリが数匹いるためです。


そんなヒアリは”獰猛なアリ”アリなため巣の200メートル内にはいった人間でさえ何度も刺しに襲ってきます。




驚くべき移動! 必殺イカダ作り!

ヒアリは水上を移動する事ができます。


というのもヒアリが数百匹、数千匹の塊になりイカダを作り水上を移動します。
この方法で洪水が起こった時に生息域をひろげることができました。


もしもヒアリを見つけたら?

もしあなたが歩いていたり、下を見ていたときにヒアリを見つけたら”保健所、環境事務所に報告”しましょう!
そして”絶対に触らない、近づかない”ことです!


また近くの公共の機関(交番、病院など)に近くにヒアリがいる!と連絡しましょう!


そうすることで何も知らずにヒアリに近づき被害を受けることを防げるからです。




まとめ



日本にはヒアリの天敵のアリやノミバエがいるそうなのですが専門家によるとあまり期待はされていないようです。
なので私たちひり一人がヒアリの危険性を把握し今後の対策が必要です。
そして、ヒアリは我々の住む町にも出現する可能性ああります。


公園にでれば子供たちを安心して遊ばせてあげることもできません。
そして、農耕地にでると食材に影響がでるかもしれません。
このような状況下でいつだれがヒアリに刺されてもおかしくありません。


私が子供の時はアリをよく触ってたものですが今回はそういう訳にはいきません。
もしあなたがヒアリをみつけたらすぐに環境省に報告を!!
そして身の安全を!!


むやみに触ったり、触らせたり、いけません。
たとえ普通のアリでも疑いましょう!
ありがとうございました。