人が亡くなると四十九日法要まで7日ごとに法要があります。
法要は初七日から始まります。
初七日の次は二七日。


二七日(ふたなのか)は故人が亡くなって14日目に行う法要。
七日ごとに閻魔さまに生前に犯した罪を審判します。
二七日は盗みについて調べられるそう。
その審判のたびに遺族が故人に徳が積まれるよう祈る。
これが7日ごとの法要です。

そして法要ごとに用意するものがお布施。
お布施ってあまり馴染みがないですよね。


  • 金額はいくら用意するべき?
  • 袋は不祝儀袋?
  • 書き方は?

初七日を終えての初めての法要。
わからないことはたくさん。
気になるあれこれご紹介します。



お布施に相場は1万円〜5万円 袋は奉書紙が望ましい

菩提寺があったりと、お寺が近い存在ならお布施は身近なもの。
しかし、一般的にはあまり馴染みがありません。
お布施とはお坊さんへのお礼代です。

今は7日ごとの法要は省き、四十九日法要を盛大にするのが主流。
忙しい現代人では仕方のないことかもしれません。


しかし、宗派や地域によってはきちんと行う家庭もあります。
ごく近い親戚や家族のみでこじんまりと行います。


7日ごとの法要にお坊さんを自宅に招き、お経をいただく。

その読経へのお礼の気持ちがお布施なのです。
そこがお布施の難しいところ。


あくまでも気持ちなので、金額がいくらと決まっていないんです。
一律で決まっていれば悩むこともなく楽なんですが…。



二七日法要のお布施の金額相場は?

相場は1万円〜5万円と言われています。
これまた幅広いですね。
ご家庭によって出せる金額はそれぞれ。
お布施は7日ごとに包むので、1カ月の出費としては少々ツライ。


見栄を張ることはありません。
相場の範囲内で無理せず検討しましょう。


お布施の金額をお坊さんに相談しても良いの?

お坊さんに相談しても失礼にはあたりません。
相談してみるのもいいですね。

包む金額が決まったら次はお金を入れる袋の用意。
お布施を包むなら奉書紙を使用するのが最も丁寧な包み方です。
奉書紙とはもともとは幕府が公文書に使っていました。
白のしっかりした厚手の和紙です。
神事にも使われる神聖なもの。


二七日法要のお布施の包み方


では、お金の包み方をご紹介します。
葬儀では、新札は用意していたという意味になるので避けられます。

しかし、お布施は先に用意しておくもの。
なので、新札を使用します。

お札を半紙で包み、さらにそれを奉書紙で包みます。
包み方の一例がこちら



もし奉書紙が用意できなければ、市販のお布施用の封筒でも構いません。
郵便番号の印刷がない白い封筒でも大丈夫。
封筒への入れ方はお札の人物(福沢諭吉)を上に。

ここで1つ注意点。
二重になっている封筒はお布施に向きません。
弔事では「二重=不幸が重なる」ことを表します。
封筒選びには注意してくださいね。

奉書紙も白い封筒でも水引はいりません。
不祝儀袋も使用できます。
しかし、不祝儀袋は不幸があった時に使うもの。

前もって用意できるお布施。
最も丁寧な奉書紙でお渡ししたいものですね。




表書きはどう書けばいい?

葬儀などで使う不祝儀袋は薄墨色で書く。
これは弔事マナーとして広く知られています。
ではお布施は?

普通の墨で書きましょう。
筆が1番好ましいのですが、なければ筆ペンがいいですね。
マジックやボールペンは儀礼式にはふさわしくありません。
こちらの書き方を参考にしてください。
(出典元:http://ryoukakuji.net/04butuji/huse_index.html)



お布施と書いた下に施主のフルネーム、または◯◯家と書きます。
基本的に金額は書きません。

市販のお布施袋で、記入欄がある場合は記入してください。
数字は漢数字を使います。
金額の相場が1万円〜5万円なので、5万円までご紹介します。
金壱曼圓(1万円)
金弐曼圓(2万円)
金参曼圓(3万円)
金四曼圓(4万円)
金伍曼圓(5万円)

金を頭につけるのは金額の偽造を防ぐためです。
一、二、三を使わないのも、棒を付け足すことができないようにするため。

昔は圓の下にも銭という単価があったので「圓也」としていました。
しかし、現在はこの単価がないので不要です。




二七日法要のお布施の金額は?【まとめ】

二七日は故人が亡くなってから14日目に行われる法要。
施主になる機会はあまりないので、わからないことだらけですね。

お布施は金額に決まりがありません。
あくまでもお礼の気持ちなので無理のない範囲で包みましょう。
わからない時は親戚やお坊さんに聞いてもいいですね。

不安をなくして、故人のために心から祈りたいものですね。