近年、家族のみでの葬儀や四十九日法要など小さな仏事が増えています。
仏事の在り方は家族ごとの形があって当然です。

ただ、家族のみで行う場合は少し注意が必要。
家族のみだから服装は自由というわけにはいきません。




さらに、親戚への連絡の有り無しはトラブルの元になりやすいもの。
親戚への対応は特に慎重にしましょう。

家族のみで行う四十九日なら、香典をお断りすることと思います。
気になる服装のこと、親戚などへの連絡する際の香典の断り方などご紹介します。

スポンサーリンク




四十九日で大事なのは法要の大小ではない?

四十九日法要は故人が極楽へと旅立つ大切な行事。
残された人もそれは同じです。
故人と縁が深かった人達で送ってあげたいもの。

四十九日は盛大に…というのがこれまでの仏事では一般的でした。
親戚をはじめ、故人にゆかりのあった友人や知人などに参列していただく…。
たくさんにの人が祈ることで故人の徳が積まれますから。

しかし、どんな法事にするのか決めるのは施主です。
故人の遺志、経済的な理由、親戚が遠方など理由はそれぞれ。
お金をかけたり、大勢で集まることがすべてではありません。
遺族1人1人がそれぞれの場所で故人を偲んで祈ることが何より大事なこと。



四十九日 親戚への連絡 例文

故人との付き合いの深さなどにもよりますが、香典の相場は1万円から3万円。
参列者への香典の負担を考慮して、家族のみで四十九日をと考える施主もいるでしょう。

香典を遠慮するなら、家族法要を行う連絡の際に必ず付け加えてください。

《連絡文の一例》

拝啓
◯◯家の皆様におかれましては益々ご清祥のことと存じます
父、△△の葬儀の際はご丁寧な弔問とご香料を賜わりまして心より御礼申し上げます

このたび、△△の四十九日法要を営みます。
本来であれば皆様に御会葬いただくべきところですが、
遠方よりいらしてくださることは皆様にご負担をおかけすることと思います。
誠に勝手ではございますが家族のみで執り行うことにいたす所存でございます。
勝手なお願いで大変恐縮ですが、私どもの意志を汲んでいただけたら幸いです
さらには皆様の生前の故人に対するご厚誼に心から感謝いたします

なお、御香典、御花、御供物などのご厚志は固くご遠慮申し上げます
敬具

初七日に参列していただいた人には必ず連絡しましょう。

しかし、地方では三回忌または七回忌までは親戚は呼ぶものという意識は根強い。
しかも亡くなってまだ日が浅い四十九日。
親戚を呼ばないなんて非常識だと考える人もいるでしょう。

親戚との縁も大事なもの。
親戚の方達と話し合ってみることも時には必要です。
経験上、家族のみの四十九日は故人の遺志という理由が1番カドが立ちません。

しかし、特に血の繋がりが強い故人の兄弟や姉妹などは参列したい人もいます。
来たいと言う人を断ることはできません。
同居家族のみにこだわらず、柔軟に考えてみてもいいですね。

スポンサーリンク




家族のみの法要、服装は?

家族のみの四十九日法要だからって服装はなんでもいいわけではありません。
仏事での基本は喪服です。

四十九日は納骨を一緒に行うことが多いもの。
お墓参りも兼ねるのですから、やはり喪服が1番の正装ですね。

参列者のいる法要では葬儀同様、施主は正喪服を着用します。
正喪服とは男女共に和装なら着物。
洋装なら男性はモーニングコート、女性なら光沢のない黒無地のアンサンブルやワンピース。


参列者は正喪服より格式が一段下がる順喪服を着るのが一般的。
しかし、家族のみの四十九日法要であれば参列者は当然いません。
なので、施主であっても順喪服で大丈夫です。


家族のみ、しかも自宅での法要なら黒っぽい服装でいいかと思われがち。
しかし、お坊さんもランクの高い袈裟で盛装されます。
施主側も喪服でお迎えするのがふさわしい。
色々考えるより、喪服を着用するのが1番無難です。





家族のみでの四十九日!服装や親戚への連絡はどうする?【まとめ】

四十九日は故人が仏になる大切な法要。
遺族にとっても故人を偲ぶ祈りの日です。

施主の考えによって、四十九日法要の形はそれぞれ。
家族のみで行っても立派な法要。
人数ではなく、深い哀悼の気持ちが何より大事です。

しかし、故人と縁があるのは家族だけではありません。
親戚など関係の深い人達への連絡はきちんと行いましょう。
そして、法要にふさわしい喪服で故人を送ってあげてください。