若い人は法事にあまりなじみがないことと思います。
初めて参列するという方もいるでしょう。
私は何度か法事を経験しましたが、いまだに不安なことはたくさん。




法事には食事が出るものと会食なしの法要のみ、の2つがあります。
法事の案内状に会食があることが書かれていたらここで注意。
香典以外にも食事代を用意するのがマナーです。

でも食事代っていくら包むもの…?
大丈夫です。
法事での食事代の相場や選ぶべきのし袋、表書きや名前の書き方のマナーなど。
わかりやすくご紹介します。

スポンサーリンク




法事の食事代は1万円とみるのが一般的

同じ仏事でも、葬儀と法事ではお香典のとらえ方が少し変わります。
葬儀は故人との関係性でお香典の金額が決まるもの。

親戚から友人、会社関係、ご近所さんと幅が広い。
なので、その分金額も細かく分かれます。
ご近所さんなら3千円なんて地域も多いのではないでしょうか。

しかし、法事は参列者が限られてきます。
葬儀と違って、故人に近い招かれた人だけが出席するもの。
親戚、または特に縁の深い友人など。
なので、お香典は1万円以上になります。


法事の食事代の相場は1万円

法要後の会食まで招かれている場合。
お香典以外に食事代を一緒に包むのがマナーです。

一般的な斎場での会食の相場は5千円〜1万円。
なので、お香典+1万円と考えるのが一般的な傾向です。

法事のお香典の相場

親…3万円〜10万円
親族…1万円〜5万円
親しかった友人…1万円〜5万円
友人…1万円〜3万円
兄弟や姉妹なら3万円〜5万円。
同じ二親等でも祖父母、三親等の叔父叔母は1万円〜3万円

夫婦や家族で招待されているなら、1人5千円から1万円で食事代を計算してください。
3人家族なら食事代5千円だとキリが悪いので◯万円となるように調整しましょう。

ただし、4は死、9は苦を思わせる忌数字なので避けること。

お香典の相場は、故人との関係や地域で変わるので幅を持たせました。

主に20代は1万円、30代は3万円、40代は5万円が目安と言われています。
決めた金額に食事代の1万円を上乗せするようにしてくださいね。
しかし、本当に仏事には地域によって違いがあります。

わからない、または心配な場合は…。
法事に参列する自分と身分が近い人に聞くのもあり。

会食の場所が斎場ではなくても、食事をいただくのなら食事代を包みましょう。
自宅でケータリングや手料理を振舞われることもあるでしょう。
自宅に招待で食事代1万円は多すぎ?なんて思ってしまいますよね。

その気持ち、とても良くわかります。
そこは招いていただいたお礼の気持ちと、故人への供養と思って気持ちよく渡したいもの。

スポンサーリンク




選ぶべきのし袋と表書きの書き方

のし袋は不祝儀袋を用意します。
水引が黒白、または銀白、銀と銀のものを選んでください。
表書きは御仏前、または御香典です。

四十九日法要からは御霊前は使わないので気をつけましょう。

表書きは水引の上の真ん中に書きます。
しかし、今は印刷されたのし紙がついていることがほとんど。
そちらを利用してもOK。

水引の下の真ん中に名前をフルネームで書きます。
夫婦なら真ん中に夫の名前を。
その左横に妻の名前を書きましょう。

連名の場合。
3人までなら連名でも大丈夫です。
右から年齢の高い順、または故人と関係が深い順に書くようにしてください。
人数が多い場合は、代表者1名の名前を書いて他◯名、◯◯一同など。

表書きを書く時、マジックやボールペンは避けましょう。
筆ペンなど便利なものがあるので利用してもいいですね。

普通の黒色と薄墨色(うすずみ)の2種類があり、不祝儀袋には薄墨色を使います。
涙で文字が曇るという意味だそう。
黒の筆ペンと一緒に1本は持っていたい。



お香典に合わせてのし袋を選びましょう

のし袋は封筒で水引が印刷されているもの、中袋付きの包むタイプの2種類あります。
包むタイプは水引が外せて、中の封筒にお金を入れて包み直します。

どちらを使うかは入れる金額によって変わってきます。
お香典が5千円など千円単位なら印刷タイプ、1万円以上なら包むタイプにしましょう。
金額にあったのし袋を選ぶこともマナーです。

お祝い事には新札を使うことが良しとされていますよね。
逆に仏事には向きません。

かといって、あまりにも使い古したお札もどうかと…。
シミなどあったらかえって失礼。
新札ではない普通のお札を用意しましょう。
今は昔ほどこだわらない風潮ですが、覚えておきたいですね。



法事の食事代に相場は?【まとめ】

法事でのお香典の相場は1万円から。
故人との関係や自分の年齢などから金額を決めましょう。

会食がある場合、食事代1万円をお香典と一緒に包むことを忘れずに。

しかしこのお香典、地域によって考え方がかなり違います。
私の住む地域は食事代のみを包んで、それをお香典にするという風習。
それが当たり前だと思っていた若かりし頃…。
別の地域の法事の席でえらい恥をかいたことがあります。

なので、相談できる人がいたら聞いてみることも大事。

不祝儀袋は包む金額に合わせて選びましょう。
これも恥をかきやすいポイントです。

しかし、失敗を重ねて経験を積むことも人生において大切なこと。
故人を偲ぶ気持ちが何よりです。
最低限のマナーを守ればたいていのことはのりきれますよ!