敬老の日のプレゼント【施設スタッフの手作りのアイディア】5選

敬老の日は介護施設で働く人にとっては忙しい一日になります。メッセージカードや手作りプレゼントの用意に追われることもあるでしょう。


何かイベントをするという施設も多いです。


特別な献立や、歌の出し物は高齢者からの評判も良いですね。


誰もが知る昭和の名曲や童謡、また、氷川きよしの『ずんどこ節』や松平健の『マツケンサンバ』といった楽しくなる楽曲も人気です。


イベントの企画運営は結構大変の上、プレゼントも準備しないといけません。しかし、入居者が多い施設だと、予算や手作りする時間が膨大になってしまいます。


そこで、今回は手軽に作れるプレゼントのアイディアをまとめました。きっと参考になると思います。どうぞご覧ください!


スポンサーリンク





ビーズのストラップ【施設スタッフが贈る敬老の日プレゼントアイディア1】

携帯電話を持つお年寄りも多くなりました。


中でもガラケーを使っている方に、ストラップは良いプレゼントになります。家族から携帯を持たされたものの、アクセサリーは一切つけていないという方も多いからです。


ストラップは落下防止や、誰の物かを示すタグといった利便性があると同時に、お洒落なワンポイントにもなります。


気に入ってもらえば、携帯と一緒に大事にしてもらえるはずですよ。


材料に使うビーズはハンドメイドアクセサリーの定番素材ですが、手作りストラップにもぴったりです。紐に通して留めるだけで簡単に綺麗になるので、時間やコストを掛けずにプレゼントが用意できますよ。

スポンサーリンク




名前入りキ-ホルダー【施設スタッフが贈る敬老の日プレゼントアイディア2】

プラバンを使って作る名前入りのキーホルダーもおすすめです。多くの入居者が集まる施設だからこそ、実用的でしょう。


談話室の落とし物の心配もこれでなくなります!

単に名前を書くだけでは味気ないので、相手の好みに合わせてアレンジしてあげるといいでしょう。「好きな色の画用紙を裏紙にする」「相手の好きな物のイラストやシールを添える」といった工夫で、プレゼントとしての質はぐっと高まります。


オリジナル小物入れ【施設スタッフが贈る敬老の日プレゼントアイディア3】

牛乳パックなどを利用して、ペン立てやメガネ入れを作るのは人気の手作りプレゼントです。


小さな園児たちもこうしたプレゼントを作りますが、施設職員が作るのであればワンランク上のものを目指してみてはいかがでしょうか。


といっても難しいことはありません。


園児が画用紙やクレヨンを使うのに対し、大人の工作には西陣織の模様の折り紙や、マスキングテープ、手芸用の布などを使います。


素材を変えるだけでも、シンプルな手作りプレゼントの見栄えはずいぶんと変わるでしょう。子どもの工作とは一味違う仕上がりが目標です。

スポンサーリンク




フラワーアレンジメント【施設スタッフが贈る敬老の日プレゼントアイディア4】

造花を使ったフラワーアレンジメントもおすすめです。部屋に飾れば目の保養になります。


生花と違って枯れたり、世話をする必要もないので高齢者へのプレゼントにぴったりですね。


フラワーアレンジメントは難しいイメージがするかもしれませんが、100円均一ショップの材料だけでも充分立派なものが出来ますよ。




アレンジの方法はいろいろあるため、身近な物を材料に活かせないか探してみると良いでしょう。




フォトフレーム【施設スタッフが贈る敬老の日プレゼントアイディア5】

定番ですが、写真は長く愛されるプレゼントです。フォトフレームは100円均一ショップで充分お洒落なものが手に入るため、あとは写真を用意するだけで済みます。

  • スマホの写真をプリンターで印刷する。
  • 敢えてフィルムカメラで撮影する。
  • 複数の写真ではがきサイズのシャッフルプリントを作る。

好みの方法でプレゼント用の写真を用意しましょう!




【まとめ】 敬老の日のプレゼント【施設スタッフの手作りのアイディア】5選

以上、敬老の日に施設の高齢者に贈る手作りプレゼントのアイディアをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。


ちょっとしたアレンジや工夫で、何気ないプレゼントがグッと魅力的になることは多くあります。ひとりひとりの好みに合わせたささいな工夫が、手作りプレゼントの一番のポイントです。


敬老の日を良い気分で過ごしてもらえると、プレゼントを贈る側としても嬉しいですね!この記事がお役に立てば嬉しく思います!


ページの先頭へ