敬老の日はお年寄りを敬う日として、国民の祝日になっています。人によっては、おじいちゃん・おばあちゃんにプレゼントを用意しますが、そういった習慣がない家庭もありますよね。母の日などに比べて、スルーしてしまう人も少なくありません。




そこで気になるのが 「敬老の日に何もしないのはありなのか?」ということ。世間的にはどうなのか?またおじいちゃん・おばあちゃんに対して失礼にあたるのか心配です。

今回はそんな敬老の日のお祝いについて、世間一般の考えを調べてまとめました!ぜひ、参考にしてください!

スポンサーリンク




敬老の日に何もしないのはあり?

調べてみると敬老の日に何もしないという人も珍しくありません。もともとプレゼントやお祝い事は滅多にしないという家庭に育った人も少なくないからです。ある調査によると敬老の日にプレゼントを用意する人は3割程度しかいませんでした。


ただし、だからといって「何もしなくてもよい」と決めつけてしまうのは早計でしょう。敬老の日の主役はおじいちゃん・おばあちゃんだからです。


人によりますが、敬老の日のお祝いがないことを、不快に思うお年寄りもいます。口には出さなくても、寂しく感じている人もいます。あくまでも、おじいちゃん・おばあちゃんがどう感じるのかを考える必要があります。

スポンサーリンク




敬老の日に何もしないと怒られる?

中にはお祝いを何もしないと怒られるという話もあります。例えば、孫から敬老の日のお祝いが何もないことを「教育がなってない」と母親に文句を言う場合などです。


こういったシチュエーションに関しては、敬老の日を迎える前に夫婦できちんと相談しておけば防げるかもしれません。また、自身が孫の立場であれば、両親に相談してみるのもいいです。


しかし、反対に、何か特別なプレゼントを用意することで、腹を立てるお年寄りがいることも事実です。年寄り扱いを「失礼だ!」と感じ、嫌うおじいちゃん・おばあちゃんは結構います。


敬老の日のお祝いは高齢者ひとりひとりに合わせて、行うのが良いです。お祝いは相手が喜んでこそ行う価値があります。



ちょっとしたお祝いをする場合の注意点

仮に何か贈り物をするという場合も、マナー違反となるものがあるので注意が必要です。代表的なものは「お茶」です。


香典返しで贈られることが多いものなので、敬老の日は別のものを贈ったほうが無難です。また、靴下なども「相手を下に見ている」ようなイメージを与えてしまうのでやめておいたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク




敬老の日にできる手軽なお祝い

贈り物として一番無難なのは、花です。花屋さんに相談すれば、値段に合わせて見繕ってくれるので手軽に用意できます。



また、食事に誘うというのも良いでしょう。特別なものを贈らなくても、美味しい食べ物と、子や孫との会話があれば十分なプレゼントになります。

遠方で会うのが難しいという場合は、お祝いの電話を入れるだけでも良いでしょう。直接会えないことを詫びつつ、お祝いの言葉を述べるだけでも何もしないのとは大きく違います。

また、プレゼントは毎年用意しないという手もあります。毎年の敬老の日は特別なお祝いをしなくても、還暦(60歳)や緑寿(66歳)の年はお祝いをするという方法もあるからです。




敬老の日に何もしないのはあり?【まとめ】

以上、敬老の日に何もしないことについて記事をまとめましたが、いかがでしょうか。

基本的には、何もしないことは失礼やマナー違反とならないと考える方が多いです。


ただし、おじいちゃん・おばあちゃんによっては子や孫と触れ合う機会として楽しみにしている人もいます。そうした気持ちを汲んであげると良いでしょう。

電話一本お祝いの言葉を告げるだけでも喜んでくれるお年寄りも大勢います。もし、何もしなくいことに罪悪感を覚えるようなら、ささやかな気遣いをおじいちゃん・おばあちゃんにしてあげてはいかがでしょうか?

この記事がお役に立てば幸いです!