敬老の日のお祝いに食事をご馳走するという御家庭は多いでしょう。美味しい食べ物に会話が弾めば文句なしですね!

しかし、おじいちゃん・おばあちゃんとの外食には気を付けておきたいポイントがあります。



この記事では敬老の日のお祝いの外食のお店の選び方をまとめました。素敵な敬老の日を過ごすためにも、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク




敬老の日のお店選びのポイント3つ

ポイント1:個室がある

家族でのお祝いということで、個室が使えるお店が良いでしょう。個室であれば他のお客さんを気にせずゆっくりと食事を楽しめます。

部屋が区切られていないデメリットは落ち着かないことだけではありません。会話が聞き取りにくくなるのが問題です。



おじいちゃん・おばあちゃんには耳が遠くなっている方も多いでしょう。そのため、周りのお客さんの声に会話がかき消されてしまう恐れがあります。

また、声が届きにくい場所では、大きな声で喋らなければいけません。話しかけるほうも大変ですが、それに応えるおじいちゃん・おばあちゃんもしんどいです。

このため、敬老の日の外食は個室のあるお店を選ぶのが第一でしょう。




ポイント2:和食中心のメニュー

敬老の日のお祝いであれば和食中心のメニューが良いでしょう。普段食べているものに合わせるのがいいですが、和食であれば食べなれているお年寄りが多く、体に優しいメニューが並びます。

大手チェーンの大戸屋にはお年寄りのお客さんも多く見かけますが、やはり日本人には日本食が安心できるのでしょう。フレンチのコース料理などは食べなれていなくて疲れてしまうかもしれません。

もちろん、中には肉が食べたいというお年寄りもいるでしょう。敬老の日の主役であるおじいちゃん・おばあちゃんの希望をうかがっておくのも大事ですね。

料理のジャンルに迷うのであれば、近所で評判の創作料理店を選ぶのもいいかもしれません。


ポイント3:トイレが使い易い

トイレが使い易いか知っておきましょう。見落としがちですが、トイレが狭くて使いにくいというのはお年寄りに深刻な問題です。

一般的にお年寄りはトイレが近い傾向があります。食事で会話が弾めばトイレに行く機会もあるでしょう。下のことを気にして外出や食事を楽しめないお年寄りもいます。そういったことも考えてお店を選んでくださいね。

スポンサーリンク




敬老の日のレストランは、どんなお店がいいのか

1:お寿司

日本のお祝いの食事といったらお寿司が定番です。

普段は回転寿司というご家庭も、敬老の日のお祝いにお座敷でお寿司を食べてみてはいかがでしょうか。客層も落ち着いている店が多いのでゆっくりと食事を楽しめるはずです。


2:懐石料理

和食を個室で食べるといったらまず、浮かぶのが懐石料理でしょう。
湯豆腐やふぐなど、純和風なおしながきを楽しんでください。


3:しゃぶしゃぶ

お肉が食べたいという方にはしゃぶしゃぶがおすすめです。



しゃぶしゃぶの専門店の多くは個室が利用できるので安心です。食べ放題のお店もありますが、お祝いの外食であればワンランク上のお店を選んだほうが落ち着けます。


4:蕎麦

お蕎麦屋さんの中には、個室を用意した上品なお店があります。美味しい天ぷらも楽しめるので、子供からお年寄りまで満足できますよ。



5:創作料理

創作料理を出すお店では新しいアイディアの料理を楽しむことができます。長年生きてきたおじいちゃん・おばあちゃんでも驚くような料理が出てくるかもしれません。ただし、お店によって雰囲気がずいぶん違うのでしっかり下見しておきましょう。

スポンサーリンク




敬老の日の外食【まとめ】

以上、敬老の日の外食についてまとめました。

敬老の日の外食に関する一般的な意見を調べてみると、やはり「落ち着いて食事ができる場所」というのが一番のようです。おじいちゃん・おばあちゃんに負担はかけたくないから当然ですよね。

おじいちゃん・おばあちゃんの希望を聞いたら、近くに良い店がないか探してみましょう。余裕があれば下見をしておくといいですね。この記事がお役に立てば幸いです。