数ある祝日の中でお年寄りを敬う日として一般的に広く知られているのは敬老の日ですが、老人の日があることをご存知でしたか?017年度の敬老の日は9月の3週目の月曜日、つまり9月18日(月)、老人の日は9月15日(金)に設定されています。

2001年の祝日改正法等によって祝日の一部は第3週目の月曜日に変更されたのですが、この老人の日っていうのは一体どんな日として定められているのでしょうか?

そもそも老人の日ってあまりメジャーではありませんよね…
一体、敬老の日と老人の日はどのような違いがあるのでしょうか。

今回は混同されそうなネーミングの2つの日の違いについてリサーチしていきたいと思いますので是非最後までお付き合い下さい。
それではいってみましょう!




老人の日が設定された背景

兵庫県多可郡野間谷村(後に八千代町を経て現在の多可町八千代区)で1947年(昭和22年)に村主催の敬老会を開いたことが始まりと言われています。


その後、1950年(昭和25年)、9月15日を「としよりの日」としようとする敬老・福祉の県民運動が開始。
1951年(昭和26年)、中央社会福祉協議会が全国運動を提唱し、9月15日から21日までの1週間を運動週間として制定されました。



この週間の意義として「老人を敬い慰め、励ますとともに、老人福祉に対する国民的理解を促進し、老人自身もまたその立場を自覚し、新しい社会建設に参加する」というのを念頭に活動を促したのです。

スポンサーリンク






としよりの日のその後

「としよりの日」は後に「老人の日」に改名されました。


更にその後1966年 (昭和41年)に国民の祝日としての「敬老の日」になったのです。
2001年 (平成13年)の老人福祉法の改正によって9月15日が「老人の日」、同月21日までの1週間が「老人週間」と定められました。


余談ですが『シルバーウィーク』と呼ばれるものですが、老人週間(老人…シルバー、週間…ウィーク)の別名と勘違いされがちですが、実は敬老の日には関係ありません。



これは春のゴールデンウィークと対比での秋のシルバーウィークとしたもので、あまり浸透しなかったようですね…
2015年は5連休でしたが、次の大型シルバーウィークは2026年になってしまうそうです。



敬老の日と老人の日の違いは?

さて、本題の敬老の日と老人の日の違いは?ということですが、実は答えの一部はここまでに出ています。


敬老の日は『国民の祝日に関する法律』で制定されており、老人の日は『老人福祉法』で制定されていることから、祝日としての敬老の日(以前は老人の日)と福祉目的としての老人の日があるということから管轄する場所に違いがあるというのが答えとなりそうです!


また老人の日が敬老の日に名前が変化したというのも注目すべき点で、流れ的には『としよりの日』→『老人の日』→『敬老の日』になります。


その後の祝日改正法の制定によって敬老の日が9月の第3週目の月曜日に設定されたことで、元々の9月15日の「としよりの日」だったところを老人福祉法としての「老人の日」にして、別の法律によって定めたことで落ち着いようですね。



まとめ

如何だったでしょうか?
老人の日と敬老の日の違いについて分かって頂けましたでしょうか??


敬老の日には「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し,その長寿を祝う日」という意味が込められています。


元よりこの敬老の日の発端になった兵庫県多可郡野間谷村の敬老会も、農作業の落ち着いた時期に年長者のこれまでに培ってきた知識と経験を教えてもらう場所、として開催したものです。


論語の有名な故事成語に『温故知新』という言葉がありますが、まさにこの会こそこの言葉にピッタリではないでしょうか?
古いことを研究して、そこから新しい道理や知識を発見する、と意味ですがこの敬老の日の趣旨に近しいものだと思いました。


言葉にして老人と言ってしまうと色んなところで角が立ってしまいますが、今年の敬老の日には身の回りの近しい年長者の方々、例えばご自身の祖父母、親戚の方等に昔の話を聞くきっかけにしてしてみては如何でしょうか。


また、近年は高齢社会に突入しており、自身の今後のことも考えると現在の社会システムは足りないところも沢山あると思うので、今後高齢者の方が過ごしやすい社会を考えるきっかけにもなったらいいですね!それでは!