敬老の日におじいちゃん・おばあちゃんのお祝いをしようと考える人は多いですが、忘れてしまうという人も多いですね。



誕生日などと違って、忘れてたと言われることが多い敬老の日ですが、その場合、お祝いは遅れても大丈夫なのでしょうか?

今回は『敬老の日を忘れてた場合にお祝いは遅れてもOK?使える言い訳ご紹介』と題して、忘れてしまった敬老の日のお祝いの対処法と言い訳をまとめました!

スポンサーリンク





敬老のを忘れてた!プレゼントは遅れてもOK?

敬老の日のお祝いが遅れてしまうことを気にする人も多いですが、一般的にはそれほど気に病む必要はないはずです。

誰でも、記念日を忘れてしまうというのは気が引けます。誕生日や結婚記念日を忘れたことがきっかけで、ケンカをするカップルや夫婦も多いでしょう。できることなら記念日は忘れないにこしたことはありません。

ただし、どんな記念日も同じように重要かと言うと、実際にはそうでもありません。一般的には誕生日やクリスマス、母の日などは多くの人がお祝いしますが、誰もが絶対にお祝いしているわけでもありません。

クリスマスは祝わないという家庭は当然多くありますし、母の日がテレビやコンビニでイベントとして取り上げられていても、特に何もしないという人は多くいます。

敬老の日も同じく、家庭によっては毎年かかさずお祝いするところもあれば、特に何もしないという家庭も珍しくありません。

二世帯住宅などに住んでいる人であれば、おじいちゃん・おばあちゃんと日常的に会えますが、離れて暮らしている場合は気軽に会いに行く時間も作りにくいからです。

そういった事情を考えると、敬老の日に遅れてしまうこと自体はそれほど責められることもないでしょう。むしろ、お祝いしたい気持ちがあるなら、遅れてでもお祝いの言葉やプレゼントを贈ってOKです。

スポンサーリンク





敬老の日を忘れてた場合の言い訳

ただ、遅れて渡す場合は言い訳のひとつも考えたくなります。そこで、以下のような言い訳を添えてみてはいかがでしょうか?

言い訳1:直接渡したかったから遅れてしまった。

もっともらしい言い訳です。うっかり忘れていたとしても、1週間くらいまでは、この言い訳で通せるはずです。「仕事の都合や、急な野暮用が重なって」と言えば恰好は付きます。

ただし、この言い訳を使うからには直接会って渡す必要があります。忘れてたから急いでプレゼントを用意したけど、本当に忙しくなって会いに行く時間がなくなってしまっては、お祝いの機会を逃すばかりです。

下手に言い訳を考えずに、「遅れてごめん」と一言添えてお祝いのメッセージやプレゼントをささっと用意した方がいいかもしれません。



言い訳2:通販で頼んだものが届かなかった

通販で頼んだものがなかなか届かなかったという言い訳も使えます。最近はネットショッピングでプレゼントを用意することも当然のようになっています。

届かないことは滅多にありませんが、販売店側の手違いや、交通規制による影響などで、遅れる可能性もありえます。

遅れてしまって気が引ける場合は通販を理由に言い訳するのもひとつの手です。



言い訳3:素直に謝る

下手な言い訳は後ろめたさの裏返しなので、素直に謝ってしまったほうが気が楽かもしれません。「忘れてた。ごめん」と言うのはストレート過ぎるかもしれないので、遅れたことに対して謝るといいでしょう。

スポンサーリンク




敬老の日を忘れてた【まとめ】

以上、敬老の日を忘れてた場合の言い訳についてまとめてみましたが、いかがでしょうか?

敬老の日は誕生日などと違って忘れ勝ちな記念日のひとつです。しかし、敬老の日を強く意識しているお年寄りはそれほど多くはないでしょう。それよりも、ひとりひとりの誕生日などを忘れずに覚えておくほうが喜ばれるはずです。

敬老の日は「いつ」「なにを」という内容よりも、お祝いする気持ちが大事です。ちょっとしたメッセージや会話でも喜ぶおじいちゃん・おばあちゃんはたくさんます。

少し遅れてもお年寄りが喜んでくれることをイメージして、お祝いをしてあげましょう!