タッションタッション

レゴランド名古屋!今年オープンしたばかりのレゴランド名古屋の口コミや評判についてリサーチをお願いするよー。

いや~。レゴランド・・・まとめサイトとか見ていると「値段が高すぎ」とか「ショボイ!」とか「(お客さんが入らないから)早々に割引し過ぎ」とか、結構ヒドイ事書かれていますww

私、タッションはまだレゴランドに行った事が無いのでまとめサイトに書かれている内容が嘘か本当なのか分からないので、はるさんに調査をお願いしました!!!



2017年4月1日、名古屋市にオープンしたレゴランドジャパン。ブロック玩具「レゴ」で彩られた国内初の屋外型テーマパークで、TDRやUSJに次ぐテーマパークとして期待されています。

約40のアトラクションを備え日本上陸したレゴランドジャパンですが、オープン以降聞こえてくるのは「高い」や「狭い」など悪い口コミや評判が中心。レゴランド側も入場者の批判を受けて日々改善していっているようです。

レゴランドはどんなテーマパークなのか?気になる最新のレゴランド情報を大公開!



レゴランドの良い評判や口コミは?



https://twitter.com/o5r6SbX8ufEMdhj/status/898018007460356096





レゴランドへの持ち込みってどうなの?再入場は?

レゴランドは飲食物の持ち込みは原則不可ですが、最新の情報では水筒の持ち込みはOKとなっています。お弁当やお菓子、アルコール、ビン・缶類の飲み物はだめなようですね。


ちなに離乳食は持ち込んでよいようです。子どもに優しい!
アレルギーの方は例外的に飲食物の持ち込みOKです。


レゴランドは再入場不可です。誤解が多いですが、年間パスポートを持っていれば再入場できますよ。
レゴランドもTDRのように1DAYチケットも再入場できるようになればいいですね。


スポンサーリンク






レゴランドの悪い評判や口コミは?

https://twitter.com/Ast_Istvan/status/894802102223896576







レゴランドは「狭い」?


「狭いわりに入場料が高い」と言われているレゴランド。実際のところはどうなんでしょうか。レゴランドは東京ドーム2.5個分にあたる9.3ヘクタールの敷地に40以上のアトラクションがあります。


TDRは51ヘクタール、USJは54ヘクタールと約5倍ですので狭く感じるのもたしかに無理はないかもしれません。


入場者の評判や口コミを受け止めたのか、レゴランドジャパンの運営会社は敷地を現在の1.4倍の13ヘクタールに拡張しアトラクションも増やす方針のようです。


レゴランド側も、広くして集客力を高めようとしているのですね。
また、2018年にはホテルと水族館「シーライフ」もできるようです。進化中ですねレゴランド!


しかし、キッズテーマパークとしてはスムーズにまわれるためこのくらいの広さがちょうどいいという意見もあるようです。子供連れにピッタリという口コミも。
一日で全アトラクションを制覇はできないくらいの、これはこれでちょうどいい広さと捉えることもできます。



レゴランド、閉演早すぎ?

レゴランドの閉演時間は休日19時、平日17時です。


たしかにこの時間では夜のショーもできませんし、TDRやUSJと比べると早いと感じるでしょう。
しかしこれについても、子どもの生活習慣を崩さないというプラスな評価もあるようです。


ちなみにレゴランド側は将来的に夜の営業もできるよう、照明設備の整備などはしている模様。
レゴランドはどういう方向で落ち着くのでしょうか。



レゴランドへのアクセスが不便?立地が悪い?


レゴランドのアクセスはこちら



レゴランドはなぜ金城ふ頭にあるの?といった声は上がっているようです。しかし、ここアクセスは悪くないんです!


電車だと名古屋駅から20分前後、車では伊勢湾岸自動車道の名港中央ICを降りてすぐ。専用の駐車場はありませんが、十分な台数が停められるようです。
そもそもテーマパークは都市の中心部にはなかなかないですし、場所は問題ないでしょう。



レゴランドの遊びかた

レゴランドはアトラクションも子ども向け。いわゆる絶叫マシンのようなスリル・スピードを重視したアトラクションはありません。
アトラクション自体の時間が短いのも特徴です。


各アトラクションの乗り場の近くにはベビーカー置き場が設置されていてやはり子どもに優しいですね。


待ち時間も少なく、目玉の「サブマリン。アドベンチャー」で5分くらい、他は1、2分との口コミも。
並ぶ時間が少ないのは子どもにとっては最高ですね!親にとっても楽だと評判です。


レゴランドの見どころですが、アトラクションはもちろん、なんといってもいたるところにあるレゴ!
並ばなくても入れる場所や遊べる場所が各所にあるという嬉しい口コミも。子どもたちは常に楽しめますね。


アトラクションの並んで待つスペースにも自由に遊べるレゴブロックがあり、子供が飽きないよう工夫されています。
レゴブロックの数や種類的にも、日常では無理なレゴ遊びができると評判です!



まとめ

飲食物の持ち込みや再入場、敷地の狭さや閉演の早さなど批判が相次いでいるレゴランドですが、子ども向けのテーマパークとしてみるとプラス面も多々あるようです。


運営会社も入場者の批判を受け止め改善してきていることから、遊びに行く際は最新の情報をチェックする必要がありそうですね。


個人的にはTDRやUSJとはまた違う、待たなくても遊べる「キッズ向け」大型テーマパークが名古屋にできたのではないかと期待しています。2018年にはホテルや水族館ができるようですから、レゴランドで存分に遊びたいなら今がチャンスかもしれません!