お正月に会えなかった子のために、お年玉を現金書留で送った事はありますか?



私は送った事はありませんが、お年玉をあげる相手が遠くに住んでいたり、どちらかの都合で会えなかったら、そんな選択肢もあったのでしょうね。

そんな特、『あげない』選択もあると思いますが、年に一度のお年玉、あげないという選択は寂しいです。 ここでは現金書留で『あげる』前提で考えたいと思います。

こういう方法もあったんだと、この年まで知らなかったことが恥ずかしかったです。
私みたいに知らなかった人のために、いろいろ調べてみました。


スポンサーリンク




お年玉は現金書留で送れるのか?

普通の封筒で現金を送ることは法律違反です。お年玉は通常「現金」ですから普通郵便では送れません。

私は、普通の封筒に金額分の切手を入れて送った事がありますが、お年玉でそれをしたら寂しいですよね。

それではどうする?
現金書留で送ればいいのです。

現金書留の封筒はちょっと大きいので、それこそぽち袋も入ります。
もちろん、手紙同封もOK。


会えなかった姪っ子?甥っ子?に、『来年こそは会おうね』みたいな気持ちがいっぱい詰まった手紙を添えて、可愛いぽち袋にお年玉をつめて現金書留で送ったら、喜んでくれるでしょうね。

スポンサーリンク




現金書留でのお年玉の送り方

普通に現金を現金書留で送るように、送ればいいのです。
特に、お年玉用なんていうのはありません。

最近はお金を送るのは、銀行からの振込みを利用するのが一般的なので、現金書留を利用するのは始めてなんていう人もいるでしょうね。
現金書留を送るための料金は、こちらから。
5000円・10000円のお年玉だと、1通512円で相手方に届きます。

現金書留用の封筒は21円です。
両方で533円です。

思ったより、安上がりなのでは?
郵便局の書留が出ているサイトもご覧になってください。


お祝いに使えるということが出ていますね。
普通郵便は日曜祭日は休みですが、現金書留は日曜祭日でも届けてくれるのですね。

スポンサーリンク




現金書留でお年玉を送る際の注意点

現金書留と言うのはご存知のように、郵便やさんから相手に直接手渡しです。
お金が入っているものですから、郵便局としても『ミス』は絶対に避けないといけません。


ポストに直接入ってしまうものはだめです。
だからと言って、手渡しのレターパックで送るのもいけません。

よく、詐欺で注意されているので、ご存知の方も多いと思いますが、お年玉を送るのもだめです。
現金書留は『保証』されていますが、レターパックをはじめとするものはその『保証』がありません。
現金を送れないのは、それででしょうね。

何かあった時は、自己責任ということでしょう。
他に、現金書留の封筒利用は蓋の使い方などちょっと面倒なところがありますので、分からなかったら郵便局の局員に聞きましょう。


ちょっと面倒くさいですが、面倒くさがらずに現金書留を利用しましょう。
そして、現金書留は銀行ではなく郵便局です。

お間違いのないように。

スポンサーリンク




お年玉を現金書留で送る方法【まとめ】

お正月に直接会えずに、送るという方法の中ではやはり現金書留が一番いいのでしょうね。
調べてみると、現金書留でお年玉を送る人って、結構多い感じですね。

貰う相手だって、『今年はもらえないかも・・・』って思っていたものがもらえたら嬉しいでしょうね。
ただ、我が子の場合にはやはり直接会って手渡しをしたいです。

現金書留の場合、届ける日にち指定も出来るようですので、元日に着くようどうか日にち指定をしてあげてください。
喜ぶ顔は見えなくとも、気持ちは通じます。


お正月って、『また一つ年をとっちゃった』って感じるだけではなく、子供たちの喜びを一緒に感じるいい時ですよね。
寒い冬、暖房などで物理的に暖かくなるだけではなく、心の中から暖かくなりたいですね。