お正月は大抵の小学生、中学生は冬休みかと思います。冬休みといえば、作文の宿題が出ることも珍しくありません。


旅行、帰省となにかと日常と異なることをしやすいお正月は小学生、中学生の作文の題材にもってこいですし、もし可能であれば題材にしやすいよう過ごし方を工夫したいですよね。




今回は小学生中学生がお正月を作文の題材にする場合のポイントやおすすめの過ごし方をご紹介します。


もしお正月の予定をこれから立てるという、小学生・中学生の親御さんはこちらの記事を参考に、子供の作文の題材となるようなお正月の過ごし方を準備してみましょう。


スポンサーリンク





小学生の作文ならお正月の思い出をまとめれば充分

小学生の作文の宿題であれば、お正月の出来事をまとめれば充分です。お正月の旅行、帰省、初詣などお正月ならではの出来事を書けば良いです。


親御さんは可能であれば題材としやすいようおでかけや帰省をしたり、もし自宅でお正月ならではのことを子供と一緒にやるなど、なにかしらネタになることをしてあげるといいです。




まず、親戚のうちに遊びに行ったり、田舎に帰省するような予定がある人はそれで充分だとおもいます。できればその間に一緒に初詣にいったり、親戚や祖父母とお出掛けしたりと、お正月だからこそできることをしてあげるともっと良いです。


お出かけをしない場合は?

もし、あまりこの年末年始はお出かけをしない、家で過ごすという場合は、お正月ならではのことを子供と一緒にしてあげましょう。


おせちを一緒に作ったり、現代ではなかなかやらなくなってしまった、羽子板などお正月ならではの遊びに挑戦するのもいいでしょう。一緒に「正式な初詣のやり方や風習・意味合い」などを調べて実践してみるというのも面白いでしょう。


よほどレベルの高い作文を目指しているというのであればあとは書き方を工夫していく必要がありますが、一般的な小学生の作文の宿題ということであれば、こうした経験や思い出を文にまとめれば、上出来な作文が仕上がるでしょう。

スポンサーリンク





中学生の宿題作文なら一工夫を入れると尚良し

中学生の作文の場合でも、思い出や経験を書くだけで少なくとも宿題としては成立するのが普通だと思いますので、基本的にはお正月にやったこと、行ったところ、出来事をまとめればまずは大丈夫です。


もし余裕がある場合、ワンランク上を目指す場合は、ただ出来事をまとめるより、お正月について自分なりに感じたことや考え方にクローズアップするのもいいです。




もし題材が「思い出」でなくともいいのであれば、初詣への経験を交えながら、初詣の由来や起源なんかに触れるのもいいですね。


敢えて近所ではなく普段いかない神社にお参りに行って、普段の神社との比較や神様の違いなんかをまとめても、とてもおもしろい作文にしあがります。


実はお正月な日本古来の風習や、地域の風習が数多く残っているタイミングですので、そうした部分にスポットを当てて自分なりに調べさせたり、もし実践可能であれば実践してみたりして、その経験や気づきを作文にすると、周りの「思い出作文」とは一線を画す一味違う作文を作ることができるでしょう。


スポンサーリンク




お正月に作文の宿題【まとめ】

このように、中学生の冬休みの宿題の作文でもお正月は題材にしやすいイベントだといえます。


作文の宿題は小学生でも、中学生でもつい書くことが思い付かなくて時間がかかってしまいがちですが、まずはお正月になにかしら経験をして、それをもとに文章にまとめてみるといいです。親御さんは是非、気軽なものでいいので、日常とは違う「お正月ならでは」を経験させてあげましょう。


特に冬休みは地域によっては非常に短いので、「油断すると」何も題材がないまま過ぎて行ってしまう可能性もありますので、子供自身はもちろんですが、親御さんも冬休みを「何もなしに」過ぎ去らせてしまうことのないように注意してあげるといいです。その点「年一回で日本独特の風習が多く残るお正月」は題材にするうえで非常に有力ですので、この機会を逃さないようにしましょう。