結婚している方の場合、たとえ共働きであっても大晦日夫婦共におやすみという場合が多いです。いくら夫婦でも、こんなに長期間ずっと一緒にいることはなかなかありません。


もちろん仲良く楽しく年末年始を過ごせればいいですが、あまりに長期間一緒にいると、ついいらいらしたりして、些細なことで喧嘩になってしまうこともあります。




もちろん年末年始は一緒にいるという夫婦が多いですが、最近は喧嘩を避けるためにあえて夫婦別々に過ごすという選択をする人も多くなってきています。


一緒に過ごすか、敢えて夫婦別々に過ごすか、ここは各々の考え方や距離感によるでしょうが、今回は両パターンのおすすめの過ごし方を紹介します。


スポンサーリンク






夫婦一緒に大晦日を過ごす場合

実家に帰省する

夫婦一緒に過ごす場合、まず最も多いのは「どちらか、もしくは両方の実家に帰省する」という選択になるでしょう。休みが充分あって、なおかつさほど距離がないのであれば、両実家に顔を出しておくのが面倒にはならないです。


バランスもとれますし、片方の実家に長くいる必要がないため、どちらかだけがストレスがたまるということも避けられます。


難しい場合はどちらかの実家に、となりますが、長期間の休暇なのでより普段はいきづらい遠方の先を優先するのが良いです。あとは夫婦間の相談なります。


一方に帰省した場合、義理の娘、息子にあたる側は過ごしづらい思いをすることも多いです。これが喧嘩の原因にもなったりするわけです。この解決案としては、帰省をただ実家で過ごすだけにとどめず、「旅行感覚」で楽しめるよう過ごし方を工夫しましょう。


実家に行くついでに、周辺の観光地に行ったり、なかなか食べられない名物を食べたりといったイベント的な予定を挟むことで、帰省のストレスは幾分緩和されます。北国や山間部の場合は是非スキーをおススメします。普段なかなかできないですし、気分転換にもなります。そして長時間実家からおでかけする口実にもなります。


「せっかくの帰省なのに全然実家いない」とならないように特に実の子供側はしっかり親にも配慮しながら、せっかくの普段と違う場所での生活を楽しみましょう。ここは実家の実の子供側に当たる方が気を使ってうまくバランスを取りましょう。義理の子に当たる側はどうしてもストレスが溜まってしまいがちですから。

スポンサーリンク





夫婦で仲良く一緒に過ごす

夫婦一緒でも、特に子供がいないので、「孫を見せにいく」必要がない場合は、帰省せず、または帰省しても短期間にすませ、残りは夫婦で仲良く一緒に過ごすのもおすすめです。


年末年始はホテルや旅館或いは遊園地などで特別なキャンペーンやイベントをやっていることも多いです。値はすこし普段より張ることが多いですが、せっかくの休みなのでここは奮発すると良いでしょう。



おすすめは温泉旅館

特におすすめは温泉旅館での年越しです。静かな場所でゆったりすごし、夜はおせちなどを意識した特別な料理が出たりします。



うまくいけば喧嘩しないどころか、夫婦の仲は一層深まります。


スポンサーリンク





夫婦別々に過ごすことで喧嘩しない大晦日

結局どうやってもずっと顔を会わせていると喧嘩になる、という方は思いきって大晦日は夫婦別々に過ごすことにしてしまいましょう。いまはそういう過ごし方をする方も増えてきています。


この場合はさすがに各々の実家に帰省するというのが基本になりますが、それぞれの義理の親に気を使わなくてよくなりますし、本音で親と話す機会にもなったりします。また、普段なかなかできない親孝行をこのタイミングで行ったり、地元の知り合いと遊びに行ったり、と自由に過ごす方が多いです。このように夫婦別々の帰省は、喧嘩を避けるだけでなく、さまざまなメリットもあります。


一方でせっかくのお休みに長期間離ればなれになるのが嫌だという人もいますよね。そうした場合は、帰省だけ別々、かつ大晦日の夜~元旦だけなど、短期間で済ませ、残りのお休みは夫婦や家族で過ごすのもバランスがとれていいでしょう。




大晦日の夫婦の過ごし方【まとめ】

今回は夫婦の大晦日の過ごし方をご紹介しました。大晦日から年明けにかけてはせっかくの楽しい長期休暇ですので、このタイミングで夫婦喧嘩をしてしまったり、つまらない日々を送るのは避けたいものです。


皆さん大晦日を快適に、幸せに過ごせるよう、この記事を参考に工夫してみましょう。