本来であれば多くの方々が休日となる大晦日は、親類や知人と集まって楽しく過ごしたいものですが、ハレの日に不幸が重なり、年末年始にお葬式の準備をしなければいけない、という状況になる場合も考えられます。


こればっかりはそうそう日程調整できるものではありません。




年末年始は通常とは多くの方が休暇に入っていたり、不在にしていたりします。また、葬式を執り行う業者も一部休業していたりします。今回はこのような大晦日の状況で葬式の実施を検討する場合のマナーやポイントを紹介します。



スポンサーリンク




大晦日の葬式はマナー違反ではないが、対応が大変

まず、前もって断っておきますと、大晦日に葬式を行うこと自体は、特段マナー違反ということはありません。


人の生き死には勝手に決められるものではないので、亡くなってしまった方が親族に出た以上、速やかに葬式を執り行おうというのは自然なことです。


年末年始は比較的休みの日数が長いので、大晦日の内にお葬式を行ってしまうというのも本来は選択肢の一つではあります。


大晦日に葬式を行う場合の難点は、マナーの問題よりもろもろの手配です。葬儀社は、いまは365日24時間対応の会社も多いので、少しコストはかかるかもしれませんが依頼自体が可能です。問題になりやすいのは火葬場です。





火葬場は民間ではなく、公的機関や地方公共団体が主体となって運営されているため、年末年始が休業のことが多いのです。もちろん火葬場が開業していなければ葬式は実施できません。一部営業している火葬場もあるでしょうが、これはこれで非常に込み合うことが想定されます。具体的なスケジューリングは葬儀社が確実に整理してくれますので、年末年始周辺のお葬式については、殊更葬儀社に相談するのがおすすめです。


繰り返しになりますが、実施する準備が整うのであれば、葬式を大晦日に行うこと自体はマナー違反ではありません。故人を速やかに弔ってあげたいという遺族の思いが出るのは変なことではありませんので、招かれる方はその点理解しましょう。もちろん、「年の瀬で忙しいのに」と的外れな批判をしたり面倒くさがるのは絶対にやめましょう。一番大変なのは遺族の方ですから。

スポンサーリンク





大晦日や三が日を外す、密葬と本葬に分けるという手も

一方で、大晦日や三が日は慶事であり、予定がすでにある方も多いです。また、火葬場の手配も上記の通り難しくどうしようもない場合は、三が日以降に葬儀を執り行うことも選択肢の一つです。


大晦日に葬式を開かれてしまうと、参列が難しい日とが増えるのもまた事実です。速やかにお葬式もやりたいし、しっかり参列してほしい、そんな場合は大晦日や三が日を家族だけで簡易に行う密葬形式にして、後日落ち着いたタイミングで本葬・お別れ会を行うのも一案です。このあたりも念頭に葬儀社に相談してみましょう。葬式を二つに分けるやり方は、参列者にとって二つの利点があります。


忙しい時期に時期に参列者への負担をかけたり、欠席を増やさずにすむ

年末年始はただでさえ慌ただしい、あるいはゆっくりと過ごそうとする人もいます。
そんな中、葬儀に参列するとなると、さまざまな面で迷惑をかけることになってしまいます。後日本葬を行うことで、そうした負担や迷惑を避けることができます。


慶事と弔事の重複をさけることができる

先にも書いた通り「故人を弔いたい」という思いがある一方、「慶事と弔事を重ねたくない」という思いが発生することも自然なことではあります。折角のおめでたい時期に参列を強いたくない、という考えるご遺族もいるかと思います。そうした場合も、年明けの落ち着いたタイミングでお別れ会や本葬を行うというやり方が一案となります。


スポンサーリンク




遺体の保存に留意

葬儀自体を完全に後ろ倒しする場合や、火葬を年明けにずらす場合は、遺体の保存に留意

もちろんそもそも葬儀自体を完全に年明けの落ち着いたタイミングまで後ろ倒しにするというの一つの選択肢ではあります。これならば大晦日に空いている火葬場を頑張って探す必要もなくなります。


葬儀社の方はそれでスムーズに対応してくれるので問題ありませんが、一方でご遺体の保存方法がネックになります。いくら寒い時期でも長期間ご遺体を寝かせておくわけにはありませんので、腐敗が進まないように対応をする必要が出てきます。


この点も、日程の調整と合わせて葬儀社に相談しましょう。コストはかかりますが、ドライアイスなどを借りて保存できるそうです。どうしても難しい場合葬儀社や火葬場にある遺体安置施設を使うという手もあるみたいですが、この場合はさらにコストはかかってしまうでしょう。



大晦日のお葬式【まとめ】

今回は大晦日と葬儀が重なってしまった場合の対応方法をまとめました。もちろん不幸は起きないのが一番いいですが、人間はいつか亡くなるもの、そしていつ亡くなるかなんてそう選べるものではないので、「大晦日に不幸が重なってしまった」という場合も、この記事を参考に落ち着いて対応しましょう。