今回は、日本第3の経済地域とも呼ばれ、関西や関東とはまた一味違った独自の魅力で溢れる東海地方をピックアップ。

大晦日デートにふさわしいスポットやプランをお探しのあなたのために、東海地方で大晦日デートをする場合のおすすめプランをテーマに記事をお届けいたします。

年をまたいで年始を一緒に過ごすことも考慮の上、各県に分けて独自の魅力や大晦日の定番スポットについて調べてみましたので…付近にお住まいの方や、旅行先として考えておられる方はぜひともチェックしてみてくださいね!


スポンサーリンク




東海地方で大晦日デート~岐阜県:飛騨山麓の自然と名泉下呂温泉

まずは岐阜県のおすすめスポット・プランのご紹介。


年末年始には温泉にでも浸かってゆっくりしたい…そんなカップルにぜひおすすめしたいのが温泉旅行。


東海ならやはりイチオシは日本三名泉と名高い「下呂温泉」です。お肌になめらかにからむお湯はほのかに香り、風情ある温泉街の風景とあいまって日々の疲れを癒してくれますよ。湯めぐり手形を買って、気ままに温泉を楽しんじゃいましょう。


また岐阜県北東部に位置する「奥飛騨温泉郷」も、山麓独特の自然や山里ならでは郷愁が味わえる温泉旅行スポット。ご一緒に、飛騨の小京都と呼ばれる高山の歴史を感じる古い街並みや、飛騨牛・高山ラーメンといったグルメを堪能するのも良いですね。


岐阜でのカウントダウンイベントならおすすめは「国営木曽三川公園」。三重と愛知にもまたがって位置する国営公園で、ライブステージや音楽だけでなく、年越しイルミネーションや展望タワーからの夜景などを楽しむことも出来ます。


個人的には岐阜で冬とくれば世界遺産登録地の「白川郷」の観光がおすすめです。今は高山や金沢からバスも出ておりアクセスも便利になっていますし、合掌造り集落の雪化粧風景は圧巻の美しさですよ。


スポンサーリンク




東海地方で大晦日デート~三重県:おかげ横丁からの伊勢神宮が定番

お次は三重県のおすすめスポット・プランのご紹介。


「おかげ横丁 行く年来る年」は、花火と太鼓による雅な演出で盛り上がる、定番のカウントダウンイベント。ふるまい地酒もあります。


そして年明け、初詣と言えばやはり伊勢の「神宮」。


年始の参拝客の数はものすごいため…本来は外宮からお参りする習わしですが、天照大御神が祀られる内宮のみの参拝だけでもやっとといったところでしょう。混雑具合や数少ない駐車場のことを考えると車でなくバスと電車を使って現地へ向かうのがベター。


伊勢の神宮は神社の中でも別格の存在ですので…神話の時代まで遡る由緒ある境内の雰囲気は清々しく、お参りが済んだ後に「人は多くとも初詣に来られて良かった」と思えること請け合いです。


なお、おかげ横丁とは近いのでセットで考えてやると良いでしょう。



また、三重県で年の瀬に盛り上がりたいならアーティストによるライブ、豊富なアトラクションが満喫できる「ナガシマスパーランド」のカウントダウンイベントがおすすめ。長島温泉の施設への入館サービスも見逃せません。


花のテーマパーク「なばなの里」もここから近く、人気のイルミネーションが一緒に楽しめます。ちなみにここから伊勢神宮へ移動するのに2時間程度と、一緒に行くのになんとか射程圏内。


あるいは三重県でゆっくり過ごしたい…というのであれば「志摩温泉郷」へどうぞ。


伊勢志摩は私も年末年始の旅行で行ったことがあるのですが、松坂牛の焼肉・ステーキや新鮮そのものの魚介に海鮮、豊富な郷土料理の数々…とこの上ないくらいに舌を楽しませてもらえるので、食いしん坊さんには超おすすめのスポットです。



東海地方で大晦日デート~愛知県:都会感のある豊富な催しと初日の出

続いてご紹介する愛知県は名古屋を中心に交通の便も良く、カウントダウンイベントなどの催しごとや泊まれる場所も多いため、泊まりがけで出かけて初日の出も一緒に楽しむのがおすすめ。


ふたつのアーチが美しい展望タワー「ツインアーチ138」があるのは国営木曽三川公園。岐阜県の項目でご紹介した場所と同じ管轄ですが、エリアが異なりこちらは愛知側の施設ですね。


パーク内イルミネーションをツインアーチの展望階から見ることが出来、かつ元日の早朝にも開館されるため初日の出を拝むことも可能…と愛知県内でも有数の年末年始おすすめスポットとなっております。


また意外に人気があるのが「中部国際空港セントレア」でのスカイデッキイルミネーション。イルミネーションを見ながらの食事が出来るレストランもあり、カップルのデートにぴったりの雰囲気。ここから初日の出を見るのもおすすめ、という声も情報サイトにありました。


そして100m地点の展望台から初日の出を望める「名古屋テレビ塔」は名古屋の代表的なランドマークのひとつ。昼は周囲の景観を、夜は夜景を楽しめるという地元感が溢れるスポットで、ライトアップした姿はとても綺麗です。


それではカウントダウンイベントにはどんなものがあるでしょう。


「ラグーナテンボス ラグナシア」でのカウントダウンライブでは、新年を迎えると同時に花火やジェットバルーンが打ち上げられ、夜空を派手に彩ります。なお距離は名古屋から1時間程度で、ラグーナテンボスは特に夜のイルミネーションの評価が高いですね。


デンマークの要素を取り入れた、家族連れでもカップルでもまったり楽しめる自然公園「安城産業文化公園デンパーク」でもカウントダウンフェスタを開催。花火やミュージックライブが楽しめる他に西三河のグルメを味わえるフードフェスも行われ、こちらも好評ですよ。


そして愛知県はカップルにふさわしい初日の出スポットが多いので、大晦日デートの場所と合わせてチェックしておきましょう。


恋人の聖地と呼ばれる恋路が浜から歩いて目指せるのが嬉しい渥美半島先端の「伊良湖岬」も良いですし…。


伊勢湾と知多湾の間に位置する知多半島の南端「羽豆岬」なら、お近くの「羽豆神社」で初詣も出来ますね。羽豆神社はハートの描かれた絵馬が可愛い、カップル向けのスポットです。ただし双方とも海近くなので風の強さと寒さには要注意。


愛知県…ロマンチックなのは県名だけではないといったところでしょうか。



東海地方で大晦日デート~静岡県:イルミネーションからの富士の景観

さてさて、最後は静岡県のおすすめスポット・プランをご紹介していきますね。


大晦日デートスポットとしてはやはり壮大なイルミネーションが見られる場所がおすすめです。


豪華で幻想的な雰囲気を演出する御殿場の「ひかりのすみか 時之栖イルミネーション」は県内でも随一の人気がありますし…。静岡駅近くで大規模に展開しており、街を代表する冬の風物詩としても知られる「青葉シンボルロードイルミネーション」なども有数のスポット。


またカウントダウンで言えば…。


三嶋大社向かいの複合商業施設「大社の杜みしま」にて営業時間を延長し、大型スクリーンを使って盛り上がるイベントがあります。三島は伊豆半島の最北端に位置する、自然豊かなスポットですよ。


「清水マリンパーク特設ステージ」でも清水港カウントダウンイベントがあり、羽衣の舞や年忘れ花火の打ち上げなどが行われます。
日本に広く残る羽衣伝説の舞台のひとつとして有名な清水は、はごろもフーズの本社があることでもお馴染みですね。


そして静岡で大晦日デートをする場合のご提案としては、なんといっても年明けに「富士山」を見ることを第一に場所を考え、プランを組むのがおすすめ!

初日の出とともに、あるいは初詣の際に…大好きなパートナーと一緒に縁起物の富士を見られるとなればこんなにめでたいことはありません。


また私が富士山を見に行った際に現地の方に聞いたところ、冬場11月~2月は最も富士山の見える日数が多いタイミングらしいので、そういう観点からもおすすめです。時期によっては、何日も雲がかかって綺麗に見えないということも多いんですよね。


景勝地として有名な「三保の松原」からの富士山は綺麗ですよ。清水駅から近いため上記の清水マリンパークで行われる大晦日イベントや、近くの御穂神社での初詣など他の予定とマッチさせやすい初日の出スポットです。


また静岡での初詣であれば富士宮の「富士山本宮浅間大社」はいかがでしょう。国内有数のパワースポットで、富士山信仰の浅間神社の総本社でもあります。天気が良ければ、富士山を見ながらのお参りが出来ますね。


県外から静岡にお越しの方は、海鮮丼にもつカレー、静岡おでんに静岡茶そして安倍川餅と、独自のグルメも要チェック!



記事はまだ続くよ↓





まとめ

さて、今回は「東海地方で大晦日デートをする場合のおすすめプラン」というテーマでお送りしてまいりましたがいかがでしたか。


私も旅行で東海4県とも行ったことがあるのですが、調べてみてあらためてそれぞれ違った良さがあるということを再確認出来ました。


大事なパートナーと過ごす大晦日ですから…過ごし方をじっくり考えて、おふたりにとって良い新年をお迎えになってくださいね。


今回の記事で、そのお手伝いが出来れば幸いです!