パーティーや式典などで見ることがあるスーツに黒シャツの着こなしはスーツをおしゃれに着こなす、上級者のようなファッションにも感じられますよね。

上品でかっこいいイメージのある黒シャツは、成人式でもオシャレに活躍することが出来ます。



スーツをかっこよく着こなしたいと思う人には、是非黒シャツに挑戦してみてはいかがでしょうか。

今回は、成人式の黒シャツのオシャレについてまとめました。


スポンサーリンク





黒シャツはビジネスには不向き

黒シャツはオシャレにこなすことが出来ますが、場所によっては不向きな場所もあります。

黒シャツが不向きな場所とはどこかと言うと、ビジネスにおいては黒シャツはあまり相性が良くありません。

ファッション業界では、一部では許可しているところもありますが、出来ればビジネスの場で黒シャツは控えるようにするの場無難です。

白には、清潔感や信頼と言う意味があります。
特に営業職の場合は、白のシャツをする方が、清潔感と信頼感を与えることが出来るので、おすすめの色と言われています。

また、年配の人ほど、ビジネスには白いシャツは常識と思っている人が多く、黒いシャツを嫌う人も少なくはないようです。




フォーマルな場所での黒いシャツは?

結婚式のようなフォーマルな場面であっても、黒シャツは基本的には愛称はあまり良くはありません。

実は、冠婚葬祭や式典において着ることができるシャツの色は決まっています。

冠婚葬祭では、シャツの色は主に白かサックスブルーに絞られているのが世界的な認識としても言われています。

日本だけではなく、世界的にも常識の基準は同じだということですね。

オシャレなファッションではありますが、常識がなくスーツに黒シャツを着こなすと、新郎新婦に恥をかかせて、質を落としてしまいかねませんので、注意してください。

結婚式では、白のシャツを着るのが決まっていますが、パーティ形式のようなカジュアルな2次会のような場面では、黒シャツでもOKな場合もあります。

そのような場合であっても、事前確認を忘れてはいけません。

スポンサーリンク





成人式で黒シャツはあり?

大学の入学式や成人式ではスーツで出席する方が多いです。

入学式や成人式の場合フォーマルな式典ではありますが、自身のお祝いの場としての位置づけになることから、ビジネスマンのように会社を背負って出席するようなこともありません。

少しカジュアルな着こなしでも、大丈夫だと言われていることから黒シャツはOKとされています。

ただ、固い考え方をしている人も出席されていることがありますので、成人式では白を選び、二次会で黒に変える方法の方が無難でいいかもしれませんね。

黒シャツを着る時には、着こなしに注意をしつつ、その場に合う上品さを意識することも大事です。



黒シャツはカジュアルなパーティにピッタリ!

上品でかっこいい黒シャツですが、着てもいいシーンは限られているようです。

黒シャツをおしゃれに着こなせる場所として一番おススメなのが、カジュアルなパーティです。

カジュアルなパーティの場になります。

格式の高くない結婚式の二次会パーティや仲間内のパーティなどでは、ファッションのマナーはゆるいので、黒シャツでオシャレにコーディネートすることも可能です。
もちろん成人式後の2次会、同窓会もOKです。

ドレスコートのあるレストランも黒シャツとスーツのコーデは映えますね。

限られた場面だからこそ、黒シャツとスーツを着ることで、より一層オシャレな自分を演出することが出来るのではないでしょうか。

黒いシャツは、黒いスーツにも似あいますが、グレーや紺色のスーツにも似あい、品よく演出することも出来ます。

黒シャツを着たことがない人には、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。