成人式は一生に一度の晴れ舞台。
新成人になるための、気持ちを新たにする大事な行事。
それは十分わかってはいるけれど、キレイに着飾ることだって大きな楽しみ。

振り袖を着るなんてこれから先何度もあることじゃない。
ましてや普段できないような髪型ができますから。

*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

振り袖に負けない髪型って単に盛り盛りにするだけじゃないんです。髪飾りがとても大切。

やっぱり晴れ着に映えるのはなんといっても花の存在。
髪飾りにお花は絶対外せません。

だからってなんでもかんでも飾ればいいってものでもない。
盛りすぎはかえって品がないもの。

大きめのお花メインでシンプルなのに華やかな髪飾りが理想的。

花の髪飾りにも生花、ドライフラワー、ブリザードフラワーなど種類があります。

成人式の髪飾り、あなたなら何を選ぶ?
どれも魅力的で悩みますよね。
自分らしいものを選びたい。

でも どこで買うかいまいちよくわからない。
大丈夫です。

生花、ドライフラワーのそれぞれの特徴と、どこで買うのがおすすめかご紹介します。


スポンサーリンク





やはり本物が1番 生花は花がキレイな時に飾れるのが嬉しい

まずは生花のメリット、デメリットから。


成人式の髪飾りに生花を使うメリット

  • 生花なので花が新鮮で生き生き
  • 色鮮やか
  • 1つずつ選べばオンリーワン

成人式の髪飾りに生花を使うデメリット

  • 成人の日のみにしか使えない(前撮りに使えない)
  • 時間がたてばくたびれる
  • ドライフラワーに向かない


どんなに良くできた造花も本物の生花にはかないません。
生きた花は見た目も質感も香りもそれだけで存在感が大きいもの。

今年のトレンドはかすみ草だそう。
生きたかすみ草を散りばめたらとてもステキな髪飾りに。

花の持ちは5、6時間。
会場の温度や選ぶ花によって少し時間に差がでます。

大きめの花を使って存在感のある髪飾りを作りましょう。
おすすめはダリアやバラ、百合。
ころんと丸みが可愛いマムもいいかも。

生花の髪飾りは茎に針金を入れたり、水分が抜けにくい加工を施します。
なのでドライフラワーにして、記念に取っておくことが難しいのが残念。

でも、だからこそ美しいと思いませんか?
生花の1番色鮮やかでキレイな時を髪に飾ることができる…。
成人式の髪飾りとして、何よりぜいたくなのではないでしょうか。

成人式の髪飾りの生花は、どこで買う?

どこで買うかと言うと生花なのでまずフラワーショップ。
髪飾り作りを得意とするお店もあるので身近なショップに聞いてみては。

もちろん自分で作ることもできます。
作り方はこちらのサイトを参考に。



美容師さんも生花で髪飾りを作れる人はたくさんいます。
馴染みの美容院で聞いてみてもいいですね。

最近は生花が人気なので、美容院側で花の用意をしているところも。フラワーショップで直接買うよりお安めなことが多いのも嬉しい。

生花自体は髪飾りに使う分だと3000円から4000円。
作ってもらうのなら手数料がさらにプラス。
着付けをお願いしている美容師さんなら全てお任せが正解。

気をつけたいのは、先に振り袖の写真や実物を見せておくこと。
こんな感じにしてほしいとイメージを伝えることも忘れずに。


スポンサーリンク




ドライフラワーも種類の多さでは負けません

もっと手軽にと考えているならドライフラワーもいいですね。

成人式の髪飾りにドライフラワーを使うメリット

  • 型くずれしにくい
  • 前撮り、当日にも使える
  • 記念に残しておける
  • 種類が豊富



成人式の髪飾りにドライフラワーを使うデメリット

  • 生花の色鮮やかさにはかなわない

生花だとその時のものしか使えません。
でもドライフラワーなら、1年中のたくさん花の中から選べます。
一番着物に合った髪飾りが作れますね。

和装に合うトルコキキョウやツバキなど、あまり見かけない花があるのも嬉しい。


ドライフラワーはどこで買う?

近所の呉服屋さんや、ショッピングモールにも10月くらいから飾り始めます。

ネットとつながる環境にあるならネットショップでもおすすめ。
ハンドメイドのお店が多くてびっくりですよ。

そして種類がとにかく豊富。

可愛いものから華やかなもの、可憐なものまで目移りしちゃうほど。あなたのお気に入りが必ず見つかるはず。

なかにはオーダーメードしてくれるところもあるので、ぜひ検索してみては。

値段は2000円から7000円ほど。
金額の幅は広いけれどのぞいてみる価値ありますよ。

スポンサーリンク




生花とドライフラワーのいいとこ取り

ブリザードフラワー

生花とドライフラワーの良さを併せ持ったのがブリザードフラワー。生花のような色の鮮やかさを持ちながら、枯れることはない。

保存保方法に気をつければ5年以上保たせられます。
高温多湿を避けたり、直射日光に当てないなどの点に気をつけて。

手触りは生花に近いので型くずれのしにくさはドライフラワーほどではありません。
でも慎重に扱えば前撮りにも使えます。

ブリザードフラワーの最大の特徴はカラーバリエーションの豊富さ。生花にはない色も出せるのが強み。
生花のような存在感と保存できることもメリット。

デメリットは生花のように香りはしないことと、ドライフラワーよりお高めなところ。

カラーは豊富だけど、花の種類が生花やドライフラワーほどないということ。
この3点です。

でも生花のような存在感を持ちながら、記念に残せるって魅力的ですよね。

プリザーブドフラワーはどこで買う?

どこで買うかというと、取り扱いしているフラワーショップで。

私としてはこちらもネットショップがおすすめ。
ドライフラワー同様、ショップもたくさんあるし種類も豊富です。

もちろんオーダーメードもOK。
お値段は5000円から15000円ほど。


スポンサーリンク




成人式の髪飾りはどこで買う?【まとめ】

いかがでしたでしょうか。

生花もドライフラワーもそれぞれメリット、デメリットがあります。ですが、手作りものやオーダーメードなら世界に1つのオンリーワンが作れます。

大前提は振り袖に合った髪飾りを選ぶこと。
予算やお好みに合わせて選んでください。

ネットショップは種類が豊富なのでおすすめです。
でも、実際に目で見て買えません。
少しでも気になることはどんどん質問することが大事。

ステキな成人式となりますように。