体型維持は老いも若きも女性の永遠のテーマ。
特に10代から20代、体型は深刻な悩みです。

一生に一度の成人式。
振り袖やドレスで目一杯おしゃれするために、ダイエットを計画しているぽっちゃりさんもいるのでは。

でもなかなか成功しないものなんですよね。
ダイエットを決心して挫折して後悔…の繰り返し。




自分磨きの努力はとても大事なこと。
でもなかなか成果があらわれないなら視覚効果を狙う手もあり。

ぽっちゃりさんは振り袖でもドレスでも「タテライン」を意識すること。
これが基本です。
小物などを上手に使って見せたくないところから目線をずらすことも大事。

髪型だってアレンジ次第でぽっちゃり丸顔をカバーできちゃいます。ドレスのデザインや振り袖の柄、色、髪型アレンジで少しでもスリムに見えるもの。

実行してみなきゃ損!!

スポンサーリンク





振り袖なら色、模様、着付けにこだわって

まず、振り袖を考えている方。
和装は筒状に着るものなので、ぽっちゃりさんにおすすめ。

胸を抑えてウエストと合わせる下地作りが基本。
体にメリハリをつけないので体型カバーにはうってつけ。
実は着物はぽっちゃりさんの方が似合うんですよ。

帯の締め方や襟のあしらい方などもぽっちゃりさん仕様があるんです。
着付けの仕方でだいぶ変わるので、ここはプロの方にお願いしましょう。

選びたい模様はは上から下に流れるもの。
柄は大きすぎず小さすぎず。
あまり大きいと柄が膨張して見えてしまいます。
逆に小さすぎても生地が膨張してしまうなんてことも。

足元に柄が多めの方が上半身に目がいきづらいのでおすすめ。


せっかくの振り袖なのだから好きな色を着てほしいのが本音。
でも、とことん視覚効果をねらうならやはり寒色系の色。
ピンクや赤、黄色などのいわゆる膨張色は避けましょう。

振り袖はデザインも色もとにかく豊富。
基本はダークカラーでもそこは振り袖。
柄や模様は華やかなものばかり。
決して地味にはなりません。

あなたに似合う一着が必ず見つかるはず。

スポンサーリンク





ドレスでこだわるポイントはデザイン

すっきり見せたいならドレスも振り袖と同じく「タテライン」が基本。体型を隠そうと大きめチョイスは絶対ダメ。
体にフィットしたデザインを選びましょう。

振り袖はみな同じなので色や柄重視。

一方ドレスは色も大事ですが、ぽっちゃりさんは「I(アイ)」の文字を意識したデザイン選びを。

スカートはフレアやギャザーが多めだと横に広がって見えます。
控えめな広がりのもがいいですね。
タイトスカートはお尻やお腹が目立つのでおすすめできません。

Aラインのワンピもそのままじゃなく、太めのベルトやリボンプラスでボリュームダウン。
ベルトはハイウエストがいいですよ。
気になるお腹回りもカバーできるしワンピのフェミニンさも残せます。

ショート丈のボレロを合わせるとおしゃれ感もアップ。
ボレロやベルトをプラスしたり上下別素材にすると、目線が分散されるので細見え効果大。

ドレスの袖やスカートの長さも重要。
デザインによっては、ちょうどあなたの腕や足が太く見える長さのものがあることも。
必ず試着をしましょう。

デコルテも見せた方が首元がすっきり見えます。

振り袖のように模様自体が派手ではないので、色は寒色系にこだわらなくてもOK。
深みのある色を選ぶと失敗しません。

赤でもボルドーのような色は高級感もありスリムにも見せてくれます。
ドレスの素材はベロアやサテンなどシックなものにこだわってみては。


スポンサーリンク




髪型だってタテラインで細見えに

振り袖やドレスが決まったら次は髪型。

丸顔って若く見えるし可愛らしい。
でも衣装をタテラインにしたのなら髪型もあわせたほうがバランスがいいもの。

可愛らしさを残しつつ細見え効果のある髪型を目指しましょう。

ぽっちゃり丸顔にはトップにボリュームを置くヘアアレンジがおすすめ。
横にボリュームを作るのは避けて。

ポンパードールや高い位置でのシニヨンがおすすめ。
顔の横に少し髪を残して動きをつけても可愛い。

ここで使いたい髪飾りは下に流れるデザインのもの。
顔の横につければ目がいきやすいので視覚効果があります。

ハーフアップのアレンジもいいですね。
半分の髪は残して、残りをトップの位置で華やかにまとめましょう。
横をすっきりさせておけば、可愛らしいタテラインに。

おでこをみせることも効果あり。

スポンサーリンク





成人式、ぽっちゃりさんは髪型や衣装で目指せ!細見え【まとめ】

残念ながら誰しも自分の好きなものが自分に合うとは限りません。

私は背が低いのであまり濃いめの色は選ばないようにしています。
濃い色は余計低く見えるので。

ぽっちゃりさんが細見えを狙うなら視覚効果をぜひ取り入れましょう。
色やデザイン、小物、髪型にこだわって目線を分散させることが重要なポイント。

見せるところと隠すところのメリハリも大事です。

一生に一度の成人式。
店員さんや着付けの先生、美容師さんに恥ずかしがらずどんどん相談してください。

そして、本当に自分に似合う物と出会うことを願っています。