渋谷ハロウィンは近年激込みになることは皆さまご存知の通りかと思います。

ハロウィンの日は仮装している人々やごったがえすスクランブル交差点、はたまたそれらを裁くDJポリスの活躍まで、各種報道で目にする秋の風物詩のようなものになっております。



仮装するにせよ、ただ仮装している人たちに混ざるにせよ、ただ騒ぐにせよ、一度は、もしくは毎年渋谷ハロウィンに参加してみたい人も多いと思いますが、その際にネックになるのが荷物の管理。

あれだけ人に紛れてしまうのであれば、荷物をスられたりしないか、はたまたトラブルに巻き込まれたりしないか、心配になる方も多いかと思います。


荷物は預けるべきか?それとも肌身離さず持ち歩くべきか?


もしくはどのような防犯対策を施すべきか?今回は、渋谷ハロウィンに安心して混ざることができる荷物の管理方法と防犯対策をご紹介してみたいと思います。


渋谷ハロウィンだけに限らず、人込みに紛れる場合、仮装する場合にも参考にしていただければと思います!


スポンサーリンク





渋谷ハロウィン中は、コインロッカーに荷物を預ける

まず、大がかりな荷物はコインロッカーに預けてしまうことがベタながら最善でしょう。


数百円かかってしまうものの、渋谷ハロウィンのようなイベントを楽しむ為、余計なリスクを避けるためなら安いものだと思います。



幸い、渋谷駅は大きな駅なので、多くのコインロッカーが点在してます。自分が行くゾーンに応じ、予め近くて、ロッカーのサイズが合う(小さくて安いのでよいか、大きいものが必要か)コインロッカーの場所を確認しておくのが無難だと思いますが、ここでいくつか代表的、便利なロッカーを紹介しておきます。


スポンサーリンク





ハチ公改札のコインロッカー

まずすぐに候補に上がるのはハチ公改札のコインロッカーでしょう。改札を出てすぐのところにございますので、迷うこともあまりないかと思います。

お値段は小型400円、中型500円、大型600円とお高め?


キャリーケースなんかは大型にする必要がありそう。お値段はちょっと張りますが、各サイズが揃っていますし、改札出てすぐ預けることが出来るので便利ですね!一方でメジャーな改札口の目の前にあるので、お高めでも埋まっていることも多いようです。



中央改札付近のコインロッカー

次に小さめの荷物だけでいいなら中央改札付近のロッカーもオススメですね。こちらは小型しかない一方、値段は300円と少しだけ安くなります。


さほど大きな荷物を持っていない場合はぜひ活用したいところですね!


井の頭線の中央改札付近のコインロッカー

井の頭線の改札付近には二ヶ所のコインロッカーがありますので便利です!


一ヶ所は改札すぐのところ、もう一ヶ所は改札出てすぐ右の、階段を降りたところにあります。二ヶ所あり、箱数も多いので便利ですが、大型が800円とお高めである点が難点。小型と中型はそれぞれ400円、500円とハチ公前と同程度なんですがね。。


渋谷駅ちかみち、インフォメーションコーナー付近のコインロッカー

こちらは渋谷駅の109からヒカリエまでを繋ぐ地下街ですが、この途中のインフォメーションコーナー付近に100個以上のロッカーがございます。

サイズも小型(300円)、中型(500円)、大型(700円)と揃っておりまして、特に小型が300円というのは駅至近のなかではありがたいですね!


100円で預けられるコインロッカー

最後はすこーし離れるけど、100円で預けられるコインロッカーをご紹介しておきます。渋谷駅からは駅を出て徒歩5分弱というところでしょうか。
109左手方面の道玄坂の途中にございます。


さすがに小型しかないですが、100円で預けられます。箱数もかなり多いのではないでしょうか。


以上、代表的なコインロッカーをご紹介いたしました。


この他にも渋谷駅には多くのコインロッカーがございます。自分にあった場所、サイズのコインロッカーを効率よく使っていただければと思います。また、自分が行く場所、通る改札等に近いコインロッカーをあらかじめ確認の上お出かけするとスムーズかと思います。

スポンサーリンク





渋谷ハロウィン中、貴重品は肌身離さず持ち歩く

さて、大きな荷物は預けておしまいですが、誰しも財布、スマートフォンと必要最低限の所持品は持ち歩く必要がありますよね?そして、見落としがちですが、盗まれたときにダメージが大きいのは意外と「ロッカーに預けない貴重品」だったりするわけです。


こうしたものをスリ師達から守る為には、持ち運びかたに気を配る必要があるかと思います。この点については仮装の有無、仮装の内容により、鞄を持てるか否かによっても対策が異なってきますね。




ライトな仮装や、単に騒ぎに来ただけの方の場合は鞄を使用することとなるかと思いますが、一番安全なのは、海外旅行でも重宝する「セキュリティポーチ」でしょう


セキュリティポーチはそこまで高価ではないものもあるので是非検討いただきたいですが、セキュリティポーチは一般的に首にかけるもの、腰に巻くもの二種類がございます。


薄型なので服の下に忍ばせておくのが一般的。薄手の服や露出度高い服であれば身に付けていることが分かりにくいかと思います。首回りが隠れる普通の服なら首かけタイプのほうが、ポーチに入れたものを取り出しやすいので便利でしょう。


それ以外であればショルダー型で体に密着するタイプ(私の地元ではその形状からか胃袋バッグという通称がありました)を使用し混雑した空間を通るときは収納部分を前に抱えるなどしながら通ればかなり安全になりそうです。


さて、仮装のコンセプト的に鞄を持てないこだわりさんは、もう収納箇所を服装の内側に作ってしまうのが、単純ながら確実でしょう。うちポケットを作ってジッパーでもつけてしまえばかなり安全性は高まると思います。



私はそうした能力はございませんが、そこまで仮装にこだわる方ならば、服装もかなり自作に近くなるでしょうから、見えない部分に一工夫凝らすことで、安全性を高めてはいかがでしょう。


渋谷ハロウィン中に、さらに安全性を高める防犯対策

預ける、しっかり持ち運ぶ、これを実践すればかなり安心ですが、最後はこれらに加えて施すことでさらに安心度が増す防犯対策をいくつかご紹介いたします。

  • 鍵付きのかばん
  • 防犯ブザー
  • スマホの防犯ロック

イベント真っ只中は持ち運びかたを気を付ければかなーり安全になりますが、油断できないのはロッカーに預けていない、大きな荷物も持っているときだって同様。


この場合はこちらが大きな荷物を抱えて俊敏に対応できないため、スリよりもひったくりのような犯行に注意が必要です。大きな荷物にだって着替えや場合によっては仮装の一部など大事なものを多々しまっているかとおもいます。



鍵付きのかばん

まずは鍵つきにしてしまってもいいかもしれません。小型のスーツケースという手も勿論ありますが、意外に鍵付きのかばんというのもあるようです。ネットで鍵付きのカバンと検索すれば、ごつ過ぎるキャリーケースだけでなく、ボストン型の鍵付きバッグなど意外に中小型のものも多々ある様です。


荷物がそこまで多くない場合、でも安全に持ち運びたい場合は、こうした鍵付きのカバンを導入するのがいいかもしれませんね。


防犯ブザー

また特に女性が携帯したいのは防犯ブザーでしょうか。人混みのなかでは決まって女性にいたずらを試みる不届きものがおります。いつどこで狙ってくるかわからないものですから、こうした人の集まるところに行く場合は携帯したいですよね。今や防犯ブザーは様々なタイプのものが発売されていますが、いずれも充分すぎる大音量になりますので、自分の好みの見た目のものを御選びいただければと思います。ただし誤作動すると大変ですので、持ち運びの際は充分注意しましょう。


スマホの防犯ロック

スマートフォンは今や単なる連絡手段ではなく、財産管理等生活に極めて大事なものを扱うツールとなっています。こんな大事なスマートフォンですから、セキュリティロックは万全にしておきたいところ。現在はiPhoneでもそれ以外のスマートフォンでも指紋認証機能がついているよう。パターンや数字のパスワードでは特定されるリスクがぬぐい切れないですが、指紋でしたら絶対に安心ですので、スマートフォンのセキュリティロックは指紋認証で設定することを強くお勧めします!



渋谷ハロウィンでの荷物管理方法と防犯対策!【まとめ】

以上で渋谷ハロウィンに参加する場合の安全な荷物の管理方法を、コインロッカー預ける場合、貴重品を確実に安全に持ち歩く場合に分けてご紹介、またより安全性を高めるために簡単に実践できるいくつかの防犯対策についても合わせてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。


諸外国に比べれば平和とはいえ、いろいろな人が共存する渋谷での大イベントには、万全の状態で臨むことで、イベントを十二分に楽しんでいきたいですよね。


ここでご紹介した方法を実践すれば、人込みの中でも窃盗などのトラブルに巻き込まれるリスクをかなり小さくできると思います。また、本日ご紹介した各方法はもちろん普段の渋谷の人込みでの対応や、はたまた人がたくさん集まるところでは十分応用可能なものだと思いますので、ぜひぜひ実践してみていただければと思います!