アレルギーという言葉を、ここ数年で特に耳にすることが多くなりましたね。

中でも食物アレルギーの多さにはびっくり。
乳製品、卵、エビやカニ、魚、大豆にソバ粉…etc。



その波を受けてほとんどの製品にアレルギーの記入が多くなりました。
レストランのメニューなどにもよく見られるように。

結婚式場も例外ではありません。最近の招待状では、返信ハガキにアレルギーのあるなしを書き込むスペースが当たり前に。結婚式でふるまわれる料理はとてもおしゃれ。パッと見て何が入っているかわからないことも。

軽度重度あれど、アレルギーがある人には嬉しい心遣いですね。とは言え正式にいただいた結婚式の招待状。返信ハガキのアレルギー欄の書き方にも配慮が必要。


私も最近知ったんですが、招待状の返信ハガキで料理が選択できる結婚式もあるんです。好みの料理を選択できるなんて、古い人間の私はびっくり。返信ハガキのアレルギーのあるなしの書き方、料理を選択するときに気をつけたいことを考えてみましょう。


スポンサーリンク





アレルギー有る無し欄、遠慮なく書いても良い物?

アレルギーの有無を書く欄がある返信ハガキ。アレルギーがある人は遠慮なく書くべきです。

こんなこと書くのって大人としてどうか、なんて悩む必要はなし。

アレルギーがあるってつい引け目を感じてしまうんですよね。わがままでも甘えでもなく仕方ない症状なのだから。アレルギーの元となるアレルゲンが体内に入ると、口周りや手のひら、のどがかゆくなったり腫れたり…。

ひどい人は呼吸困難になったりすることも。発作を起こして、結婚式を台無しにしてしまうことにもなりかねません。大切な人の晴れの舞台。万が一でもそんなことは避けたいもの。

なので、アレルギーがある人は出来るだけ細かく書きましょう。ただ、「大豆アレルギーがあります」だけ書くのではちょっとものたりない。また、返信ハガキによってはアレルギーの元となるものに○をつけるタイプのものも。これもただ○をつけるだけで返信するのも大人としてちょっと残念かも。


アレルギーがある場合のアレルギー欄の文例

「○○アレルギーがありますごめんどうをおかけいたしますがご配慮いただけるとありがたいです」

「ご配慮のほどよろしくお願いいたします」

など、相手の気づかいに対してこちらからも一言伝えることが大事。
夫婦や家族が招待された時も同じです。夫や子どもにアレルギーがあれば、きちんと伝えることを忘れずに。

もちろん、アレルギーに関して記述がない返信ハガキ付きの招待状が届くことも。備考などの書き込みスペースがあればそこに書いてもいいですね。それもなければ、直接新郎新婦に伝えることも大事です。新郎新婦へのお祝いメッセージ欄には決して書かないこと。


アレルギーが無い場合も要注意

特にアレルギーがないからと、何も書かずに空欄のまま出すのもおすすめできません。

「アレルギーはありません お気づかいありがとうございます」

「ご配慮いただきありがとうございます」

など、お礼の言葉があると受け取った側も嬉しいもの。


中には、苦手な食べ物などを尋ねる返信ハガキもあります。これは本当に書き込むのは控えるべき

時には命に関わるアレルギーと、嫌いな食べ物は別物。せっかくの料理を残してしまう方が失礼かと思いがち。

でも、どうしてもムリなものでなければ食べるようにしたいもの。出されたものは残さず食べること、それが大人としてのマナーです。

スポンサーリンク





お料理を選べる場合の注意点は

結婚式で出される料理は大きな楽しみの1つ。どんな料理が出てくるかとワクワクしますよね。でも、料理を先に選択できるのもまた嬉しいもの。やはりそれぞれ食の好みがありますもんね。料理の選択ができる返信ハガキの一例としては和洋を選ぶのが主です。和食(魚)、洋食(肉)、または和洋折衷。

ここでもアレルギーのあるひとは注意が必要。自分はソバアレルギーだから洋食なら大丈夫…なんて思わないでください。

クレープなどのデザートに入っていることもあるくらいソバ粉はメジャー。他にもかくし味にフルーツを使ってるものもあったりしたらアレルギーのある人は大変。なんの料理を選択しても、アレルギーのことはきちんと伝えておきましょう。





結婚式招待状のアレルギー有る無し欄!返信ハガキに書く時の注意は?【まとめ】

せっかく招待いただいた結婚式。あなた自身や家族、新郎新婦のためにも楽しい思い出になるものにしたいですね。

万が一発作なんて起こったらそれこそ大変。結婚式自体が台無しになることも。返信ハガキでアレルギーの有る無しを尋ねると言うことは、今の時代それだけ深刻な問題ということ。アレルギーなんて自己防衛でなんとかするもの、なんて思わずしっかり伝えましょう。