結婚式用にドレスやワンピースを購入したけど、どうしても見た目が寸胴に見えてしまうのでベルトを着用したい!という女性も多いはず。

ベルトを着用することで、見た目にもスタイル良く見せることが出来るので多くの女性に大人気です。

でも、結婚式でベルトの着用はマナー違反なのか?悩みますよね。

今回は、結婚式のドレスやワンピースにベルトのマナーについてまとめました。


スポンサーリンク





女性編~結婚式の服装のマナーについて~

結婚式の服装マナーは特に女性は大変

結婚式には、いろいろなマナーがあります。

細かな部分にもマナーがあるので、正直ストレスに感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

白いドレスはダメ、露出は控えめ、パンプスはこうして、バックはこうじゃないとダメ…特に女性は大変です。
もちろんベルトもその中の一つです。

マナーがたくさんあり、どういったものを選んでいいのか分からなくなってしまいます。

すごく堅苦しい思いをしている人も多いはず。

今の時代は、昔に比べてマナーに関してゆるいイメージもありますが、結婚式に出席するなら、必ずお呼ばれの服装マナーを守らなければいけません。

しかし、ゲストとして招待されている皆さんは、花嫁さんや新郎さんの友人を代表している立場である事を忘れてはいけませんので、堅苦しいと思っていても、その意味をしっかりと理解しておかなければいけません。


結婚式のドレスにはゴム素材のベルトは要注意

ドレスの素材と同じ生地で、リボン風のデザインになっているベルトのドレスは、最近人気があり、どこでもよく見かけるのではないかと思います。

このようなタイプであれば使用は問題なし。

しかし気をつけたいのが、ゴム素材や革ベルトの着用です。

ゴム素材のベルトは、カジュアルなイメージが強く、結婚式にはそぐわないと言われています。

カジュアル要素の強いものは、結婚式ではNGです。
ベルトも対象外ではありません。

例外的にカジュアルな結婚式ならあり?

ただし格式高い結婚式でなければ、正面にリボンが付いていたり、ビーズなどの装飾があるべ場合は、ゴム製のものでも大丈夫とも言われています。

でも、大人の女性として人前に立つなら、つけない方が無難だと思います。

出席者の中にはマナーに厳しい方がいるかもしれませんので、その辺りは注意しましょう。

今もっているワンピースドレスの腰周りを引き締めるためベルトでも買おうと思っている人は、ベルトの素材には注意してください。

スポンサーリンク




男性もベルト選びに注意しよう

女性が付けるベルトにもマナーがあるように、男性も、ベルト選びには注意して選ばなければいけません。


  • ベルトの色は黒
  • 牛革などで型押しされていないもの
  • バックルはシンプル
  • 細い糸で同色のステッチ

このようなベルトを選ぶことが望ましいとされています。

ベルトの太さについても、結婚式のようなフォーマルの場では、太いベルトはカジュアルな印象を与えるので、不向きです。

更に、スーツのベルトループは、ジーンズ等のカジュアルパンツに比べると幅が狭く作られています。

フォーマルに最適なベルトの幅(太さ)は3センチから3.5センチ程度が最もおすすめの長さだと言われています。

これらについても注意しながら、男性もベルト選びをしてみるといいですね。

ベルトの両端に入るステッチは、糸が細いものがフォーマルなので、。糸が細く同色で目立たないステッチが入ったベルトを選ぶのがポイントです。

太い糸のステッチが入ったベルトはカジュアルのイメージが強く、結婚式には向きません。



結婚式のドレスに合せるベルトのマナーについて【まとめ】


結婚式って本当にマナーが大変ですよね。

案内状の返し方から、ご祝儀の金額やご祝儀袋への入れ方・式当日の服装ドレスや髪形まで・・・どんだけマナーが多いねん!って突っ込みたくなりますよね。
結婚式のマナーに関しては、男性よりも女性の方が大変だと思いますね・・・。


まぁしかし、新郎新婦にとっては一生に一度の事(たまに2回以上の方もいますが・・・^^;)なので、ここは耐えてマナーをしっかり守りましょう。
あなた自身の結婚式の時もマナーを無視してアフロヘアーのかぶりものとかされたら嫌でしょ(笑)?

結婚式の服装や髪形には、いろいろなマナーがありますがドレス着用時のベルトにもマナーがある事をぜひ覚えておきましょう。

ベルトのマナーを知っておくことによって、結婚式に参列される際の服装選びにも、気を付けることが出来、安心して洋服を選ぶことが出来るのではないかと思います。