結婚式に招待されたら、男性だってお洒落をしたいものです。

女性ほどオシャレの種類の幅が広いわけではなく、基本、黒に近い色合いのスーツで、ネクタイ位しかお洒落出来るアイテムがない…と言った印象がありますが、ネクタイ一つで、いろいろなおしゃれを楽しむことが出来ます。



女性にはまねできないオシャレの仕方ですよね。

立場によっては白のみと言う方もいますが、色物や柄物が許されている場合には、どのようなネクタイがふさわしいのかをまとめました。

新郎新婦のご友人や同僚の方、マナーに反しない素敵なネクタイの色柄物を選ぶポイントをご紹介します。

会場や出席する立場、式のスタイル等によって変える、ネクタイの色や柄、素敵な装いで、男性としての魅力もアップさせることが出来ます。

今回は、結婚式のネクタイにふさわしい色柄の選び方とコツについてお伝えします。


スポンサーリンク






格式高い結婚式での色は

結婚式のネクタイで、最も相応しい色は、光沢のある白色が、結婚式に最も相応しい色として言われています。

素材は、シルクやサテン等、上品な光沢がある物を選びます。

ご年配の方や、ご親族の方が着用する機会の多い白色のネクタイは、フォーマルな慶事の席では、正式なネクタイに当たります。

格式高い会場に行かれる場合は、白を選んでおいた方が礼儀正しいマナーです。
また、親族側として結婚式に参列される際にも、白いネクタイは必須です。

素材の良い、白色のネクタイを1本持っておけば、長く愛用出来、重宝する1本になるでしょう。

紳士服売り場等に行けば、購入することが出来るので、持っていると良いかもしれません。

スポンサーリンク




友人の結婚式で色ネクタイを選ぶなら?

同僚やご友人と言った立場で参加される方には、ちょっぴりオシャレな色物のネクタイを付けるのもおススメです。

マナーをしっかりと守られていることが条件として、人気の色は、シルバーやライトグレー等、白に近い色です。

カラーネクタイは、正式な白ネクタイでの装いは、ちょっと…と思われる若い方に人気があります。

パステルカラーのブルーやピンク、イエローやグリーン、シャンパンゴールド等も結婚式のネクタイには人気の色と言われており、結婚式に相応しい華やかな印象に仕上がります。

チェック柄や、どっと柄もOKとされていますが、柄物を入れる場合には、同系色の柄物を入れることで、さりげないオシャレ感を出すことが出来ます。

ガラガ具エルタイにカジュアル感が増すので、あまりカジュアルにならないようにするところも、ネクタイ選びのポイントです。


スポンサーリンク





かっこよく決まるネクタイの太さとは?

ネクタイの色について気にする人は沢山いると思いますが、オシャレなネクタイ選びのポイントとして、ネクタイの太さにもこだわってみてはいかがでしょうか。

ネクタイの太さにも、カッコ良さがでます!

今のネクタイの太さは7.5cm~8.5㎝ほどです。

ネクタイにも流行りがあり、20年弱前だと思いますが、ナロータイというネクタイが流行り、太さはだいたい5cm~6cmほどの細いネクタイが流行りました。

このネクタイは、アパレルブランドでは10年程前から販売を停止しました。

今のネクタイは、7.5cm~8.5cmを選ぶと良いですよ。


スポンサーリンク




結婚式のネクタイの太さ【まとめ】

結婚式のネクタイを選ぶ際には、色にもポイントがあります。
格式ある結婚式や親せきとして参列する場合には、白のネクタイを着用します。

友人の結婚式に参列する場合には、白でも同系色の柄のあるネクタイや、色のあるネクタイを選ぶのもおススメです。

黒のネクタイを選ぶのはマナー違反なので気を付けましょう。

ネクタイで、オシャレに差をつけてみるのもいいですね。