あれこれ悩んでやっと出した結婚式の招待状。
なのに〆切期限過ぎても返信ハガキが返ってこない…。
不安になりますよね。


最終的な人数がはっきりしないと準備がなかなか進まない。
席次表やら引き出物やら料理のことなど。

この頃は結婚式まで後1か月弱。
やらなきゃならないこともそろそろ最終段階。
なのに、決まらないことがまだ残っているって焦りますよね。

返信ハガキが返ってこない数人のために、気持ちに余裕がなくなるなんてつらすぎる。

期限が過ぎてしまったなら、それは明らかに相手のマナー違反。
もちろん催促していいんです。
でも、催促ってなんにしても言いにくいもの。
返信ハガキを返してほしいけどなんて言ったらいいか…。

大丈夫です。
角が立たず、相手不快にさせない例文をご紹介します。


スポンサーリンク





結婚式の返信ハガキの催促方法は?

出席してくれる前提で招待状は出しているものの、仕事や体調不良などで欠席ってことだってあり得ます。
最終的なことはやはり返信ハガキで確認したいもの。

出欠席ももちろん大事ですが、住所や氏名など把握するためにも返信ハガキは必要。

返信ハガキを出していないのって、書き忘れ、出し忘れがほとんど。

私にも経験があります。
早々に書いたのに、車のダッシュボードにまさかの入れっぱなし。
期限を過ぎて返信するという失態でした。

中には仕事や家の都合で、まだ返信ができない人もいるでしょう。
プランナーさんにギリギリの最終期日を聞いておくことも大事。

でも基本的に、期限が過ぎた返信ハガキをいつまでも待つ必要はありません。

では、どうやって催促すればいいのでしょうか。

メールやラインを知り合う仲なら、まずはそれらのSNSツールが手っ取り早い
相手の時間を気にせず送れますから。
ちょっと言葉で言いにくいことも文章なら伝えやすいですよね。




ただ、返信の期限が過ぎても1週間くらいは待ってみてください。必ず遅れて届くハガキがあるので。
それを待っても届かなければ催促をするべき。

スポンサーリンク




催促の書き方で気をつけたいこと

書き方のポイント。
こちらの手元に返信ハガキがなく、自分が失くしてしまったのかと不安に思っているということ。

あくまでも相手が出し忘れているのではなく、自分の手違いかもしれないという点を強調
相手を責めないってこと。
そうすれば角が立たずにすみます。

電話やメール、ラインなどで返信ハガキのことを聞くついでに出欠席も聞いてしまいましょう。
それなら返信ハガキを待たずに準備が進められますから。


親戚関係で返信が来ない人は親に頼んでしまってOK。

「席次表などの漢字間違えをしたら困る」
「プランナーさんに催促されている」
などを理由に、返信ハガキは必ず出してもらってくださいね。



【結婚式返信ハガキ】催促例文

《 友人あて 》


変なこと聞いて申し訳ないんだけど
結婚式の招待状って届いてるかな?
○○ちゃんの返信ハガキが見当たらなくて
もしかして私が失くしちゃったのかと焦って連絡したの
出席してもらえるってことでいいかな
プランナーさんに急かされちゃって…

行き違いだったらごめんね
招待状の返信ハガキがまだ届いてなくて…
郵送途中で迷子になった?とか
私失くした?って不安になっちゃって
ほんとに申し訳ないんだけど
料理や引き出物の関係もあって
出欠席だけ先に教えてもらえるかな



《 目上の人 》

お忙しいところ失礼いたします
大変恐縮なのですが、結婚式の招待状は届いておりますでしょうか
返信ハガキが見当たらず、私の不手際で紛失していたらと不安になりまして…
以前、出席いただけるとお聞きしましたが
特にご都合が悪くなったなどございませんでしょうか

このような連絡をすればうっかりしてた、ごめんねなどの返事がくるかと思います。

こちらこそ失礼なことしてなくてよかった
慌てなくて大丈夫なので返信ハガキよろしくお願いします
と、返事の文章の中に改めて返信ハガキを出してもらうよう念押ししておきましょう。

ラインやメールの返事もない人には、再度「○日までに」と期限をつけて送ってしまいましょう。
電話なら留守電に。

それでも返事も返信ハガキもなければそれまでの縁です。
悲しいけれど、落ち込まず割り切ってください。

スポンサーリンク





結婚式の返信ハガキが返ってこない時の催促例文【まとめ】

返信ハガキが返ってこないと準備も進まないし困りもの。
早く届いてほしいけれど、催促も言いづらいですよね。

でも、期限が過ぎたのなら、それは相手のマナー違反。
式の準備もあるし、催促していいんです。

といっても返信まだ?などとストレートに聞くのは避けましょう。忘れていた方が悪いとわかっていても、不快にさせてしまう言い方はN G。

相手を責めず、うまく言葉のクッションを使ってくださいね。
出したくても出せないとか、郵便の不手際など忘れた以外にも理由はあったりすることもあるので。