女性親族の場合の結婚式の衣装について、すごく気になりますよね。



今回は、60代の女性の結婚式・披露宴の衣装についてご紹介します。


スポンサーリンク





60代女性親族の結婚式の服装は何がおススメ?

ロングドレス

60代の女性親族の結婚式や披露宴でのおススメ衣装の一つに、ロングドレスがありますが、クールで美しい印象に見せてくれます。

60代女性がロングドレスを着ることによって、落ち着きのある気品をアピールすることが出来ますよ。

若い人にはない、魅力を演出することが出来ますよ。



シフォンワンピースドレス

シフォンワンピースは40代の人の方が似合うんじゃないの?と思われる人もいると思いますが、タイトなスカートをはくことで、エレガントに演出してくれます。

ひざ丈で長めのスカートにすることがポイントです。
60代女性がシフォンワンピースドレスを着ることによって上品な演出をすることが出来、気品のいい印象を与えることが出来ます。

もし、スタイルに自信がない…と思われる方には、ロングドレスを選ぶ方が、いいかもしれません。

私は、体型に自信がないので、タイトスカートが似合うと言われても、絶対に履けません…


スポンサーリンク





和服を着る場合

60代女性は、正式には結婚式や披露宴で黒振袖を着ることが、当たり前です。

若い人が着ると、少し違和感を感じますが、大人の女性が着るとなんだかカッコいい感じがします。

黒い服装って地味で暗いイメージを持たれる方も少なくはありません。

でも、黒い衣装は、大人っぽく上品な色合いとしても、オシャレに着こなすことが出来る服装です。

60代の女性には、金色も似合うので、黒振袖を着る時は、金色を多くあしらった華やかな模様の黒振袖を選ぶのもおススメです。

大人の既婚者の女性は、親族の結婚式で黒振袖を着ることが当たり前だと言われています。

しかし、最近ではカジュアルな結婚式も増えているため、考え方も変わってきているのかもしれません。

ちなみに私の結婚式の時は、両家の母親はスーツでした。
黒振袖をレンタル…金銭面や時間的な問題からも、スーツでカジュアルに…と判断した結果です。

カジュアルな結婚式でも、黒振袖を着る方は多く、私の場合は稀なケースだと思います。

髪形は、長い髪の人であれば、一つにまとめるのがおススメです。
ショートヘアの人であれば、そのままの髪形でもいいですが、毛先にパーマを当ててボリュームを出してもきれいです。

スッキリとした髪形であることが、ポイントですよ。

スポンサーリンク





60代の女性の結婚式でも髪形と服装【まとめ】

女性の親族の結婚式や披露宴では、年齢に合った正装をする必要があります。

親族であれば、黒振袖を着ることが決められていますが、黒振袖は、大人の女性が着るほど、魅力的に演出することが出来るものだと思っています。

50代の女性も、黒振袖を着ますが、60代の女性には金色も似合うので、50代の女性に比べて、黒振袖に金色の模様が多く描かれたものを着るのが望ましいとされています。

若い女性も確かに魅力的できれいです。
しかし、若作りするような服装をするより、今の年代にしかできない大人の女性の美しさをアピールできるドレスや着物を着るのが、最高三魅力的です。

女性の親族の結婚式や披露宴に、フォーマルでも輝くおしゃれなスタイルで望みたくなりますね。

最近では、60代の女性でも、若々しく背伸びをしていない美しさを保っていらっしゃる方が多いです。

年を取った時にはこんな風になっていたいなと思えるような人と沢山出会うようになりました。

いくつになっても、いつでもどこでも自由にファッションを楽しみたいですよね!!
マナーを守りつつ、飛び切りオシャレをしちゃいましょう。