お友だちの結婚式で頼まれてしまった余興!

お祝いして会場を盛り上げてあげたい気持ちはあれど、他のお友だちと打ち合わせや練習する時間がとれなくて、練習できない場合、どうしたらいいのか…




事前にちょっとした打ち合わせや、各自で練習するだけで当日簡単に合わせられる便利な余興があると良いですよね。

今回は、簡単な余興で結婚式を盛り上げるコツをご紹介します。

スポンサーリンク




練習なし・時間なしでも簡単だけど最高に盛り上げる結婚式の余興とは?

ネットでも多く取り上げられている余興ですが、実際にいとこの結婚式に参列した時にやっていたゲームです。

笑い 感動を巻き起こしますよ。


質問の答えに、新郎が「妻の○○です」と言うだけのシンプルなもの。

新郎さんに様々な質問を投げ掛けて、その答えはすべて「妻の○○です」としてもらう余興。

事前の準備は、参加メンバーでLINEなどを使い質問を考えるだけ。


当日はハンドマイクをお借りして一人(もしくは二人)で新郎の横にスタンバイ。

質問に答えるときにマイクを突きつけます。

これだけなので、当日に打ち合わせするだけで簡単に出来ちゃいます。



司会を務める人がこの余興の趣旨を説明します。

「これから結婚する新郎□□さんに、大切なことをお教えします。第三者に○○さん(新婦の名前)を紹介するとき、今後は『妻の○○です』と言わなければなりません。明日からきっと役に立ちますのでここで練習をしてみましょう」

「隣にいるのは?」
「世界で一番かわいいのは?」
「お料理上手なのは?」

などの説明でとりあえず「ああ、そういうことね」とゲストに内容をわかってもらいます。

ここではノロケの質問がオンパレードでした。

ちょっと、そろそろいいかな~…と場が和み始めたと思ったら…

「さっきつまみ食いをしたのは?」
「実は眠くて仕方ないのは?」
「夕べのおかずは?」
「さっきおならをしたのは?」

などの質問をぶっこみ、笑いを巻き起こさせます。

最後は「世界で一番愛している人は?」などの質問で締めると美しいと思います。

スポンサーリンク




練習・準備時間なしでもできる結婚式の余興2 直接気持ちを伝える

会場内で友人たちが、新郎新婦に向けてのメッセージを直接伝える。

と言うだけの余興ですが…

仲が良くても普段なかなか言えなかったことをマイクなしで大声で主張するのは、すごく勇気がいりますよね。

シンプルではありますが、とても感動を揺さぶられる余興だと思います。

これは、友人の結婚式で実際に行っていました。

新郎の友人が、新郎に向けて…「愛してるぜ~~~!!!2人とも!!」と、叫んで、笑いを巻き起こしていました(笑)

どれだけ仲良しでも、なかなか普段、心の奥で思っていることを伝えることはなかなかないと思います。

恥ずかしさもあるとは思いますが、友情を深めるいい機会なのかもしれませんね!

その他にも、簡単だけど楽しめる余興は沢山ありますよ。

ビンゴゲームやクイズ、スピーチリレー、表彰状など、発想一つで存分に楽しむことが出来ます。

事前の打ち合わせも、当日にサクッと打ち合わせをするだけなので、簡単ですよ。

私の結婚式では、余興もスピーチも頼みませんでした。

私が余興をしたことがあり、その時の緊張感は今で忘れられない…と思ったのと、緊張せずに最後まで楽しんでもらうために、新郎新婦自らが余興をして、ゲストの人を楽しませていました。

司会者の人にも、たくさん協力してもらいましたよ!

その一つに、○×クイズを行い、最後まで勝ち残った人にクッキーをプレゼントしました。

スポンサーリンク




練習なし準備時間ナシでもできる結婚式の余興は?【まとめ】

結婚式では、余興で盛り上げるのは定番になっていますよね。
最近ではいろいろな余興がありますが、見ていて楽しめる余興や、即興でも楽しめるような余興のアイディアがたくさんあります。

余興を任されている人は、是非、いろいろな余興を参考にしてみるといいですね。