ワークマン【ひんやりタオル】は冷たすぎや寒すぎ?また口コミの評価は?

ひんやりは猛暑にとってなくてはならない存在です。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

そこで今回ではワークマンで販売されている冷感タオルは冷たすぎる!?というのを発見したので詳しく書いていきたいと思います。

ワークマンのひんやりタオルは寒すぎる!?

ワークマンのひんやりタオルがとても冷たいと話題になっているようです。

お値段は980円税込みです。商品名は「クールコアタオル」です。
サイズは幅は約30センチで長さが約110センチです。

素材はとても柔らかく、紫外線カットの効果もあるみたいです!
ひんやりといえば大体濡らして使うのがもはやおなじみですがワークマンさんのタオルも同じです。

濡らす、絞る、振る
こちらは約3秒から5秒かけて強めに振るのがコツなんだそうです。

たったこれだけで寒くなるほどのひんやり感は猛暑の日で体感したいですよね。
実際に使われた方は、飲食店で出てくるようなひんやりしたおしぼりと同じくらい冷たいらしいです!

安い商品はひんやりシリーズは、あっても触ったときにあ、こんな感じかとあまり感動しないのが本音でありますね。

ワークマンさんのひんやりタオルは首に巻く以外にもパソコン作業されている方にも手首に巻いたりして冷たさを実感できるといいですね!

ワークマンのひんやりタオルは2種類ある!?

なんとワークマンさんのひんやりタオルは2種類あるようです。

1つはスポーツ、レジャー野外作業に向いているシリコンケースつきのタオル税込み499!とても安い!

2つ目は、屋内外作業、熱中症対策、レジャーアウトドアです!
500円しないのに、特に熱中症どちらともそこまで内容は変わらないように思います。
こちらも税込み499です!安いですね!

サイズも普段使うフェイスタオルとサイズは同じ感じなんだそうです。

1つ目に紹介したタオルにはシリコンケースがついていました。
こちらは携帯用なんだそうです。とてもかわいらしいデザインですし、カバンにスッポリ入れることができますね!

色味はブルー、グリーン、パープルとあるようなので男女とも使えますね!
2つ目のタオルも普通のフェイスタオルと変わらないサイズとなっているようです。

大きすぎると使いにくくなるのでジャストなサイズですね!

ワークマンひんやりタオルの口コミは!?

冷たすぎるという方も多くいますが、実際振って測定結果を出した方がいましたがお部屋の温度が35度で10回振ったみたらなんと26度まで下がったようです!

振るだけで温度が下がるって簡単すぎですよね!
また商品名のクールコアは、米社のクールコアから特許商品なんだそうです。

米国は、ひんやりシリーズもなにかと進んでいるんだなと思いました。
また個人的に米国とあってデザインがカッコいいです。

ワークマンさんのひんやりタオルは種類がいっぱいあるみたいですね!
中には、アイスタオルという品名もありますね。

お値段なんと399円!やばいです。安すぎます。
こちらの使用は、炎天下での現場作業やガーデニング、農作業とありました!
色味はイエロー、ブルー、ブラックがありますね。

私は断然安い399円の方を選んじゃいますね!!
ワークマンさんのひんやりタオルはどれもが期待しちゃいますね。

ワークマンひんやりタオルは冷たすぎや寒すぎ?【まとめ】

ワークマンのひんやりタオルを紹介していきました。
みなさんはどれが欲しい!使いたいと思いましたか?

私はやはりお値段の安い方に目がいってしまいましたね。
またカラーもイエローと好きな色があったのでそれも買いたい理由ですね!

これだけいろいろと米国では日本よりも素晴らしい冷感タオルを日本で販売して
なにより実際の温度より大幅に冷たいを実感させるのは、相当難しかっただろうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください