保湿クリームを塗りすぎると痒くなるのはなぜ?痒みの原因とお手入れ方法

保湿クリームを塗った後、お肌がチクチク痒くなる事がありませんか?

すぐに洗い流すのがいいのか、少し我慢した方がいいのか悩みますよね。

この記事では保湿クリームを塗りすぎで痒くなる原因3つと、痒みが出た時のお手入れ方法についてご紹介します。

保湿クリームの塗りすぎで痒くなる原因3つ

保湿クリームの酸化

酸化って聞いたことありますか?

保湿クリームには油分が多く含まれています。

例えばお料理で揚げ物を作った時に、透き通った油が時間とともに色が濃くなったり、嫌なニオイがしたり…とこれが油が酸化している状態です。

化粧品には酸化しないように、酸化防止剤が入っていますが、過剰に油分を与えすぎると、長時間肌に残ってしまうので、汗や皮脂と混ざり合った肌の油分が空気や紫外線に触れ、酸化が起こります。

酸化するとお肌へ刺激となって痒みとなってしまいます。

お肌の表面の油分にホコリや刺激物が付着しやすくなる

肌表面の油分が多く、ベタついていると、空気中のホコリ、ハウスダスト、P M2.5などの目に見えない刺激物や細菌がお肌につきやすくなるので、炎症などを引き起こしたり、細菌が増える事で、お肌のダメージとなって肌にかゆみや赤みがでてしまいます。

保湿クリームの塗りすぎは、毛穴を塞いでしまうことも

保湿クリームの役割は、肌表面に油膜を作り水分を蒸発しないようにしてくれますが、その性質から多くつけてしまうと毛穴を塞ぐことになり、そこからアクネ菌が増える事でニキビや痒みに繋がってしまいます。

痒みがでた時のお手入れ方法

痒みが出た時はすぐに洗い流す

痒みが出た時は我慢せずにすぐ洗い流しましょう。

お肌の刺激になっている状態なので放っておくとニキビや肌荒れ、シミの原因になってしまいます。

自分の肌質に合わせたお手入れをする

全ての肌悩みは乾燥からはじまると言われているくらい、乾燥する事はお肌にとってはよくないです。
ですが、重ね過ぎたり、塗りすぎたり、過剰に保湿する事もお肌にとってはダメージになってしまいます。

美肌を保つために大切なのは、水分と油分のバランスです。水分量:油分量=1:2が理想と言われています。

まずは自分の肌にとって水分が足りないのか油分が足らないのか、肌性を確認しましょう。

肌性は生まれつき決まるので大きく変わる事はありませんが、季節や食生活、年齢によっても変わる事があります。

その時の肌性に合わせてお手入れする事が大切です。肌性は、肌の水分量と皮脂量のバランスによって大きく4つに分かれます。

(1)普通肌
水分、油分のバランスがとれたお肌。キメが細かく、毛穴も目立たず、化粧ノリも良いお肌です。

季節の影響を受けやすいので、乾燥する時期は保湿クリームを乾燥する部分に塗るなど調節して使いましょう。

(2)脂性肌
水分も油分も多いお肌。

キメが粗く、毛穴が目立ち、化粧ノリはいいですが、化粧崩れしやすいお肌です。

過剰な油分を抑えるケアが必要なので、保湿クリームは使わず、毛穴を引き締めて皮脂を抑えるさっぱりタイプの化粧水や保湿クリームよりも油分の少ない乳液がおすすめです。

(3)乾燥肌
水分も油分も少ないお肌。キメが細かく、毛穴も目立たないですが、カサつきやすくツヤがありません。

化粧ノリはよくないですが、化粧崩れはあまりないお肌になります。乾燥ケアがしっかりできる保湿効果の高いスキンケアがおすすめで、乳液の後に保湿クリームをつけたり、週に1〜2回マスクなどを使いながら水分も油分も与えるお手入れがおすすめです。

(4)脂性乾燥肌
水分が少なく、油分の多いお肌。キメがやや粗く、毛穴もやや目立ちます。化粧ノリが悪く、化粧崩れもしやすい肌です。

水分、油分のバランスを整えるお手入れが必要です。油分よりも、水分を増やしながらバランスを整えたいので、保湿クリームは使わず、化粧水を奥まで届ける導入美容液をプラスするのがおすすめです。油分が多いので、乳液もベタつきやすいTゾーンは少なめにして、調節して使いましょう。

サプリメントで油分を補う

量を調節しても、肌質に合わせて使っても、どうしても保湿クリームで痒みが出てしまう場合は、外側からでなく、内側ケアを取り入れましょう。

保湿クリームの代わりに取り入れたいのは「セラミド」です。

そもそもセラミドが何かというと肌表面の細胞同士をつなぎとめている脂質、油の事です。

セラミドが少なくなると、肌からどんどんうるおいが逃げて乾燥してしまいます。

セラミドはドリンクタイプ、粒タイプ、顆粒タイプとあります。

セラミドは肌に必要なうるおい成分を内側から補う事で乾燥ケアがでる美容成分になるので、積極的に取り入れるのがおすすめです。

保湿クリームを塗りすぎると痒くなるのはなぜ?【まとめ】

美肌を保つためにお手入れを念入りにしてしまいがちですが、保湿クリームを塗りすぎる、重ねすぎると、かえってお肌のダメージになってしまいます。

まずは自分の肌に保湿クリームがいるのか、いらないのか自分の肌性や季節に合わせたお手入れをしながら、綺麗なお肌を目指しましょう。