乾燥肌はお風呂に入らないと緩和する?肌を綺麗に保つ3つのポイントを解説!

乾燥肌は女性の天敵。

乾燥によって肌が敏感になると、メイクのノリが悪くなったり崩れやすくなったり、基礎化粧品が沁みたり、しわが増えたり……とにかくトラブルが絶えないもの。

空気が乾燥する秋から冬にかけては、特に辛いですよね。

そんな乾燥肌の悩みは、お風呂に入らないことで簡単に緩和することができるんです。

お風呂に入らないって、具体的にどういうことなのか。

その詳しい内容と、肌を綺麗に保つための3つのポイントをご紹介します。

乾燥肌はお風呂に入らない美肌戦略もあり?

「乾燥肌 お風呂」で検索すると、「私は完全にお風呂断ちしています!」という意見もちらほら目にしますが、肌にとってベストな入り方は、2~3日に1回程度の入浴です。

つまり、お風呂(湯舟)には毎日入らず、シャワーだけでささっと済ます入浴法

毎日熱めのお湯で身体をゴシゴシ洗ったり、長時間お風呂に入ってしまうと、皮膚の角質層(皮膚の一番上の層)が傷つき、水分の蒸散を招いてしまします。

お風呂での洗いすぎが、肌の乾燥を悪化させてしまっていたんです。

ちなみに筆者である私も「シャワーだけ入浴」を実践し始めて3年以上ですが、おかげで冬でも乾燥知らず!

もともとアトピー持ちで肌も弱かったため、子供のころから乾燥肌に悩んでいました。

服と肌の摩擦が痛かったり、指先にたくさんのあかぎれができたり、散々でした。そんなある時、美肌で有名な某芸人さんが「実は僕、何年も顔を洗っていないんです。

だから肌がツヤツヤなんだと思いますよ(笑)」とテレビでコメントしているのを目にしてから、「そうか! 顔も身体も同じ皮膚なんだから、いっそ洗わなければ乾燥しないんだ!」と気付き、お風呂に入らない生活を始めてみました。

とはいえ、完全にお風呂に入ることをやめてしまうと、夏場は臭いも気になるし、べたべたもします。

社会で生活していくうえで、清潔感も大切ですよね。

肌に残った汗や脂が湿疹の原因にもなるので、適度な入浴も必要です。

汗をたくさんかいた日や汚れが気になるときだけ、しっかり身体を洗うようにして、普段はお風呂に入らずシャワーだけで済ますのがオススメ

続いて、入浴時の3つのポイントをご紹介します。

肌を綺麗に保つ3つのポイント

お湯で8割の汚れは落ちる!洗浄剤は極力使わないで

シャワーだけで済ますときも、ボディーソープやせっけんは極力使わないで。

人間の身体は皮脂腺が少ないので、湯あみだけで8割の汚れは落とせるといわれています。

ボディーソープやせっけんで洗うのは、汗やにおいが気になる脇の下、デリケートゾーン、足の指の間など。腕やお腹、脚などは、普段はお湯で流すだけでOKです。

洗浄剤を使う場合は、なるべく肌と同じ弱酸性のものを選んでみて。汚れを落とす力は弱いですが、肌に優しいので乾燥肌でも安心して使えます。

赤ちゃん向けのボディーソープは弱酸性のものが多いので、売り場で参考にしてみてくださいね。日焼け止めがちゃんと落とせるか気になる……という方は、せっけんで落ちるタイプの日焼け止めを使うと、肌が痛みませんよ。

刺激を減らして!タオルで洗わずに、泡で洗う

さらに、洗い方にもポイントが。これも別の某芸人さんの発言ですが、「元カノに教えてもらった泡洗顔だけは、今でも忠実に守ってます」のように、身体も泡で優しく洗うのがベスト。

乾燥肌を悪化させる原因の1つに、肌をゴシゴシこすったりする、物理的な刺激があるんです。

角質層はとってもデリケートで、なんとラップ1枚の薄さ。

ゴシゴシこすると、簡単に剥がれていってしまいます。

乾燥肌を緩和させるためには、タオルやスポンジは使わずに、よく泡立てたふわふわの泡で洗ってみて。

洗浄剤を使わない箇所は、基本的にお湯で流し、軽く手で撫でる程度にしてみてくださいね。

シャワーの後は、徹底的に肌をバリア!

きれいになった肌は、すかさず保護してあげましょう。

洗った後の肌は、水分がどんどん失われてしまいます。

ささっと身体を拭いたら、何はなくとも素早く化粧水で水分を補うこと!

この時も刺激を減らすために、手で優しく塗ってくださいね。化粧水で角質層に水分を補った後は、クリームなどで油分を補います。

スキンケアで大切なのは、洗浄、保湿です。

乾燥肌の方は、お風呂に入らないことで肌を守り、丁寧な保湿でさらなる乾燥を防ぐ。

これを毎日継続することで、乾燥肌の緩和と綺麗な肌がきっと実現するはず!

乾燥肌はお風呂に入らないと緩和する?【まとめ】

乾燥肌を緩和するには、まず肌の乾燥を防ぐこと。

お風呂に入らず皮膚に負担を与えないことが、綺麗な肌への一歩となります。

乾燥肌で悩んでいる人は、適度な入浴頻度、2~3日に1回程度を試してみてくださいね。

身体を洗うときには、身体の部分によってボディーソープをつけて洗う所、つけずに洗う所を決めるのもポイントです。

ゴシゴシこすらず、泡か手で優しく撫でるように。

そのあとは素早い保湿でフィニッシュ! 入浴方法を変えて、あなたの肌がしっとりつやつやになりますように。よければ試してみてくださいね。