化粧下地の【使用期限】は実際どれくらい保つの?基本的な使用期限をおさらい!

食品同様化粧品にも使用期限があるのは皆さんご存じでしょうか?


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

久々に引き出しを漁ってみて、使ってみたい化粧品を見つけて喜んでいても、パッケージを裏返すと使用期限がとっくの昔に切れていた、、、みたいなことってありますよね。

せっかく見つけたのに速攻ゴミ箱行きになってしまうのが切ないですよね。

この記事では、化粧品の使用期限はどうやって調べられるのか、開封しているかどうかで変わるのか、使用期限が切れた後に使ってもいいのか、使用期限切れの化粧下地を使ったらどんな影響があるのか(ちょっと怖いですよね)をご紹介しようと思います!

どうぞ最後までお付き合いください。

化粧下地の使用期限はどうすれば調べられるの?

皆さんは化粧品の使用期限をどうやって調べていますか?

ほとんどの人が、「パッケージに書いてある!」と答えると思いますが、実は中にはパッケージに記載されていない商品もあります!

「それって商品としてどうなの?」と思う人も多いと思いますが、実は日本の薬事法では製造後3円以上使用できるものは消費期限を表示しなくてもよい決まりになっています!

まずは化粧下地のパッケージを見ることをお勧めしますが、一般的な化粧下地であれば未開封であれば3年間は問題ないと思って大丈夫です。

化粧下地は開封後、使用期限はどうなるの?

先ほどご紹介した「製造後3年間は大丈夫」というのは未開封の場合でしたが、開封済みの商品ですといかがでしょうか。

一般的に言われているのは、化粧下地の開封後の使用期限は半年です。

水分量も影響すると言われているので、例えば水分を含むリキッドファンデーションは半年くらい、水分を含まないパウダーファンデーションは半年から1年くらい保つと言われています。

開封したときから化粧品の酸化は始まっているので、なるべく早く使うことは意識してくださいね!
例えば変色している、なんか変なにおいがするなどすれば今すぐ使うのをやめてくださいね!

使用期限切れの化粧下地って使っていいの?

・・・でもどうしてもお気に入りの化粧下地が眠っていて、使用期限が切れて居た場合、果たして使ってもよいのでしょうか。

やはり基本的に使うのはNGです!

未使用だったらいいのでは?未開封だったらほぼ新品と一緒じゃない?と思ってしまいますが、使用期限がわざわざ定められている上で、大事な肌に塗るものなのでそこは我慢をして、勇気を出してゴミ箱に捨てましょう。

使用期限切れの化粧品を使ったらどうなるの? 

もし使用期限切れの化粧品を使うとどうなるかというと、人によってはお肌トラブルに繋がってしまい皮膚科に行かなくてはいけなくなる人もいます。

前にも記載したように、空気に触れると酸化が起き、黄色ブドウ球菌といった細菌が繁殖してしまいます。

そのような細菌がお肌に入りこんでしまうと、炎症や発疹、シミ、くすみ、ニキビやかぶれ、赤みの原因になってしまうことがあります。

肌に良かれと思って化粧下地を使っているにも関わらず、化粧下地原因で肌トラブルが起きてしまうのは本末転倒です!
思い切り捨てる意志をもっていましょう!

化粧下地の使用期限は実際どれくらい保つの?【まとめ】

いかがでしたでしょうか?

使用期限切れの化粧品を使うのは相当リスクがあることは伝わりましたでしょうか?
もったいない精神が働いてしまいますが、そこは容赦なく捨てるようにしましょう。

この記事のおさらいですが、、、

・基本的には、未開封の化粧下地であれば3年以内は品質に問題なく使える。

・もし開封してしまっていたら、基本は開封してから半年以内に使い切る。変色変なにおいがした際は使用せずに捨てる。

・使用期限切れの化粧下地は、未開封・未使用でも捨てる。

を覚えておいてください!

是非自分のお肌を大切にするために、化粧品の使用期限については覚えておきましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください