化粧下地と【ファンデーション】の役割とは?組み合わせ方はどうする?

化粧下地とファンデーションって全く違う役割があるのをご存じですか?
ファンデーションは使っても化粧下地を使わない人って意外と多いと思います。

しかし、化粧下地とファンデーションは役割が全然違うのです!


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

この記事では、化粧下地とファンデーションのそれぞれが化粧においてどんな役割があるのか、化粧下地やファンデーションを使わないとどんなデメリットがあるのか、化粧下地とファンデーションを組み合わせすることの重要性をご紹介させていただきます!

是非、今後化粧をする際に参考にしてくださいね!

化粧下地の役割って?

化粧下地は世の中の女性の半分くらいの人しか使っていないとも言われているくらい、意外と使っていない人が多い化粧品です。

そんな化粧下地の役割は、以下の通りです!

・お肌のテカリ防止

・皮脂や乾燥で引き起こされる化粧崩れ防止

・ファンデーションのノリを良くする

・紫外線、花粉、排気ガスからのダメージ防止

・・・どうですか?意外と重要なたくさんの役割を果たしているのです!

他にも、最近は日焼け止め機能(日焼け止めと同じくらいのSPFを持つ商品も!)やコントロールカラー機能、保湿機能付きの化粧下地も街中でよく見かけます!

自分の肌悩みに合わせて、化粧下地を使えばお悩み解消にも使えて一石二鳥ですよ。

ファンデーションの役割って?

次にご紹介するのはファンデーションです。
ファンデーションの役割は、以下の通りです!

・肌の表面を整える

・シミやシワ、そばかすといった肌悩みを隠す

・肌色を明るく見せる

ファンデーションの役割を知っている人は多いのではないでしょうか?
大人の女性は特に肌悩みを隠すのにファンデーションは必須といえるでしょう!

また、ファンデーションにも最近は様々なタイプのものが出ています!
肌悩みによってもおすすめのタイプが異なるので参考にしてみてください。

例えば、、、

・パウダーファンデーション

一番ベーシックな粉状タイプ。持ち運びが便利。べたつきやテカリが気になる人におすすめ。

・クッションファンデーション

 最近流行りのクッションにリキッド上のファンデーションが染み込んでいて、付属のパフでお肌に叩きこむタイプ。カバー力が強いので、肌悩みが多い人におすすめ。

・リキッドファンデーション

 液状のタイプ。水分や油分を多く含んでいる商品が多く、混合肌や乾燥肌の人におすすめ。

・・・他にも、ミネラルファンデーション、クリームファンデーション、ルースファンデーションなどなどたくさんのタイプのファンデーションが出ています。

この機会に是非、自分にはどのファンデーションが合っているかを探してみてくださいね!

化粧下地やファンデーションを使わないとどうなるの?

勿論化粧下地やファンデーションを使わない人もいます。(先ほども書いたように、化粧下地は半数くらいの女性が使っていないとも言われています!)

では、化粧下地やファンデーションを使わないことによるデメリットは何があるのでしょうか。

化粧下地を使わないことによるデメリットはやはり化粧崩れが起きやすいことだと言えます!

化粧下地はファンデーションの接着剤の役割もあります。そのため、化粧下地をつけずにファンデーションを塗ってしまうと化粧下地有りよりも崩れにくくなりやすいのです。

次に、ファンデーションを使わないことによるデメリットは、紫外線や花粉といった肌にダメージを与えるものを直接浴びてしまうことになります!

肌悩みを隠す役割もありますが、肌悩みに繋がる肌にダメージを与える事象から守ってくれているとっても重要な存在です。

化粧下地とファンデーションの役割とは?【まとめ】

今回の記事では、化粧下地とファンデーションのそれぞれの役割を紹介しました。
化粧下地もファンデーションもそれぞれ化粧において欠かせない存在です!

是非、自分の肌悩みに合う化粧下地とファンデーションをそれぞれ選んで、組み合わせて使ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください