保湿クリームで肌の【痒くなる】症状を改善しましょう!

肌が痒くなることを経験したことはありませんか。


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

冬に粉がふくほど乾燥し肌が痒くなる方や花粉症や肌荒れで痒くなる方も多いと思います。

今回は、そんな肌の痒みを改善する保湿クリームをご紹介したいと思います。

なぜ肌は痒くなるの?痒くなる原因は?

肌が痒くなるのは、「肌の乾燥とバリア機能の低下」が原因です。
それを改善しないと痒みを抑えて肌質を変えることはできません。

肌が痒くなるときは、いつものスキンケアではなく、肌に優しい成分が配合されている化粧品を使って、保湿を徹底しないといけません。

肌の水分保持機能は「セラミド」と呼ばれる成分の量によって決まり、セラミドが十分にある肌は潤いが継続し肌荒れが起こりづらいです。

本来肌はセラミドを自らつくっていますが、外部からの様々な刺激によりセラミドをつくることができなくなり、肌のバリア機能が低下してしまうのです。

バリア機能が低下すると外部からの刺激を受けやすくなり、痒み、肌荒れにつながるのです。
肌の痒みが気になる場合は、セラミド成分が配合されている化粧品を選び肌にセラミド成分を与えてあげましょう。

そうはいってもセラミド成分が配合されているのか商品を見ただけでわかるわけではないですよね。

今回は、肌に優しい成分が配合されていて、バリア機能を高めつつ保湿ができるセラミド成分配合の「保湿クリーム」をご紹介したいと思います。

保湿クリームで肌の痒くなる症状を改善!顔におすすめの保湿クリーム

【尊馬油】ソンバーユ無香料 75ml 2000円(税抜)

馬油は美容効果が高い成分です。

馬油の馬セラミド成分は、人の皮脂とよく似ておりもともと肌にある成分で保湿することができるので、バリア機能が低下している肌にいいのです。

私は肌の乾燥が気になる冬場や花粉症の時期に重宝していて、寝る前の乳液の後に塗っています。
それだけで赤み、痒みがおさえられるので気に入っています。

クレンジングや洗顔として利用する方もいらっしゃるみたいなので、万能アイテムです!
もちろん体にも使用できます。

保湿クリームで肌の痒くなる症状を改善!体におすすめの保湿クリーム

【キュレル】ローション ボトル 220ml 1430円(税込)

こちらは口コミサイト「@cosme」でベストコスメアワード2019ベストボディケア第3位を受賞しているボディローションです。
キュレルは敏感肌の方にも使用いただける化粧品なので赤ちゃんにも使っていただけます。

乳液に近い使用感なのですっと肌に馴染んでべたつきがないです。
お風呂あがりに塗った後洋服を着ても嫌な感じがありません。

無香料なのでボディクリームの強い香りが苦手な方にもおすすめです。

保湿クリームで肌の痒くなる症状を改善!妊婦さんでも使える保湿クリーム

妊娠すると、妊娠線ができないために保湿を心掛ける方が多いと思いますが、お腹が大きくなるにつれて体(特にお腹、腰回り)が痒くなりませんか。

痒くてかいてしまうとそれが妊娠線の原因になったりするらしいです…。
ここからは妊婦さんでも使える、保湿&妊娠線予防ができるおすすめの保湿クリームをご紹介します!

【ALOBABY】妊娠線クリーム(ボディマーククリーム) 200ml 3300円(税抜)

ALOBABYは敏感な赤ちゃんの肌のために生まれた国産オーガニックベビースキンケアブランドです。
赤ちゃん用と妊婦さん用の商品を取り扱っており、妊婦さんには必須の葉酸サプリも販売しております。

この妊娠線クリームは、乾燥&妊娠線予防に大事な保湿ができるのはもちろん、乾燥による痒みもおさえる成分が配合されています。

香りは柑橘系がほのかに香る程度なので、においに敏感な妊婦さんも使用いただけると思います。
私は妊娠中このクリームを使用し、今現在は子供に使用しているくらいお気に入りです!

保湿クリームで肌の痒くなる症状を改善しましょう!【まとめ】

肌の痒みが気になったら原因を突き止めるのと同時に、スキンケアを見直しましょう。

肌の乾燥、バリア機能の低下を改善しないのは肌への負担も大きくなっていき肌荒れが悪化していきます。
痒くなる前に予防もかねて肌のバリア機能を高めつつ肌を保湿しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください