保湿クリーム、【敏感肌】でもドラッグストアで手軽に買える??

「保湿よ!保湿がなによりも大事なの!」
「お肌のためには保湿が欠かせないわっ!」
「しっかり保湿しないとシワになるわよ!」


*画像はイメージです。画像と本文と直接の関係はありません。

テレビや雑誌など、ありとあらゆる場面でよく耳にする類の言葉ですね。
正直、もう聞き飽きた!なんて方も多いのではないでしょうか?

しかし、耳にタコができるほど言われ続ける「保湿の大切さ」にはやはりそれなりの意味があるのです。

「保湿が大切なのはわかっているけれど、私は敏感肌だから自分の肌に合う保湿クリームになかなか出会えないの。」
「ドラッグストアで手軽に買えるものが理想だけど、なかなか巡り合えなくて…」
「高級コスメしか受け付けないの」

そんなお悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょうね。
でも大丈夫!

私もかつては「超」がつくほどの敏感肌でしたが、特別な治療や体質改善、食生活の改善などをしなくてもキレイなツルピカお肌を手に入れることができました!

興味のある方は、是非このまま読み進めてください。
あなたがキレイなお肌を手に入れるお手伝いができればと思っています!

敏感肌って結局どんな肌のことなの?

そもそも敏感肌という種類の肌はありません。

「敏感肌」というのは、症状の名前です。
どういうことなのか、詳しくご説明いたしましょう。

今みなさんがご自分のお肌を見た時に見えている部分のことを角層といいます。
その角層は厚みが0.02mmという驚異的な数字!

身近なもので例えると食品用ラップや、ちょっと厚手のビニール袋ぐらいしか厚みがありません。
ですがその0.02mmはとっても重要な役割を担っています。

役割の一つ目として、体が乾燥しないように、肌の水分が逃げていくのを防いでいます。

そして二つ目は、ホコリや菌などアレルゲンの侵入を防ぐという役割です。
あなたのお肌を外的刺激からブロックしてくれているのです。

このブロックする働きのことを「バリア機能」といいます。
このバリア機能こそが敏感肌を知る上での最重要ポイントとなります。

バリア機能が正常だと、外部からの侵入もなく、内部の水分・脂質が逃げていくのを防いで、潤いのあるお肌を保てます。
その状態こそが、みなさんの理想とするツルピカお肌の状態なのです。

裏を返せば、バリア機能が異常だと、あなたのお肌からはどんどん水分と脂質が抜けてゆき、ガッサガサに。
そして、ホコリや菌が入りたい放題。

そのままにしていると、ニキビや肌荒れにつながります。
そして、ほんの少し外部から刺激が加わると(化粧品を使うことも刺激に含まれます)、ヒリヒリしたり赤くなったりしてきます。

痒みが生じることもあり、そのまま掻き壊して傷になることもしばしば。

この酷い状態こそが「敏感肌」とあなたに言わせている状態なのです。
決して合わない化粧品のせいではありません。

ドラッグストアで気軽に買った化粧品が悪いわけではないのです。
バリア機能がうまく働いていないお肌のせいなのです。

それでは次の章で、敏感肌の改善策を一緒に考えてみましょう!

バリア機能を取り戻すために必要なこととは?

バリア機能を回復させるために必要なこと。
それはズバリ、正しい洗顔と保湿です。

よく聞きますよね、「ぬるま湯で〜」とか、「泡で洗って〜」とか。

あれにも立派に理由があるのですよ。
わかりやすく、食器洗いの時のことを思い出してください。

油でベッタベタの食器を、あなたはどうやって洗いますか??
洗剤をたっぷりつけて、スポンジでゴッシゴッシ洗いますよね?

その際に使うのは?水?お湯?
もちろんお湯ですよね。

たっぷりの洗剤でゴッシゴシ洗って、熱めのお湯で流す。
きれいに油汚れが落ちることでしょう。

・・・あなた、それと同じことをご自分の顔になさるおつもりですか・・?
今、寒気がしたあなたはもうどう改善すればよいのかおわかりなのではないでしょうか(笑)

角層から油、もとい、脂を必要以上に奪ってあげないでください。
脂を落としすぎると、ガサガサしてくることが容易に想像できてしまいますよね。

ですが表面のホコリや菌などのアレルゲンは取り除きたいですので、泡で優しく撫でるように洗ってあげてください。
ここまでが第一段階。

第二段階は、洗顔後の保湿方法についてです。
一番大切なこと。それはスピードです。

お風呂場を出て、もしくは洗顔後、どんなに遅くても3分以内には保湿を開始してください!

そうすることにより、お風呂や洗顔によって開いた毛穴から水分が蒸発するよりも先に、角層に潤いを閉じ込めることができるのです!

化粧水を使う方、たくさんいらっしゃるでしょう。
乳液を使う方、美容液を使う方、保湿クリームを使う方。
みなさん、それぞれだと思います。

正直、何を使うかは好みもありますし、予算もあるでしょうから、ご自身の使いやすいものをチョイスすることが大事です。
ただ、化粧水オンリーというのだけは避けてください。

お風呂などで温まった体から 余計に水分が蒸発して乾燥が進み、敏感肌に逆戻りしかねません。
化粧水をお使いになる方は、そのあとで必ず乳液や保湿クリームなどでお肌にフタをしてくださいね。

保湿クリーム、敏感肌でもドラッグストアで買える?保湿のための化粧品はどこで買うべき?

なにも、デパートで高級コスメを買わなくても大丈夫。
お近くのドラッグストアに行ってみてください。

たっくさんお手頃価格の商品が並んでいますよ。

できれば顔だけでなく、全身の保湿を心がけたいので、ケチケチせずにたっぷり惜しみなく使えるものをお選びいただければと思います。

ちなみに私のおすすめは、断然クリームです。
これを言うと化粧品売り場のお姉さんに驚かれますが、実は私、化粧水は使いません。

お風呂場を出て、3分以内に保湿クリームを塗り込みます。
たったそれだけ。

それだけのことで、自称敏感肌だった私は、今のツルピカお肌を手に入れました。
肌がきれいだと、10歳ぐらい年下の人と並んでいても怖くないですね!

あまりお手入れをしていない10歳年下となら、大差ないです。
むしろ、私の方がきれいかも(笑)

あなたも是非、今日から正しい洗顔と、正しいお手入れを実践して、10歳年下にも負けないツルピカを手に入れてください!

保湿クリーム、敏感肌でもドラッグストアで手軽に買える??【まとめ】

薄い薄い角層のケアを正しくしてあげることによって、あなたのお肌は見違えるようになることがおわかりいただけたでしょうか。

そうなるように今日から、「ぬるま湯洗顔」と「泡で優しく洗う」ことと「3分以内保湿」をぜひ実践してみてくださいね。

それでも改善されてこない場合は、他の原因が考えられますので、皮膚科で相談することも大切です。
あなたがこれからみんなに羨ましがられるツルピカを手に入れられることを願っています。

頑張ってケアしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください