化粧下地の使用期限を守らないとヤバイの?未開封と開封後との違いも解説!

あなたは化粧下地の使用期限を気にしたことありますか?

化粧下地に限らず、お肌に直接塗るとなると、使用期限には気を付けたいですよね。

私の周りでは、化粧品の使用期限があることを知らず、去年使っていたリップや、3~5年は当たり前に使っているという友達が多く、実際、なんのトラブルもないよと言っていますが大間違いです!

使用期限が過ぎた化粧下地を使うと、荒れや吹き出物といったトラブルの元となります。
使用期限を守らないと、せっかく綺麗にしているお肌が悪くなってしまいます。

そこで、化粧をする上で一番お肌との密着がある化粧下地の使用期限についてご説明します。

化粧下地の開封後の使用期限は半年

化粧下地の開封後の使用期限は、半年が目安ですが、保管方法にも注意が必要です。

未開封の場合は、製造から3年が使用期限になっています。

薬機法という法律上、未開封で3年以上の品質が保てる化粧品は期限を記載しなくていいという風になっているそうです。

使用期限が気になる場合はメーカーに問い合わせると確実でしょう。

3~5年、同じ化粧品を使っていても特に肌に異変がないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。実際に、私の友達や母がそうでした…

彼女たちはさまざまな肌トラブルを抱えていましたが、自分が使っている使用期限の過ぎた化粧下地が原因とは思っていなかったんですね。

健康なお肌でいるために、使用期限は守りましょう。

化粧下地の開封後と未開封の保管方法

化粧品には使用期限があるという話をしましたが、使用期限はあっても化粧品を保管方法する環境が悪ければ意味がありません。

保管方法として以下がポイントになります。

●高温多湿を避ける
●化粧品を直接、口や肌、手などの皮膚につけない
●菌の繁殖を防ぐため、こまめに手入れをして清潔にしておく
●一度出した下地は戻さない

使用期限までに使いきれないというかたが多いですが、実は私もそのうちの一人です。

「まだ残っているのに」「プレゼントで貰った」「高かった」など様々な理由があり、捨ててしまうのは勿体ないと思うかもしれません。

しかし、消費期限が思いっきりすぎた食べ物を、プレゼントで貰ったからといって食べたりはしないですよね。

「今まで、私のお肌に貢献してくれてありがとう。私のお肌を悪くしないために」と割り切って、使用期限を過ぎた化粧品は捨てましょう

また、雑菌が繁殖しないためにも、清潔なブラシやスポンジを使って使用することをおすすめします。

あまり使っていない化粧下地を使う前に

使用期限内に使うことはとても大事ですが、ひとそれぞれ化粧をする頻度や一度に使う量は違いますので、なかなか難しいものです。

化粧下地も種類が豊富ですので、数本を使い分ける方もいらっしゃるでしょう。

私も以前は何本もの化粧下地を気分で使っていたので、ポーチの中で眠ってしまう子はやはりいました。

近年では、数えきれない程の化粧下地が売られているので、同じ悩みを持った方は私のように多いはず…

眠っていた化粧下地などの、ご無沙汰している化粧下地は使う前に、以下の2点をチェックしてください

●いつもと臭いが違い、悪臭がする
●化粧下地が分離してしまっている

という、既に腐敗してしまっているものもあるので、しばらく使っていない化粧品は使う前に確認しましょう。

やはり、使用期限は必ず守った方がいいので、使用期限内に使い切るか、使えきれなければ捨てるかのどちらかが望ましいです。

私は、化粧をする頻度が少ないので、多機能な役割を果たしてくれる1本のみで使うようにしています。

使用期限内に使い切るためには、こまめに化粧直しをして、使用頻度を増やすのも一つの手です。

化粧下地の使用期限を守らないとヤバイの?【まとめ】

いかがでしたか?化粧品には使用期限があり、開封すると劣化が始まってしまうので保管方法や使い方も丁寧に扱うことが大切です。

●開封後は半年が使用期限
●未開封で製造から3年
●いつもと違うなと感じた場合は使用を止める

この3つを守って、正しい化粧品の扱い方をしましょう。

化粧をすることで自信が出てきますよね。化粧下地を塗ると、ファンデーションのノリも良くなりますし、私も化粧下地なしではメイクはできないぐらいです!

この記事を参考に、今使っている化粧品をいつから開封して使っているのかを、一度確認してみてくださいね。